漫画, 資金調達

金欠でも願望の漫画を制作する方法!

スポンサードリンク

自分のアイデアで漫画制作したいと思ったことはありますか?

  • 自分が考えた原作の漫画化
  • 自分の100%好みのエロ漫画
  • 結婚に際して自分とお嫁さんのラブストーリー
  • 自分大好きな自己満漫画
  • 有名な事件の漫画化

など、自分のアイデア、妄想、願望を漫画化したい人ってたくさんいるのではないだろうか。

この記事ではその願望を叶える方法を考えてみた

目次

  1. 資金不足でも漫画の制作を諦めるな!
  2. 電子書籍化して収益を上げる!
  3. まとめ

資金不足でも漫画の制作を諦めるな!

バカ言うな!
ココナラとかみても、結構漫画を制作してもらうのって高いよね。

うちでも、ココナラでモノクロ6,000円(リアルタッチ)、カラー8,000円(リアルタッチ)で出している
仮に20P描くとなると、120,000円

これって個人で出す金額としてはかなり高額だから、なかなか依頼はない
過去に一回だけ個人からの依頼で出版社並にギャラをくれる人がいて描いたことあるけど、それ一回だけだなぁ。

超有名漫画家だと恐ろしい金額になってしまう

とても頼めない

でも、まだ諦めないで、もう少し読んでみて。

漫画家(漫画描き)探し!

この時点ではお金のことは考えないで、自分の好きな絵を描く漫画家(漫画描き)を探す

PIXVで漫画家を探す!

PIXVで漫画家を探す
PIXVって、メッチャ上手い人多いんだけど、個人的なイメージはイラストレーターが多いのかなって印象

イラストレーターって、漫画になるとアレ?って感じになることが多い気がする

昔、うちで背景お願いしてたイラストレーターが漫画描いてみたいって言ってたから、漫画の編集プロダクションを紹介したら仕事もらえて、同じ本に載ったことがあったけど、アレ…なんか…微妙だ…
って思ったことがあった

イラストって1枚絵に精魂を込めるから、漫画みたいに何コマも描くって言う作業が途方もない作業に感じてしまうのだと思う
あと、ストーリー的に考えられないのではないだろうか。
分からないけど。

クラウドソーシングで探す!

ココナラ
Coconala(ココナラ)とかLancers(ランサーズ)、CROWD WORKS(クラウドワークス)で探す

これらのサイトは漫画家(漫画描き)、イラストレーターがたくさん眠ってると思う。

超有名漫画家から選ぶ!

バガボンドの井上雄彦
超有名漫画家から好きな作家を選ぶという手もある

世間の一般の人がイメージする漫画家ってやっぱり、ジャンプ、マガジン、サンデーとか一流誌で描いてる漫画家さんだと思う。

この中から自分の好きな絵を描く漫画家を選択肢の中に入れてみる

好きな漫画家はイメージできましたか?

そろそろ本題に突入するよ

願望を叶えるのがクラウドファンディング!

このクラウドファンディングを使って、資金を調達すればいいんだ!!

クラウドファンディングとは

クラウドファンディング(crowd funding)とは、インターネットサービスを通じ、クリエイターが企画したプロジェクトに対して、不特定多数のユーザー(群集:crowd)から資金(資金:funding)を募ることで、プロジェクトを実行し、支援者は金額に応じたリターンを得られる仕組みで近年日本でもポピュラーな資金調達手段として注目されています。

クラウドファンディングサイト・FUNDIY

クラウドファンディングのFUNDIY

FUNDIYとは

これまで56のプロジェクトに対して、総額92,813,341円(2017年6月現在)の資金を調達しました

このサイトを知ったのは、あるとき前から好きだった漫画家の叶精作の検索をしているとき、彼のfacebookを見つけたから。

facebookのタイムラインでイラスト集を出したっていっててよく見てみると、クラウドファンディングを使って資金を調達したことを知ってFUNDIYを知ることになった

FUNDIYに登録する

クラウドファンディングサイト・A-port

クラウドファンディングサイト_a_port

A-portとは

A-portは、朝日新聞社が運営するクラウドファンディングサイトです。
誰もが等しく挑戦でき、「クラウドファンディングで支援する」というお金の使い方が日本に定着することを目指しています。

A-portに登録する

FUNDIYの叶精作の資金調達成立!

叶精作のダミー人形オスカー
このイラスト集を出すために必要な資金は1.500,000円

制作予算
  • 製本費用(A4判、フルカラーオフセット印刷、カラーソフトカバー、約180ページ)
  • 製本用デジタルデータ調整費用
  • その他お返し制作費用、配送費
  • ファンディー手数料

というもの。
支援者のメリット
支援してくれた人たちへの金額によって特典がグレードアップしていく。

  • 1,000円
  • 自薦フルカラー画集 デジタル版

  • 7,000円
  • 自選フルカラー画集 サイン入り装丁本
    自選フルカラー画集 デジタル版(PDFファイル)

  • 14,000円
  • 直筆モノクロミニサイン色紙
    自選フルカラー画集 サイン入り装丁本
    自選フルカラー画集 デジタル版(PDFファイル)

  • 50,000円【限定10様】
  • 直筆カラーサイン色紙
    自選フルカラー画集 サイン入り装丁本
    自選フルカラー画集 デジタル版(PDFファイル)

  • 100,000円【限定5様】
  • [F6判] 直筆描き下ろしモノクロ原画(下書き+サイン入り線画完成品)
    ※F6判…318x410mm
    自選フルカラー画集 サイン入り装丁本
    自選フルカラー画集 デジタル版(PDFファイル)

  • 150,000円【限定2様】
  • [F6判] 直筆描き下ろしモノクロ原画(下書き+サイン入り線画完成品)
    ※F6判…318x410mm
    上記原画デジタル彩色 美術版画プリント(サイン入り)
    原画デジタル彩色データファイル
    自選フルカラー画集 サイン入り装丁本
    自選フルカラー画集 デジタル版(PDFファイル)

  • 200,000円【限定2様】
  • [F6判] 直筆描き下ろしアナログ彩色原画(下書き+サイン入り額装完成品)
    ※F6判…318x410mm
    自選フルカラー画集 サイン入り装丁本
    自選フルカラー画集 デジタル版(PDFファイル)

というもの。

このFUNDIYにプロジェクトとして出品してみるっていう方法。

まだ、ざっとしか見てないんだけど、叶精作ほど有名じゃなくても成立してるプロジェクトもチラホラあったりする

だから企画の持っていき方と、宣伝力なのかなって思う。

それと、
FUNDIYは全力でサポートします
想いを相談してみる
って書いてあるから、相談に乗ってもらうといいかもしれない。

やったことないから分からないけど、2つ重要と思うことがある。

  • 人間が相手だから結局熱意を伝えることがとても大事
  • 企画立案者は自分で最低限の出費をした方が熱意が伝わる

これが、企画を成立させるために最低限必要ではないだろうか。

超一流漫画家が断わるかもしれない理由
  • 金があるから別にやる必要がない
  • プロジェクト不成立だったら恥ずかしい
  • 時間がない

といったところかなぁ。

でも、お金ってみんな好きだから、ものすごいお金もらえるならやってくれるかもしれない
だから、思い切って法外な制作予算を出してもらってもいいのではないでしょうか。

電子書籍化して収益を上げる!

Paperwhite_マンガモデル
DMM、DLsite、Amazonとかで電子書籍化して販売して収益を上げる
一つひとつは微々たる収益でも繰り返していけば結構まとまった収益になるのではないだろうか。

漫画家(漫画描き)、企画立案者(原作者)で折半という感じで話し合う

この折半のときは揉めると後味が悪いから先に決めといた方がいいでしょう

折半について

漫画描きとしては、漫画を描くのってホントに大変だから6:4とか7:3でもいいと思っている

でも、人間関係にもよる

企画立案者からそういってもらえれば、こっちの苦労もわかってくれてるんだなって思えるから5:5でもいいけど。

オレが企画しなかったら、この企画自体なかったんだから5:5が当たり前だろ!”的なヤツだと、企画自体をやりたくなくなる

最後にこのFUNDIYを使って本に出来たものを使って自分たちの儲けにしていいのかっていうのが気になるから、メールで問い合わせ中

まとめ

  • 企画を思いついた!
  • 漫画家を探して見積もりを出してもらう
  • FUNDIYでプロジェクトを出品してみよう
  • 完成品を電子書籍化して販売して収益にする

どうですか。
この方法。

リアルに出版社に属さずに漫画、イラスト、絵で食っていく!っていうこのサイトのテーマにピッタリなアイデア!!





スポンサードリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です