マインド, 漫画家

漫画家になるには

スポンサードリンク

また、今日の記事何を描こうかなって考えてネタ探ししてました。

そうしたら、漫画家 なるにはっていうキーワードを見つけたので今日はこの漫画家になるにはというテーマで記事を書きます。

それでも漫画家になりたい?

個人的に思う漫画家に必要なものがあります。

それは
手の早さ決断力
責任感とか言う人もいるけど、そんなの仕事になればイヤでも出てくると思います。

手の早さ

手の早さが必要
漫画家って、ホントに最初はっていうか売れないと原稿料って出ないですから遅筆だと生活ができないんですよ。

手が早ければ、原稿料が安くても数をこなせば食べては行けます
きっと。

手が早くなるコツとかはあるんだけど、これはもうもって生まれたものの気がするから後天的な努力で劇的に改善できるとは思えない
せっかちだったり、すべてに効率を求めるような人が手が早いのかなって思います。

決断力

決断力
これもスピードの話になりますが、数をこなすともう熟考する時間も取れないくらいになると、どうしてもこれで行こう!って言う時があるので、そうなると決断力が必要になってきます。

どうしても、どうしてもアイデアが出ないときは強制的にアイデアを生み出す方法も友達から教えてもらった本から学びました。
今度、その本を紹介しますね。

漫画家になるには年齢と絵

年配は漫画家にはなれない?
まず漫画家 なるにはって検索して色んなサイトの記事をサラサラと読んでいるとやっぱり年齢、画風について触れられてることが多い。

年齢については、もう色んなところで書いてるから書きませんが、あまり関係ない気がしています。

教えて!gooで面白いコメントを読みました。

point

質問
「小説家は年配でもなれるけど、漫画家は30過ぎてもなれなかったらあきらめたほうがいい」と言う人がいたんですが、これはどうしてなのか教えてください。
お願いします。

という質問に対して色んな人が意見を言っているのですが、面白いと思ったコメントを少し抜粋してみます。

はいはい、7年前にプロデビューした45歳でございます。
——————————————
実は今は若い人の興味が漫画よりゲームに移り、雑誌の読者層(市場)は20~30代に遷移しつつあります。
技能さえあれば、無理に若者の嗜好に尻尾を振るより、「2007年の現代社会に生きる30代」の視点でアタックすればチャンスはあるかもしれませんよ。

出典:年配が漫画家になれない理由

そう。
今って漫画がホントに読まれてないみたい。
テレビで今の子は漫画の読み方がわからないって言う話を聞いたから姉の子供に聞いてみたら
”うん。しおんも最初わからなかった”
って言ってました。

そんな時代なんだって思った。

各漫画雑誌のターゲット層ってみんなが思うより上の層みたいなことは前に聞きました。

だから年齢は時代にマッチすれば、そんなに関係ないのかなって思う。
次は絵(画風)について

漫画家に絵の上手さは必要か?

ヘタウマ漫画
漫画は絵じゃないと思っています。
絵の上手さなんか、まったく関係がない

話が面白ければ物語に引き込まれるから、下手な絵は個性になります!!
だから絵が下手だからって、全然気にすることはないです。

それに描いてればイヤでも上手くなるし。

画風についてはちょっと、難しいかなって思っています。

画風は古くなるから。

これはある程度仕方ない。

年齢によって影響を受けた絵が違うんだから、その人が漫画を読んでた時代に影響を受けた絵を描く。
時代が流れて、その絵は古くなる。

画風を変えられる人は変えればいくらでも絵的には時代に受け入れられる

先日描いた絵が古くない人の話(アシスタントをしている-2)
漫画家の末路…

逆に画風を変えられない人は、どうしようもないからもう自分の持ってる画風で勝負するしかないでしょう。

って考えてたら、爆発的に売れることは難しいけど小金を稼げる方法を思いついた。
ココナラで似顔絵を出品する!

ラオウ
似顔絵って見てても、可愛らしいものとかちょっとリアルなものが多いから、北斗の拳みたいな上手い劇画に限りますが…
ウケそうじゃないですか?

あんまりいないし。

自分が劇画が描ければすぐにでも出品したいけど…ちょっと難しい

そういえば、昔付き合ってた人が友達にボクの絵を見せたら、劇画じゃないねって言われたよって言ってて。
だったら、ニュー劇画の旗手になる!
って思ってたな。

今でもそう思ってるけど。

ここまで画風の話してたら前から疑問に思ってたこと思い出した。

北斗の拳の画風って古いなって思うのに、ジョジョの画風は同じような描き込み系なのに全然古さを感じないのは何故だろう…?

これの答えとか、こういうことじゃないのかっていうのを誰かに教えて欲しい。

なぜだろう…謎だ…

専門学校は行くべきか

漫画の専門学校は必要か?
これについては、何人か専門学校出身者と接したことあるけど、まったく意味がないと思う。
話を聞くと、絵の描き方は学べるっていってた。

漫画は絵じゃないんだから、話に重点を置くべき

専門学校にいくお金があるんだったら、安くてもいいからアシスタントをやるべきだと思います。
早く1本漫画を仕上げて持込して、アシスタントしたいって伝えれば多分そんなに下手ではなければアシスタント先を紹介してもらえると思う。

そうすれば、現場の空気を学べます。
仕事のスピード感とか、漫画の技術とか小技とか。
きっと学べることは色々あるはず。

漫画家になれる人なれない人の差

漫画家になれる人なれない人の差とは
漫画家になれる人となれない人の差をひとつあげられます。
それは、才能とかそういうものではなくて漫画1本でも仕上げられるかどうか

なにそれって思うかも知れないですが、漫画家になりたいって言ってる人でも漫画を描いたことない(描けない)人って、ものスゴく多いんです!!

大げさに数値化してみる。

漫画家になりたい人が10,000人いるとします。

その中で漫画を一本でも仕上げられる人は、多分500人位
ここで、第一の篩いにかけられる。

この篩いにかけられて残った500人から、賞を取るという第二の篩いにかけられる。
そこに残るのが200人位

その200人の中からデビューできる人が50人位なイメージです。

それだけ、漫画家になりたいけど漫画を仕上げることができない人って多いんです。

漫画家になりたいのだったらまず1本仕上げてみましょう

漫画家になるために本気で2年頑張る!

平田弘史
漫画家になりたい人に伝えたいことは本気で2年頑張ってみましょう!です。

これは自分の体感と、漫画家さんと話してて思った自分なりのデータ。

中途半端に頑張るのではなくて、本気で2年頑張ってみてください。
それで、二流誌でも三流誌でもなんらかの形でデビューできなければ諦めた方がいいと思います。

中途半端に頑張るんじゃ意味がないので、目指すのなら本気で頑張ってみて。

まとめ

  • 漫画家に必要なものは手の早さと決断力
  • 画風が変えられる人は時代に合わせた方がデビューしやすい
  • 劇画しか描けない人はココナラで似顔絵サービスとかオススメ!(いやマジで)
  • 専門学校いくならアシスタントのが絶対いい!
  • 漫画家になりたいなら漫画を仕上げよう!
  • 本気で2年頑張ってみてダメなら諦める

漫画家になるにはというテーマで思ったことを書いたら、昨日に続いて長文になってしまった…

っていうか、このサイト見る人っているのかなぁ。





スポンサードリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です