Wow!me, Wow!me, クラウドソーシング, 稼ぐ

クラウドワークスの新サービス Wow!me!

スポンサードリンク

自分の持ってる技術をお金に変えられるサービスWow!meって知ってますか?

クラウドワークスは在宅クリエイターのためのサイト。
webを作って欲しい企業が、フリーランスでやってるwebデザイナーに依頼できたりするサイト。
これは、言ってみるとBtoB、BtoC。

でも、このWow!meは、CtoC、CtoB

ここまでで、ボクも含めて皆さんが思うこと、ココナラと酷似している…

ということで、今回は、この2つのサービスの違いと、どっちがこの先どっちが根付くかを考えてみた

Wow!meとココナラの違い

Wow!meは最初から10,000円の価格設定可能!

Wow!meの事前登録なら最初から10,000円の設定可能!
ココナラは、最初は500円からしか設定できないけど、Wow!meは最初から10,000円の設定が出来る!!

ココナラを最近までやらなかったのは、この500円からしか始められないからだった。
これは、きっとプロでやってる人ならどうしても引っかかってしまう500円の壁

一つのイラストで30,000円くれる企業もあったりするから、これが同じクオリティのモノを500円で…
となると、どうしても躊躇してしまうと思う。

でも、ココナラがここまで普及した大きな点はこの500円だと思う。
この500円って、主婦とか手軽に副業したいってなったときに、プロとしての価格は取れないけど…500円なら…
って言うので、趣味感覚で出品できるところがスゴく大きいと思う。

手数料

Wow!meの事前登録で販売手数料が無料!
出品者は、ココナラではポピュラーまでは一律30%の手数料がかかってしまう。
この30%というのは、とてもデカいんです。
ココナラは、最初は5件の売上実績が出るまでは500円
この500円から30%の手数料を引かれると手元に入ってくるのが、378円

エキスパートになると、25%まで行くけど、25%だよ…
デカいよね。
この手数料。

ジャンルは全然違うけど、airbnbって言う民泊マッチングサイトは手数料が1%
でも、これは世界を相手にしてるサービスと、主に国内を相手にしてるパイの大きさの違い。

一方、Wow!meは、販売手数料 無料!!
といっても、サイトには今なら無料(11月10日までの事前登録で)って書いてある
ここがちょっとハッキリしないから、今Wow!meに確認中

ちなみに質問した内容

  • プロフィールの編集は、現時点ではできないのでしょうか?
  • 出品したけど、プロフィール書きなおしたいと思ったけどマイページの行き方がわからなかった

  • 出品者がかかってしまう手数料
  • 出品者は、11月10日までの事前登録すると永久に無料なのか、それとも期限付きなのか

  • 購入者の手数料(購入者はシステム利用料が3%かかる)
  • 商品を購入した中に加算される形なのか?
    購入した中から3%がかかるのか

  • 出品者が商品が売れた中からの相殺はできるのか?
Wow!meから返信が来ました。2016/10/25

  • プロフィールの編集は正式リリース後
  • プロフィールの編集は、正式リリースするまでできない

  • 手数料は正式リリース後しばらくは0円
  • 販売手数料は、事前登録だから0円ではなくて、正式リリース後全ての人が無料
    販売手数料に関しては、出品者の負担になる予定

  • 決済手段はクレジットカードのみ
  • 決済手段はクレジットカードのみということなので、出品者が売れた料金での相殺はできない

事前登録の特典って何もないのか…
なんか特典あってもいいかなとも思うけど、なくてもいいか。
coconalaの出品者が購入するとき、売上から相殺できるシステムはスゴくいいなって思ったけど、Wow!meにはない。

Wow!meは商品紹介ページに動画も載せられる

Wow!meは出品ページに動画掲載可能!
Wow!meは、商品紹介ページに動画も載せられる
サンプル画像も10枚まで載せられる

ココナラは、サンプル画像は3枚まで。

商品を買うとき、短い動画も見れたらサービスについて詳しく知れるしいいと思う

Wow!meは出品時の商品タイトル10文字以上必要

Wow!meは出品タイトル10文字以上!
商品タイトルが10文字以上じゃないと先に進めない
これは、メンドくさがりの自分にはとてもダルい…

でも、アフェリエイトでも、サイトをクリックするかしないかってタイトルがスゴく重要だから、タイトルは凝った方がいいとは思う。

これはどっちがいいのだろう…

出品価格上限

Wow!meは上限995,000円!
ココナラは出品者ランクを見てみるとエキスパートでも上限50,000円
ポピュラーならオプションは3つまで、エキスパートになるとオプションは5つまで可能。

Wow!meは、なんと…995,000円
これはスゴい…
wow!me_で995,000円の漫画を制作します!
ネタとして出品してみた!

オプションの設定が初期段階で複数ある

オプション_納期短縮
Wow!meは、納期の短縮など色々ついている
その他にも、オリジナルのオプションもつけられる

ただ、このオプションを全部自分で設定したとしたら、購入者として出品ページを見たときに、視界に入ってくる情報が多すぎて面倒にならないかなってちょっと気になる
まだ、一般公開する前だから、出品ページがどんな感じなのかわからないけど…
だから、出品するとき、この点も考えてみるといいかもしれない。

Wow!meは修正回数の設定可能

Wow!meは修正回数が設定できる!
プロとしてやったことある人ならこの設定の意味がわかると思う。

出版社が相手だと、クリエイターの苦労もわかってるから、修正とかもそんなにうるさくない
でも、企業が相手だと一概には言えないけど、クリエイターの苦労がわかってないところが多いから、提出したものに対しての修正が永遠と続くこともある
それが、最初の時点で修正回数が設定できるのはとてもありがたい

ちなみに修正回数の設定は10回まで可能。

Wow!meにはない無料お試し枠

ココナラには無料お試し枠がある!
ココナラにはWow!meにはない、無料お試し枠がある

これは、クリエイター視点ではなくて、利用者の視点
自身がないから、最初はお試しでちょっとづつ実績を作ってから価格を上げられるようなイメージかな。

ココナラが一歩リード?

ココナラ
Wow!meは、クラウドワークスを運営してるだけあって、クリエイターの苦労もわかってる感じ。
ココナラは、素人からの視点から作られてる感じ。

Wow!meもココナラも、CtoCをターゲットにしてるということは、素人視点に立ったココナラの方が浸透しそうな気がする。

クリエイターとしては、Wow!meの方が好き
名前もオシャレ。

クリエイターとしての絶対な自身がある人は、Wow!meにもココナラにも登録して、さらにクラウドワークス、Skillotsに登録するのがオススメ

特に、Skillotsは結構依頼も来るから登録してて損はないし、価格もWow!meとかココナラより高めに設定しても、腕によってはそれこそ上限知らずに設定できると思う。
クラウドワークスとかSkillotsは、プロフィールとサンプル画像・動画を充実させた方が依頼は絶対来ると思う!!

まとめ

  • Wow!meはCtoC
  • 最初から10,000円の価格設定が可能
  • 今なら出品者の手数料が無料(詳細は調査中)
  • 修正回数が設定できる
  • オプションが初期設定で豊富
  • クリエイター向けサービスWow!me

個人的にはWow!meのほうが好きだけど、時代はどっちを選ぶのだろう。
わからないけど、とりあえず両方登録しておけば、仕事が入ってくる確率は上がります!!





スポンサードリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です