漫画で20万円を稼ぐための方法を大公開!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

漫画(絵)で20万円稼いだ方法を公開するぞーーー!!

このサイトの名前はEdecooを日本語で書くと絵で食う

ということで20万円稼ぐまでにやってきたことを公開していく。

このやり方をあなた独自のやり方で追求していけば20万円以上稼ぐことも充分可能

漫画で稼ぐ方法は出版社だけではない!

2つの極意
漫画で稼ぐ方法は何も出版社で連載することだけではないのだ。

2016年からはじめたこのEdecoo研究、分析の日々。
苦しかったけど、ようやくサイトの月収益20万まで到達できた。

このサイトのテーマは絵で食うことのほかに、”自分が動かないところで金を産む“ということ

独自ドメインでサイトを開設

今の時代、特に最近聴くようになったんだけどアメブロなど無料ブログは集客するのに不利になってきている。

“自分が動かないところで金を産む”にはクリックだけで報酬が発生するgoogleアドセンスは必須
独自ドメインでサイトを開設するのはなぜか

  • 無料ブログではアドセンスに申請できなくなった
  • 以前は無料ブログでもアドセンスに申請できたのが、最近では独自ドメインじゃないと申請できなくなった

  • ブランド化させるには有利
  • 覚えやすいような短いドメインがいい

  • オリジナリティが出せる
  • 無料ブログだとドメインが決まっているため、オリジナリティが出せないけど、独自ドメインだと自分の好きなドメインにできるためオリジナリティを出せる

独自ドメインとタイトルを合わせない方がいい

SEOのセミナーに参加
以前、SEOのセミナーに参加した。

セミナーの内容は、だいたいがサイトを育ててて体験したことの応え合わせだったから、自分の考えは合ってたと思えた。

勉強になったことが二つある。
サイト名の重要性と記事の文字数は多い方がいいという二つ。

そのセミナーの中では、どうやらサイト名で検索される数が多いとgoogleに評価されやすいのではないかと話をしていた。
また、色々言われているけど、まだ記事の文字数は重要という話。

そのセミナーに参加するまで、このサイトの名前は出版社に属さず食っていく!だった。
これだと長いし覚えにくいということで、色々考えていって現在のEdecooに落ち着いた。

それで、なぜドメインとタイトルを合わせないほうがいいかという話。

もし、ドメインとサイトタイトルを合わせた場合、サイトタイトルに飽きたとなったら一緒にドメインも変えなきゃいけないことなる
そうなると、せっかく育てたドメインパワーが0からの出発になってしまう

このサイトのように私日時計という活動名のドメインにしてサイト名をEdecooといったようにすることをオススメする。

自営業なら自営業のドメインで、新たにサイト名を考えてつけるとか。
そうすれば、もし途中でサイトのテーマを変えるから、サイトの名前も変えないといけないとなってもサイト名だけ変えればドメインパワーは失わなくて良くなる

キーワードを意識した記事作成

現在のSEOは単純でコンテンツを充実させることが上位表示させる秘訣

コンテンツを充実させるとはどういうことか。

月収UP!漫画描きの副業はアフェリエイトで決まり!
漫画描きの皆さん副業をお探しですか? 近年の出版不況は漫画描きにとっては大打撃。 かといって、外で働くのは嫌とか、年齢的に新しい仕事に就くことも難しい。 そうなった場合の最後の手段。 それは、副業でアフェリエイトを始めること...

の記事で書いたように、適当に記事を書くのではなくて、ちゃんとキーワードを調べてそのキーワードから予想される自分なりの答えや解決法を記事にしていく

そうすれば、記事の精読率もあがるため、自サイトの滞在時間も増える
有益なサイトということでgoogleの評価も高まり上位表示される

検索者にとって、知りたい情報が上位表示されていれば探す時間も短くて済むし、前にすぐに欲しい情報が見つけられたから、これからもgoogle使おっととなる
そうなるとgoogleも広告料が入るからみんながハッピーな状態になれる。

アナリティクスを導入

アナリティクス
アナリティクスとはサイトを解析してくれる最強無比のスーパーツールである。

アナリティクスで何ができるか。

どんなキーワードで訪問したか知れる

自分のサイトにどんなキーワードで訪問したか知れる。

このキーワードで来てるなら、このキーワードを重点的に攻めていこう!とか、このキーワードで来てるなら自分の狙うターゲット層じゃないから滞在時間が少なくても問題ないなど、何かしらの対策が取れる。

どの記事から自分のサイトで入ってきたか知れる

アナリティクスのランディングページ
行動⇒サイトコンテンツ⇒ランディングページでみるとこんなページが表示される。

ここで見れるのは、どのページから自分のサイトに訪問したか、その際のセッション時間(滞在時間)、直帰率。
セッション時間はこのページに来て何分くらい滞在したか、どのくらいの人がそのページだけ見て帰ってしまったかが分かる。

滞在時間が短ければ精読率を高めるにはどうすればいいか、記事を修正して精読率が高くなれば訪問者の満足度も高くなって他のページも見てみるかとなって直帰率も減らすことができる

大切なのは滞在時間と直帰率

アナリティクスで気にしなければいけないのは、滞在時間と直帰率

滞在時間は3分、直帰率は70%が自分の中では理想
今目標数値に近づきつつある。

アフェリエイトを取り入れる

グーグルアドセンスの11月の収益発表!
このサイトのテーマは”自分が動かないところで金を産む”こと。
そのためには、アドセンス、アフェリエイトは欠かせない

記事に書きたいことに合った商品があったら、さりげなくそれらのアフェリエイトリンクを仕込んでいく
自サイトにリンクを貼る
ネットを調べると被リンク(自分のサイトにリンクを貼られること)はもう重要ではないみたいな記事を良く見かける。

でも、被リンクは今でも重要

googleがロボットである以上、他人から評価されてる指標って記事を読んだ人がシェアしたいって気持ちの表れが被リンクだから、これ以上ロボットに価値を伝えられる方法はないと思う。

ということで、facebookページ、pixv、ココナラなどから自サイトのリンクを貼る

SEO対策をしっかり

コンテンツの充実が最強のSEO対策!
SEOというのはgoogleで上位表示させる技術のこと。

そのSEOには、外部SEOと内部SEOがある。

外部SEOとは

外部SEOは、自分のサイトへの被リンク。
その被リンクは人為的に集めることができるために、あまり不自然に多いとgoogleからペナルティを受けてしまう
ペナルティを受けるとどうなるか、上位表示されていたとしても圏外に飛ばされてしまう

いかに自然な被リンクを集めるか
それは繰り返し言っているように訪問者の役に立つこと、有意義な情報を提供すること

結局は訪問者の悩みを解決したり、訪問者の知りたい情報を提供したり、訪問者の役に立つことをすることこそ最強の外部SEOである。

内部SEOとは

内部SEOは、自分のサイト内で対策できるSEO。

上手くいえないけど、訪問者に分かりやすくすること。

記事の中に、以前に書いた内容に見合うものがあれば記事内にリンクを貼ってサイト内を歩き回りやすくする

どんな効果があるか

  • サイトの回遊率が上がる
  • 1ページで帰るのではなく、2ページ、3ページと見てくれるのでサイトの滞在時間が増える

  • googleのロボットもリンクをたどりやすい
  • ロボットもリンクをたどって色んなページを見てくれるのでインデックス(googleに認識されること)されやすい

クラウドソーシングサイトで実績を作る

ココナラ
独自ドメインサイトは開設したばかりというのは、生まれたての赤ちゃんのようなもの
誰も自分のサイトを知らない状態。

ということは、いきなり自分のサイトに漫画を制作します!という記事を書いても誰にもその声は届かない

一方クラウドソーシングサイトは、やり方次第ではすぐにサービスを売ることができる

サイトが育ってくるまでの日銭をクラウドソーシングサイトで稼いでいく。

たいていのクラウドソーシングサイトでは、新着!となってある一定期間上位表示してくれる

はじめが肝心!

最初の新着!と表示されている期間に一件でも多くサービスを購入させることを目指す

そのためにはクリックしたくなるようなタイトル、クリックしたくなるような制作物のサンプル、購入のハードルを下げる格安な販売価格
この三つが非常に重要。

人間って初めてのことが怖いから、怖さをやわらげてあげるために最初は販売価格を安く設定する。
そして全力で頑張って、いい評価のレビューを勝ち取る

のレビューが次の購入者に繋がる

価格は実績を積むごとに上げていけばいいので、はじめや格安価格にすると売れやすい。

新着期間内に購入されないと苦しくなる

この新着の上位表示期間内にサービスが売れないとかなり厳しくなってくる

この期間を逃すと、クラウドソーシングサイトの上級者と同じ土俵で闘わなくてはいけない
こうなると、最下層の方にしか表示されないから誰にも自分の存在を知ってもらえなくなってしまう

そんなとき、役立つのが独自ドメインで作った自分のサイト

自サイトからクラウドソーシングサイトに誘導する

漫画 制作で集客して、このサイトでは5,000円だけどココナラなら3,000円!!といった感じで自分のサービスに誘導して販売していく

でも、これも、漫画 制作で集客できてこそ生きてくる方法

サイト開設当時の集客力のないときが一番つらい…
でも、ここは明るい明日のためにひたすら自分を信じて頑張るしかない

とはいえキーワード次第では、google上で1ページ目に上位表示させることもできる

↓↓↓こんな感じで。
ココナラはキーワードで攻めろ!
パラパラ漫画 安いの検索結果で1ページ目にEdecooの記事、自分のココナラで出品しているサービス、ランサーズで出品しているサービスが表示されている。

ココナラで稼げない場合の対策をまとめた記事は↓↓↓

ココナラで稼げない人がやるべき3つの対策!
ココナラで稼げてますか? もしココナラで稼げないなら、稼ぐためにやるべき対策を3つ伝授することがある。 ココナラ…ダメだ… って諦める前に閲覧数を増やすことをまず第一に考えてみることをオススメする。 ココナラで稼げない人は3...

オススメはココナラ・ランサーズ!

個人的なオススメはココナラとランサーズ

ココナラは一番活発だからサービスが売れやすい

ランサーズは、自分のサービスがどの位の人に見られたかが確認できるので、あれこれ実験して、どうすれば上位表示されるかの対策が立てやすい

ココナラは試験販売の場として利用する!

ココナラはクラウドソーシングサイトの中では一番手数料が高い
その代わり、集客力はトップクラス

だから、ここを稼ぎの主戦場にするのではなく、新サービスの精度を高めるための試験的販売の場として利用することをオススメする。

もし失敗してもココナラ上での低評価で済むけど、自分のサイトで失敗したらコメントで残されるかもしれないし痛手がでかい。

新サービスって、自信が持てなかったり、自分のやり方が合っているのか分からないから、試験的販売をして購入者の反応、レビューから少しづつ精度を高めていって商品として完成させてから、自サイトで大々的にサービスを開始していく。

ココナラで出品時の売れるための記入方法!
ココナラで出品するものは決まりましたか? ココナラで出品するときのサービス内容って何書けばいいか分からないことないですか? 記入例として自分のやり方を公開するので参考にどうぞ。 最近、ちょっと思ったんだけど、売りたいとき、...

半年ごとに自分のサイトを分析する

分析する
半年後とにサイト上でやってる記事の作り方とか、サイトの進んでいる方向性などを分析して間違ってるなとなった場合正しい方向に修正していく

具体的に分析は何をやるかというと、アナリティクスの集客⇒オーガニック検索で、自分のサイトがどんなキーワードで検索されているのかを見て、適した対処を施していく

検索されているキーワードを見ていくと、自分が集客したいターゲット層と、その時点で集客している層の違いが見えてくる
その場合の滞在時間や直帰率はそんなに気にしなくてもいい

先ほど書いたランディングページにも目を通して、滞在時間、直帰率が理想と離れている場合、記事を分析して修正することで滞在時間も長くなり、直帰率も下げることができる

そうやって地道にコツコツとサイトを育てていくとやがて自分のサイトから収益を上げることができるようになる

営業活動をする

営業して新規開拓!
自分の得意なこと、ココナラの試験販売で完成させたサービスを武器に一個一個企業に営業メールを送っていく

注意!
私の場合失敗したな…と思ったことがある

営業したい業界の相場を知らないで営業してしまうと、それを覆すことが大変

相場より高い場合依頼は来ない
最悪なのは、相場より安い場合、ずっとその安い単価でやっていかないといけなくなる

だから、得意なこと、やりたいことはせめて相場を調べて自信があれば相場より高く、自信がなければ少し安い価格で営業すると後で後悔することも少なくできる

さらに漫画で稼ぐためにやっていくこと

大金を稼ぐ!
このサイトのテーマである”自分が動かないところで金を産む”ためにはブランディングすること、アフェリエイト報酬を増やすことが重要課題となってくる。

現時点でのブランディングできていない状態では1人で稼ぎ出す限界は30万円が上限だと思っている。
これ以上の作業は自分の時間を全て使うことになるので、新しいことへの時間もないし、ただただその日暮らし的に稼いでいくだけで終わりがない

この先は一緒に作業をしてくれる仲間を見つけて、Armed ink、Edecooでこなせる制作量を増やして収益を上げていかなければいけない

Armed Inkでは仲間を募集している!!詳細は↓↓↓

漫画家を大募集(3名)!!
漫画家の皆さんこの出版不況をどう乗り越えていくの? スマホ、ネットの台頭によって、昔の暇つぶしの候補だった漫画はいまやその他大勢と化してしまった。 そして、どんどん職を失っていく漫画家たち。 全く仕事がなくなってもお金にこまら...

アフェリエイト報酬を増やすために

アドセンス、アフェリエイト報酬を増やすには、これまで以上に記事を書きまくって集客してPVを増やしていく。

過去記事を修正して記事の精読率を上げる。

ブランディングして価値を高める

自分以外にはできないサービスを考えて誰よりも先にはじめる
他との差別化を追及していく

先日こんなことがあった

依頼が来た時点で納期までの時間がなかった。

こっちはできる限り早く進めようと頑張っていたけど返信が遅くて、他の案件にも響いてくるということで断りのメールを入れた
納期が短いことは最初から伝えていたので、他の案件にも響いてくるから残念ですがいただいたお金は全額返金するのでキャンセルさせてください、この後は、こうこうこうすると問題なく制作できると

週が空けて電話が来て、金額を倍にするから制作してほしいというので数秒考えてから引き受けることにした

要は、クライアントはどうしてもその人に制作してもらいたいとなれば金を出すということ。

新サイトの立ち上げ

新しく立ち上げる!
3月から制作している過去にdlsiteで販売したNightmare of a uterusの続編
忙しすぎて、まだ着色が9Pまでしか終わっていない(全24Pフルカラー)。

これの完成に合わせてサイトを作ろうと思ってたんだけど、今、どうしても制作にまとまった時間を避けないからもうサイトを作ってしまおうと画策している。
まだ表に出てないエロ漫画が1本あるのでそれを主軸に。

このサイトの目的

  • オリジナルエロ漫画の販売促進
  • DLsiteのアフェリエイト報酬

サイトに自分の漫画へのアフェリエイトリンクを仕込む
SEOでオリジナルエロ漫画の集客をしてそのリンクから購入を促す

こうすることで、漫画の売り上げ+アフェリエイト報酬も得られる

もう一つ新しく立ち上げようと思っているサイトがある

このライバルサイトを調べてみると、SEOとか全く施していない。
当たり前、稼ぐことが目的のサイトではないから。

だから、私がガッチガチのSEO対策を施したサイトで攻めれば、このサイトからシェアを奪えると思った。
詳細はまだ秘密

まとめ

漫画(絵)で20万円を稼ぐために私がやったこと

  • 独自ドメインでサイトを開設
  • アナリティクスの導入
  • キーワードを意識した記事の作成
  • SEO対策をしっかりやる
  • アフェリエイトを取り入れる
  • クラウドソーシングサイトの実績を作る
  • 半年後とにサイトの分析をして軌道修正
  • 動かないところで金を産むシステムを追求する

これらを考えながらちゃんとやっていけば、絵(漫画)で食うことが可能になる。

まさに絵で食う!!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
稼ぐ!
Edecooをフォローする

コメント