謎の天才 漫画編集者!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

今日は謎の天才漫画編集者の話をします。

数年前、K.Iと言う年配の漫画家さんとyahooの掲示板で知り合った
その人は、また漫画家として頑張ろうといっている。

あるとき、その人から聞いた天才編集者がいるという話。

天才 漫画編集者に迫る!

証言-1

証言-1
冒頭で話したK.Iという年配漫画家。

この人と話してたら、前から温めてるネタがある。
〇〇みすず(←これ名前いってたけどどうしても思い出せません…)

これを昔担当だった人に見せてきた。
という話。

その漫画編集者の話
“これだと雲をつかむような話だからもっとちゃんとまとめてからにしないと誰にも相手にされない”
というような感じのことを言われたらしい。

そして、”これはちゃんと今の編集長のところに持っていったほうがいい。昔の編集長が口を出すのもおかしな話だから
みたいな。

ん?昔の編集長?と思って聞いてみると。
この人は天才編集者って呼ばれていて、モーニングを創刊した人だ。
と話していた。

思えば、このK.Iさんの影響でモーニングが憧れの雑誌になったんだと思う。

証言-2

証言-2
漫画家の末路…で話した主婦になった人。
今でも漫画を描いているか不明。

漫画家の末路について自分なりの考えをまとめてみました
漫画家の末路…

この人が前に講談社に天才編集者がいて、その人に漫画を見てもらったら泣いた
といっていた。

この人の話だと、この天才編集者に漫画を見せた人はみんな伸びるといっていた。

そして、この人が漫画家志望の漫画を読んでいっていた意見を聞いてみると、
”私はその天才編集者さんが言ってたことをいってるだけ”
っていっていた。

天才編集者…

証言-3

証言-3
うちに原稿を手伝ってくれた人。

この人は言うことがデカいというか、うそなのかホントなのかいまいちわからなかった人。

  • オレがアドバイスした漫画家は売れる
  • 桂正和に月4回で14万だか20万だか(忘れました)ふっかけた
  • 桂さん自信はOKだったけど、奥さんNGが出てダメだった

  • 福本伸行もオレがアドバイスしてやったら売れた
  • ジャンプでデビューするにはジャンプ脳にする必要がある

などなど。
なんかホントにわからない人だったけど、ひとつ心に残ってる名言があります。
その話はまた後日。

この人が、モーニングを創刊した天才編集者がいて~
といっていた。
この人の、天才編集者の話は忘れました…
なんだっけな…

天才 漫画編集者の名言

天才編集者の名言
K.Iさんの話によると、当時はもうフェーマススクールズのトップになってるといっていた。

そういえば、フェーマススクールズやってて、何回か会った人いたなぁ
あの人絵のアドバイスしてくれたけど、あの人がまさか…

その人の名前を突き止めてネットで調べてみると。

週刊少年マガジンの編集者時代。
低迷してた手塚治虫を担当して三つ目がとおるをヒットさせたらしい。

さらに調べると結構名言を言っていましたので一部を紹介します。

  • 漫画には過去に名作なし
  • 出典:夏目房之介の「で?」

  • 読者はアウトサイダーぶったニセモノなんかと付き合いたくない
  • 出典:夏目房之介の「で?」

  • この漫画はまだ描ききってないな
  • 出典:青春少年マガジン1978~1983 (KCデラックス 週刊少年マガジン)
    これについては、前に読んだ漫画の本でこんなようなこといってました。
    これについても後日話します。

  • 本は魂の食い物
  • 出典:太田克史のツイッター

  • 最下位を取り続けろ。最下位を守れなくなったら打ちきりだ
  • 出典:僕の師匠(Part2)
    この最下位を取り続けろというのは、なんとなくわかる。
    昔、アクションに持ち込んだときに、近くで漫画家と編集さんの話が聞こえてきた。
    ”批判でも意見が聞けるというのは、嬉しいことなんです!!
    怖いのは何の反応もない漫画です。”
    みたいなこと話してて、自分と照らし合わせても批判が聞けたんだからそれだけのエネルギーを生み出したを言っていましたんだ。
    って思えました。

  • 安い役者使ってるな
  • 出典:僕の師匠(Part2)

  • これは体温が1度しか上がらないなぁ
  • 出典:2005年5月 – 開運 ひと文字HAPPY!

  • 日本の漫画は2コマからなる。面白い2コマが思い浮かべばそれは何千コマのマンガを生み出す出発点になる
  • 出典:メディア芸術祭贈呈式に岩明均「手作業の喜び忘れず」

  • 漫画は読者にとって自然なテンポで読める。それってすごく開放的で気持ちのいいことだ
  • 出典:日刊「コミック YOM」 2003/02/21号

  • 面白ければ犬が原稿くわえてきても、犬と打ち合わせした
  • 出典:現代のお仕事 様々な大人たち 元漫画家・青木雄二(あおき・ゆうじ)

  • 電話の声が半径100メートルまで聞こえた
  • 出典:ひまあり 1 (モーニングワイドコミックス)

など名言多数。

天才編集者 栗原良幸

三つ目がとおる
ボクもあったことはないし、話だけしか聞いたことないけど、証言を繋げて考えて検索してみるとこの名前に行き当たった。

栗原良幸

数々のヒットを飛ばして、モーニング・アフタヌーンを創刊。
両誌を兼務

ものすごい功績だ…

いい編集者とは

漫画家ってよく担当を選べないっていいます。
持込の電話したときに最初に電話に出た人が担当になる。
ボクも実際そうだった。
投稿だと、その漫画を気に入った人が手を上げるシステムだから自分と同じ方向(面白いと思えるものが似ている)を向いている人に担当になってもらえる。
という。
この点で考えると投稿の方がいい気もします。
この天才 漫画編集者の記事を書いているうちにいい編集の条件を自分なりに考えてみた。

  • いい人そう
  • 漫画描きの話に真摯に向き合ってくれる
  • 常識にとらわれてない

このいい人そうっていうのがポイントだと思う。
いい人だから、漫画描きの意見にももきちんと向き合ってくれるという気がする。

今までいい編集と仕事したことあるのかなぁ?
いい編集と出会いたいな。

コメント