パラパラ漫画の制作で犯した6つの失敗

スポンサードリンク
スポンサードリンク

失敗は成功の元。

10月に制作していたパラパラ漫画動画の案件。

依頼をもらったのが9月末で、クライアントが旅行中で返信遅れから10月スタート。

手探り状態ではじめたパラパラ漫画動画の一番の失敗はクライアントが感動スタジオが正解!だった。

パラパラ漫画動画の制作上の失敗

限界
クライアントの要望

  • 結婚式の二次会で使用
  • 結婚式が11月4日
  • イラスト作画期間は1ヶ月弱
  • 感動スタジオのようなパラパラ漫画動画を制作して欲しい

感動スタジオの動画を観てみる。

ふむふむ。

これを観た結果、こういうのは作りたくない
チャップリンの映画のような感じで作りたい!と思った

要望のヒアリング
↓↓↓
プロットにまとめる
↓↓↓
絵コンテを作成
↓↓↓
イラスト作成
↓↓↓
動画編集
要望を聞いてプロットを描いて絵コンテを作って提出。

“とてもいい感じです!”
ということで、イラストをひたすら描いていくという作業に移る。

パラパラ漫画動画を作ることが初めてだから、1秒間の枚数がわからないけど、パラパラ漫画だからカクカクが信条。
ということで、とりあえず1シーン10カットのイラストを描いていった

イラストを描くだけで精一杯だったからクラウドワークスで動画の編集をしてくれる人を見つけて依頼。

動画は何とか間に合った。

動画のデータを送信後
結婚式には使用できない残念です
というメール。

パラパラ漫画の失敗1

これが正解ではない!
一番大きな失敗原因は、クライアントの正解が感動スタジオの動画ということ

自分としてはこれを観た感じ、感動もしないから、真似は絶対にしたくなかった
ということで、チャップリンの映画風な感じにすることに決めた。

この人の頭の中での完成イメージがこの動画だったから、完成のイメージが違ったために結婚式では使えないって言う判断になったんだと思う

パラパラ漫画の失敗2

淡々としててグダグダ
クライマックスの尺を多めしなかったから、全体が淡々とした流れになってしまった

全体の尺が4分。

1シーンのイラストの枚数を10カット

正直、動画で編集するまでどのくらいの尺になるのかが分からなかった。
でも、シーン数が多いから、きっと4分以上になるだろうなと思っていた。

出来たイラストをどんどん、動画編集担当に渡していって、毎日こんな感じで~というやり取りをしていった。
そして完成したものは6分くらい。

個人的には、自分の通ってきた道を頭に描きながら観るものだから悪くないと思ったけど

パラパラ漫画の失敗3

動画と現実をリンクさせる
動画と現実をリンクさせるという試み

なんか、動画の終わりと、現実世界をリンクさせたら面白いかなと思ったから提案したらいいですねということで、この方向で行くことに決めた。

そのリンクさせる内容は、クライアント(新郎)が新婦に一番伝えたいことを、実際にその場で、新郎が読んで新婦に伝えるというもの。
動画も、同時に映画のエンドロールのように文字をスクロールさせようってことだった。

でも、途中で目が散ると、感動も散るかなって思って、読んでる間は動画を止めて、読み終わったら動画を再開させることに変更。

その後、クライアントから動画の終わりで現実世界に戻る方が流れがスムーズじゃないか?
という方向に決定した。

で、絵コンテも新たに描き直して提出後、動画も提出。

その後で、
結婚式で流せない
一番の問題は、伝えたいメッセージを動画の中に入れてもらっていない
というメールが来た。

いやいやいや、だから絵コンテも提出してるんですけど。
絵コンテ見てて、そこでは何も思わなかったのだろうか?

この動画と現実のリンクはものすごく難易度が高いのかもしれない
ここの動画と現実のリンクは実際に現場で空気を感じてみたい
そうすれば、もっと改善点がくっきりはっきり見えてくる

誰か、この空気を味わわせてくれ!!
格安で絵コンテ動画を制作するか!!

パラパラ漫画の失敗4

選択する
やってみなければわからないのに結婚式では使用しないというクライアントの選択

こういうのって、何の思い入れがない人間が見ても何も感じないように誰がどう思うかなんてやってみなきゃわからない
まして、こういうのってきっと、自分の通ってきた道を頭の中でなぞる、その場の空気だと思う

だからやってみて失敗なら失敗で、数年後、何十年後に笑い話にすればいいだけの話

ここら辺は、クライアントの慎重な性格(性格は知らない)と私のような出たとこ勝負な性格の違いだろうか。

パラパラ漫画の失敗5

天才編集者とは
自分の失敗なんだけど、クライアントに途中の動画を見せなかったこと

クライアントが全部を任せるスタンスだった。
そのために、絵コンテ提出後、イラストを送って絵の雰囲気を伝えて動画完成まで突っ走ってしまったことが原因

途中の段階でもっと、こんな感じで動画作ってるんですけどどうですか?
って送っておけばよかった。

といっても、イラスト制作に取り掛かった時点で1ヶ月ない中での制作だったから、時間的にちょこちょこは難しかったんだよなぁ。
う~ん。

パラパラ漫画の失敗6

アイデアが出ない
絵コンテが思った以上に伝わっていない

このクライアントに限らず、今までちょくちょく感じてたこと。
クリエイター以外の人って絵コンテを描いて提出してもこっちが思ってる以上に思惑が伝わってないんだなと思った

自分は頭の中に絵が描けるから、ネームとか絵コンテ見ればだいたいその後のイメージがわく。
といっても、自分で描いているものだから理解できているのだろうか?
一回、人のラフなネームとか読んでみたい。

このクライアントは営業職だったから、頭の中に絵を描くことが出来なかったから、こっちの意図が伝わらなかったのかな。

ここについての改善点は今の段階では分からないけど、絵コンテで送って電話で説明とかなのかな?

パラパラ漫画の制作から学ぶ改善点

  • クライマックス部分は尺を多めに
  • こまめにチェックしてもらう
  • 動画と現実のリンクは難しい
  • 絵コンテと電話説明をセットで提出

この経験で、少しパラパラ漫画動画が分かったから、あと2回、3回くらい経験つめばいいものに出来る

Armed inkで押して行きたいサービスだから、精度を高めたい
ということで、近々パラパラ漫画動画のサービスをWow!meとココナラで出品して、改善点を塗りつぶして素晴らしい商品にしていくことを決意!!

追記:
2018年11月

パラパラ漫画のサービスが着々と完成に近づいている

来年からArmed inkで正式に商品として発売予定!!

そんなEdecooのパラパラ漫画の制作についての詳細は↓↓↓

映画みたい!パラパラ漫画を制作いたします!
パラパラ漫画の制作会社に依頼すると最低でも159,000円…1分あたりの制作費にしてみると最低でも45,600円必要になります。でも、どうしてもオリジナルのパラパラ漫画を制作してもらいたいっとなった場合1択しかありません。Edecooです!!

コメント

  1. りゅう より:

    はじめまして!
    ブログ拝見させて頂きました。現在、結婚式を6月に控えており、パラパラ漫画をサプライズとして考えている者です。

    ブログ拝見しまして、もしお時間があるのなら‥、是非とも僕のパラパラ漫画も制作していただけないかと思い、メールしました。

    いきなりのお願いになってしまい申し訳ありませんが、お返事いただければ幸いです。

    • 日時計 より:

      はじめまして。

      おぉ…とても嬉しいです!!
      しかも失敗の記事を読んだ上での相談ということで。

      メールさせていただきますので、少々お待ちください。
      いいものにできるように頑張ります!!