Edecoo 上半期 達成できなかった原因と対策

スポンサードリンク
スポンサードリンク

Edecooの2018年上半期はついに月収益20万は達成できなかった…

年内中に月収益30万突破するためになるべく最短で結果を出すにはどうすればいいかを真剣に考えてみた

簡単に言うと動かないところが金を生み出すシステムを作ることを急がなければいけない。

Edecooの未達成の原因と対策

なぜだ!?

時間が足りない

上半期の反省点というか、達成できなかったものは3つある

上位表示できなかった

Edecooのページビュー
googleの検索で上位表示ができなかった…
最新の1ヶ月のページビューは1日大体70くらい。
低い…

もうすぐ二年になろうかというサイトなのに…
屈辱……

月収益20万達成できなかった

瞬間的に184,792円は行ったけど20万には届かなかった…

上半期を平均してみると104,517円
あぁでも10万いったんだ。

月20万までまだまだ、年内目標の月収益30万には程遠い……

新サービスパラパラ漫画が安すぎる

1月から正式に試験販売したパラパラ漫画が好調

それはいいんだけど、商品としての精度と経験のために販売価格を安い割りにかなりの手数という。
今のところ非常にひじょ~うに効率が激悪い…

未達成の原因

  • 時間が取られたため記事の更新ができなかった
  • 記事更新、過去記事修正ができないためキーワードの強化ができなかった
  • クラウドソーシングサイトの手数料に報酬を蝕まれた

簡単にいうと、全ての原因はパラパラ漫画に制作時間をかなり取られていたこと。

良かった点

目標達成!
パラパラ漫画が予想以上に好調だったから、パラパラ漫画 制作だと1P目に表示されるという嬉しい誤算が。

そのため、最近チラホラパラパラ漫画の見積もりの問い合わせが増えてきた。

制作するたびにパラパラ漫画の精度も上がってきていることに加え、改善点も明確になってきている

完成するたびに問い合わせも増えてくるという好循環を生み出している!!

これからどう動けばいいか

これからEdecoo、Armed inkではどう動いていけばいいのか考えてみた。

  • クラウドソーシングサイトは良質クライアントとの出会いの場として利用していく
  • 実績を重ねて販売価格を少しずつ上げていく
  • たくさん売れなくても一回売れたらデカい商品を考えていく
  • パラパラ漫画の販売価格は修正費込みの価格にするべき?

良質クライアントの目にも留まりやすくするために、クラウドソーシングサイトを育てていく
実績を重ねていくたびに価格を上げていって、案件を選べる立場に持っていく

パラパラ漫画がどうしても修正が出てしまう。
でも、依頼主としては最初の提示された金額以上の支払いを渋る。

そこでどうすればいいかなと考えている。
平均○○万円かかっていますと記載するとか。

キャッシュポイントを増やす!

副業で稼ぐ!
実働で収益を上げるのは効率が悪すぎる
だから、動かなくても金が動く方向にいくことが急務の課題

    • サイトのアクセス数をアップさせる!

なるべく、記事の更新、過去記事の修正をしてキーワードの強化に努める

    • baseでセットイラストの品数を増やす

セットイラストの品数を増やしていって、増えてきたらオリジナルの素材サイトを開設。

そこにアドセンスを貼って、月額○円とかにして収益UPを目指す。
Armed inkの素材販売ショップMATERIALSはこちら

    • DLサイトでエロ漫画を販売

本格的に、DLsiteのアダルトコンテンツに力を入れていく。

ずっと前に描いたNightmare of a uterusの第2話を24Pフルカラーで描いている。
あとは着色を残すのみなんだけど、依頼案件に忙殺されていて遅々として進まない……
Nightmare of a uterusの続編製作中!
これが終わったら、新連載のアイデアがある!!
早くこれを描きたいから、Nightmare of a uterusを急いで完成させなければ……!?

    • youtube始めました!

Armed ink channelを開設した

そこで、制作したパラパラ漫画とかモーション漫画とかを公開

さらに、photoshopでの漫画の描き方講座とかも予定してる
ペンの設定方法とか、今のところ設定方法の動画を録画してあとは動画の編集だけなんだけどまだ編集できていない

今後の方針と戦略

Edecooの方針と戦略

Armed ink

収益発生

前半に少しずつ営業活動をしてたことが実を結んできて、Armed inkの依頼も少しづつ増えてきている

    • 思いついたビジネスの準備

最近、何個か新しいビジネスを思いついた

これらの実現にむけて少しづつ準備を始めていく

    • 人材を募集する

自分を入れて4人のチームを作りたい
理想はあとの3人全員絵描きだと助かるんだけど

でも、まだ報酬を山分けできるほどの収益はないから当面は、技術を教えたりとか、ちょっとしたご飯をご馳走するとかしかできないから、そんな感じの募集になる

    • ブランド化する

高くても売れるように常に制作技術の向上と、ブランド化するにはどうすればいいかを考えていく

日時計は劉邦になる!

私はこれから本当に自分のやりたいことに時間を使うために劉邦になる

劉邦とは
日時計は劉邦になる!
劉邦とは、三国時代まで続いた漢を創った人物。その劉邦には、三人の有能な部下がいたから天下が取れた
張良、蕭何、韓信という三人の傑物

張良とは
計略の天才・張良
計略の天才。智謀に優れ、もう一人の智謀の士・陳平とともに劉邦に数々の献策をし、ライバル項羽を打ち倒した。

帷幄の中に謀をめぐらし、千里の外に勝利を決するという点では、朕は張良にかなわない” by 劉邦

蕭何とは
内政の天才・蕭何
内政の天才。常に兵糧の確保ができずに、劉邦を攻めきれずにいた項羽に対し、蕭何は、内政を充実させ、前線の劉邦に兵糧と兵士を送り続け、劉邦は兵糧に困ることがなかった。

内政に充実、民生の安定、軍糧の調達、補給路の確保ということでは、朕は蕭何にかなわない” by 劉邦

韓信とは
軍事の天才・韓信
国士無双といわれ、国に二人といない軍事の天才。孫子の兵法書の真髄を極め、背水の陣など通常では考えられない奇策で、劉邦を勝利に導いた。

百万もの大軍を自在に指揮して勝ちをおさめるという点では、朕は韓信にかなわない” by 劉邦

漢をArmed inkに当てはめてみると

劉邦―日時計

人材の能力を見極め、適材適所に配置して、個人の能力を最大限に発揮させる

張良:ブレーン担当

出版社でいうところの編集的な役割

ストーリー作りの核になってもらい、上がってきたストーリーににも的確なアドバイスを出す

日時計と常に話し合い、戦略・方針を協議して大局を決めていく

蕭何:対人・雑務担当

営業、メール対応、日々の雑務など。

韓信:制作担当

Armed inkの制作の核となってガンガン制作をする

Armed inkの登録クリエイターと連携して、効率よく制作をしていく
クリエイター募集!
こんな感じで、とりあえず、欲しい人材はこの三人
将来性を見て一緒に頑張りませんか?

コメント