【徹底比較6選】3DCGソフトのおすすめランキング(無料含)TOP3!

当サイトのリンクには広告が含まれています。

後進絵師のためにアンケートに協力を!

使用してるイラストソフトアンケート
使用してる動画ソフトアンケート

3DCGソフトランキング!

はじめまして。
デジえしべる。

これから3Dアニメーションを創ってみたいなという人必見!

メジャーな3DCGソフトを徹底比較したから検討材料にして欲しい。

デジえしべるのおすすめは進みたい方向によって変わってくる

就職を目指しているなら、ゲーム、映画、映像などあらゆる業界で重宝されるMAYA
MAYAは高い…というなら、買い切りのCINEMA 4Dがおすすめ

フリーランスでやっていくなら、無料のBlenderもいいだろう

あとは、趣味でも就職にも強いのが一点特化したZBRUSHは身に着けるとあらゆる業界で好条件で受け入れてもらえる

日時計

Blenderってフリーソフトなのに
参考書が出てたり利用者が多いよ!

それでは、3DCGソフトのおすすめランキングスタート!

目次

3DCGソフトを徹底比較!

デジえしべるは、漫画業界10年以上でココナラで月40万を達成した日時計がクリエイターPC、モニター、液タブ、ペイントソフト、動画ソフトなどデジタル画材に関する情報を共有するサイト。

モーショングラフィックスソフトだけじゃなく、動画編集ソフト、ホワイトボードアニメーションソフト、Live2Dなどの2Dモーフィングソフト、3DCGソフトなどアニメーションを創れるソフト情報満載!

動画作成ソフトをおすすめ↓↓↓
【初心者必見】ムービー作成できるおすすめ動画(無料含)ソフト16選!

おすすめソフト四選!

スクロールできます
商品特徴価格評価
MAYAのアイコン
MAYA
スクリプトによる拡張可
就職に有利
サブスクのみ
36,300円~/月
CINEMA 4Dのアイコン
CINEMA 4D
Unityとの連携が容易
直感的に操作できる
買い切り・サブスクが選べる
日本語記事が少ない
462,000円
Blenderのアイコン
Blender
Unityとの連携が容易
開発が活発
無料
操作が難解
無料
ZBRUSHのアイコン
ZBRUSH
軽い
直感的に操作できる
就職に有利
買い切り・サブスクが選べる
ポリゴン数が減らせない
高度なレンダリングができない
132,000円
各製品の比較

デジえしべるのおすすめはこの四つ。

3DCGソフトは統合型と特化型のソフトに分かれる。
MAYA、CINEMA 4D、Blenderは統合型で、ZBRUSHは特化型。

日時計

MAYAが年収1500万円未満なら
Indieっていう年額42,900円のプランもある

それぞれ特色があるけど、MAYAは就職を目指してるなら一推し!!
買い切りソフトではCINEMA 4D
フリーランスでやっていくならBlenderがいい

ZBRUSHは、粘土のように組み立てられるためクリエイターならそれだけで楽しそう…と思えるのではないだろうか

必要スペック

スクロールできます
パーツ必要
スペック
推奨
スペック
CPUCore i7-9世代(9,000番台)~
Ryzen7 3世代(3,000番台)~
Core i9-9世代
(9,000番台)~
Ryzen9~
メモリ32GB64GB~
ストレージ500GB SSD
M.2 NVMe接続
1TB SSD
M.2 NVMe接続 Gen4~
GPUGeForce RTX3050 8GB~
NVDIA RTX A2000 12GB~
GeForce RTX3080 10GB~
NVDIA RTX A6000 48GB~
ハード
ディスク
2TB~4TB~
動画編集に必要なスペック(2023/11/09)

3DCGソフトを使うのに必要なスペックは左側のもの。
快適に使いたいなら右側のスペックが必要になる

ソフト紹介

MAYA

MAYAのロゴ
企業Autodesk, Inc.
アメリカ
OSWIN MAC Lunux
無料
期間
30日間
契約
形式
費用
1ヶ月36,300円
1年286,000円
3年772,200円
MAYA
Creative
1トークン(400円) /日
トークンのみで購入可能
※仮想通貨トークンを購入してそれで支払いをする形式
MAYA
Indie
42,900円 / 年
※年収1,500万円未満
学生
教職員向け
無料 / 年
※機能制限なし
全て税込(2023/08/27)

AfterEffectsと連携↓↓↓

メリット
  • ツールセットが豊富
  • スクリプトによる拡張が可能
  • 独自レンダラーを搭載
デメリット
  • スクリプト作成に専門知識必須
  • 利用可能なプラグインが限られる
  • サブスクのみ
36,300円~(税込、2023/08/27)

3DS MAX

3DS MAXのロゴ
企業Autodesk, Inc.
アメリカ
OSWIN
無料
期間
30日間
契約費用
1ヶ月36,300円
1年286,000円
3年858,000円
3DS MAX
Indie
42,900円 / 年
※1,500万円未満
学生
教職員向け
無料 / 年
※機能制限なし
全て税込(2023/08/27)

メリット
  • プラグインが豊富
  • アニメーションCGに強い
  • mental rayとの親和性が高い
  • 建築業界でも強みを発揮
デメリット
  • プラグインなしではハイレベルな制作は難しい
  • 高度なプラグインは有料
  • サブスクのみ
36,300円~(税込、2023/08/27)

CINEMA 4D

CINEMA 4Dのロゴ
企業Maxon Computer GmbH
ドイツ
OSWIN MAC
無料
期間
14日間
バージョン
買い切り462,000円
※アップデートは有料
サブスク
月契約 13,750円 / 月
年契約 7,883円 / 月
※アップデート無料
教育機関向け
ライセンス
8,800円 / 年
全て税込(2023/08/27)

AfterEffectsと連携↓↓↓

メリット
  • 直感的に操作できる
  • モーショングラフィックが強い
  • ソフトが落ちない
  • AfterEffectsと連携が強力
  • 買い切り・サブスクが選べる
デメリット
  • 日本語記事が少ない
462,000円(税込、2023/08/27)

ZBRUSH

ZBRUSHのロゴ
企業Maxon Computer GmbH
ドイツ
OSWIN MAC
無料
期間
14日間
バージョン
買い切り132,000円
※アップデートは有料
サブスク
月契約5,500円 / 月
年契約4,400円 / 月
※アップデート無料
全て税込(2023/08/27)

メリット
  • 軽い
  • 直感的に操作できる
  • MAYA・3DS MAXらと連携できる
  • 就職に有利
デメリット
  • ポリゴン数が減らせない
  • 高度なレンダリングができない
132,000円(税込、2023/08/27)

Lightwave

Lightwaveのロゴ
企業株式会社ディストーム
※日本での販売会社
LightWave Digital社
OSWIN MAC
バージョン
2020184,800円
※アップグレード 87,780円
学生
教員版
スクール版
47,080円
※アップグレード 24,200円
全て税込(2023/08/27)

メリット
  • トップクラスの機能
  • 3DCGソフトの中では安い
  • プラグインが豊富
  • 買い切り
デメリット
  • 利用者が少ない
184,800円(税込、2023/08/27)

Blender

Blenderのロゴ
企業海外の有志
OSWIN MAC Lunux
費用無料
2023/08/27

メリット
  • 無料
  • 機能が充実
  • 日本語対応している
  • Unityとの連携が容易
  • 開発が活発
デメリット
  • 操作性が独特
  • 直感で使いこなすのが困難
無料(2023/08/27)

スペック比較

スクロールできます
CPUメモリストレージグラボ
BlenderCore i5-12世代~
Ryzen5-5世代~
Core i7-9世代~
Ryzen7-3世代~
8GB~
推奨32GB
NVIDIA GeForce RTXシリーズ
NVIDIA GeForce GTXシリーズ
AMD Radeon シリーズ
Intel UHDシリーズ
Intel IrisXeシリーズ
メモリは2GB~
推奨8GB~
Light
Wave
Pentium 4~4GB~512GB~GeForce9~
ZBRushXeon
Core i5
Core i7
Ryzen Threadripper
4GB~
推奨16GB~
OpenGL3.3以上サポート
3DS
MAX
Core i7
Ryzen7
2GHz~
CINEMA
4D
16GB~NVIDIA GeForce GTX900~
AMD Radeon RX400~
OpenGL 4.1対応
メモリは4GB~
MAYACore i7~8GB~
推奨16GB~
NVIDIA RTX Aシリーズ
NVIDIA GeForce RTXシリーズ
AMD RadeonPro Wシリーズ
AMD Radeon RXシリーズ
メモリは4GB~
3DCGソフトのスペック比較(2023/08/27)

公式に出してる必要スペックはこんな感じ。

誰もが予想する通りここの表に出てくる以上にMAYAはスペックを擁する。

機能比較

スクロールできます
MAYAのアイコン
MAYA
3DS MAXのアイコン
3DS
MAX
CINEMA 4Dのアイコン
CINEMA
4D
軽い
モデリング
プラグインが
豊富
日本語
対応
カスタマイズ性
稼げる
価格36,300円~/月36,300円~/月買い切り
462,000円
サブスク
7,883円~/月
詳細詳細詳細
3DCGソフトの機能比較1(全て税込、2023/08/27)

やっぱり3DCGソフトは高い。

私は普段、使用するなら無料より始めから有料ソフトを!と勧めてるけど、3DCGソフトに関しては少し意見が変わる

高いのが一つ。

もう一つの意見は無料といえどBlenderが優秀すぎるからだ
なんと、Blenderって参考書とかも出てたりするから一定のシェアはある。
あと、意外と企業でも導入しているところもあったりするのも大きい。

あとは、買い切りのCINEMA 4Dもおすすめ
一回に出す金額としてはかなり高額だけど買い切りと考えればそれ以上はお金はかからない

それと、将来は就職を目指しているならMAYAが断トツ!
年収1500万円以下なら、年42,900円だから頑張れば払えない金額ではない

ソフト相場

個人

ソフト6年1年
辺り
ZBRUSH132,000円1,833円
Lightwave184,800円2,567円
CINEMA
4D
462,000円6,417円
MAYA257,400円42,900円
3DS
MAX
257,400円42,900円
3DCGソフトの費用相場
6年の費用と
1年辺りの費用の相場
258,720円43,120円
個人の3DCGソフトの費用比較(2023/08/27)

3DCGソフトの6年の費用と1年辺りの費用を割り出してみた

6年で258,720円
1年辺り43,120円かかる

戦略的に仕事を獲っていく方向に自分を持っていくことができれば、自分への投資として悪くないのかな
まして、こういうジャンルはゲーム業界とかまだまだお金が回ってる業界だから稼げるジャンルではあるし

ソフト6年1年
辺り
ZBRUSH132,000円22,000円
Lightwave184,800円30,800円
CINEMA
4D
462,000円77,000円
MAYA1,544,400円257,400円
3DS
MAX
1,716,000円286,000円
3DCGソフトの費用相場
6年の費用と
1年辺りの費用の相場
807,840円134,640円
法人の3DCGソフトの費用比較(2023/08/27)

法人として使うとなると1年134,640円はそこまで高くないのかな

前にゲームとかアニメ会社からの依頼で絵コンテを描いたとき、常に営業活動してる感じだったな。

口コミ

MAYA

3DS MAX

CINEMA 4D

Lightwave

blender

3DSGソフトランキング!

おすすめソフトTOP3!

番外編

目的別早見表

無料!Blender
安い!Lightwave
ZBRUSH
買い切り!CINEMA 4D
ZBRUSH
Lightwave
サブスク!MAYA
3DS MAX
CINEMA 4D
ZBRUSH
プロ向け!MAYA
3DS MAX
就職に有利!MAYA
3DS MAX
CINEMA 4D
特化型ソフト!ZBRUSH
3DCGソフトの目的別早見表(2023/08/27)

まとめ

  • 就職に有利なのはMAYA!
  • 買い切りでおすすめはCINEMA 4D!
  • 特化型だとZBRUSHがおすすめ!
  • 個人なら無料のBlender!

個人で使用するなら無料のBlenderがおすすめ

このさき、ゲームをはじめ就職、転職に便利なのはMAYA

では、よい制作ライフを。

後進絵師のためにアンケートに協力を!

使用してるイラストソフトアンケート
使用してる動画ソフトアンケート
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次