【スペック理解度UP】4Kも編集できる動画クリエイター向けパソコンTOP7!2024

当サイトのリンクには広告が含まれています。

後進絵師のためにアンケートに協力を!

使用してるイラストソフトアンケート
使用してる動画ソフトアンケート

4K動画も編集できるパソコン特集!

はじめまして。
デジえしべるです。

動画の画質は今後も上がり続けるだろう
今は4Kでも高画質だけど、そのうち8Kとか。

私が新しいパソコンを購入した2019年ではGeForce RTX 2060 SUPERでも結構なハイスペックだったけど、もうそこそこのスペックになってしまった。

だから、長く使いたい場合はできるだけハイスペックなパーツを詰め込んだパソコンを選んだ方が経済的
記事の中盤では4K動画に必要なスペックも解説するよ

今回は動画編集向けパソコンの紹介ということで、Quadro(RTX Aシリーズ)も少し紹介している

今後4K動画を創ってみたいなというクリエイターは必見!!

日時計

動画の需要は今後増え続けるから
いいパソコンを買ってガンガン動画を創ろうぜ!

ということで、4K動画も編集できちゃうパソコンランキング!

目次

動画編集をサクサクできるパソコンスペックとは

STOMのモデルC
※画像はイメージです

でじえしべるは、漫画業界10年以上でココナラで月40万を達成した日時計がクリエイターPC、モニター、液タブ、ペイントソフト、動画ソフトなどの画材情報を発信して、デジ絵師のデジ画材関連の失敗防止を目的としているサイト。

パソコン購入の四つのお約束、メーカーで選ぶ、セール時期を狙う、中古は買うな、失敗しないBTOパソコンの購入方法などパソコン購入のポイントまとめ!

デジ絵師がおすすめするクリエイターパソコン↓↓↓
【4つの鉄則】絵師が厳選するクリエイター向けおすすめパソコン12選!2023

パソコンの選び方

  • やりたいことで選ぶ
  • スペックで選ぶ
  • 値段で選ぶ

動画を創るために必要なパーツのスペックを搭載したパソコンの方が、当然ながら作業はサクサク進む。

多くの人が経験しているであろうことだけど、スペックが足りてないパソコンで高画質の動画を創ろうとすると動作がもっさりして、もう…トロットロにトロい速度で作業をすることになる

こういうときのストレスはハンパない…
1日の作業で1日づつ寿命が短くなってるんじゃないか?
っていう位のストレス。

そうならないためにはこれくらいのパーツは積んだ方がいいよという目安を解説していく

動画作成に必要なパーツ

CPUちょー重要
メモリ重要
ストレージまぁ必要
グラボあったらいいな

動画を創る上での需要度を表にしてみた。

動画編集におけるパソコンの動作速度は、CPUの性能できる。

CPUはハイスペックであればあるほどよい。

4K動画に必要なスペック

スクロールできます
パーツ必要
スペック
推奨
スペック
CPUCore i7-9世代(9,000番台)~
Ryzen7 3世代(3,000番台)~
Core i9-9世代
(9,000番台)~
Ryzen9~
メモリ32GB64GB~
ストレージ500GB SSD
M.2 NVMe接続
1TB SSD
M.2 NVMe接続 Gen4~
GPUGeForce RTX3050 8GB~
NVDIA RTX A2000 12GB~
GeForce RTX3080 10GB~
NVDIA RTX A6000 48GB~
ハード
ディスク
2TB~4TB~
動画編集に必要なスペック(2023/11/09)

4K動画を創りたいなら最低でもこれくらいのスペックは必要になる

ここからは各パーツのひとつひとつを解説していく。

CPU

CPUの種類備考
Atom 
Celeron
Pentium
Core i3
Ryzen3
Core i5
Ryzen5
 最低限これくらいは欲しい
Core i7
Ryzen7
ちゃんとした動画を創るならここから始めよう! 
Core i9
Ryzen9
4K動画を創るならここから始めよう! 
CPU(2023/07/22)

CPUはメジャーなものだとintelのCore iシリーズとAMDのRyzenシリーズがある

日時計

私の今のメインPCである
幸丸はRyzen7 3700X

ということで、動画を創りたいなら最低Core i5、Ryzen5が必要
4K動画が創りたいならCore i7、Ryzen7から始めよう

メモリ

4GB物足りない
8GBフルHDの動画編集が可能
16GB複雑なフルHD動画が創れる
そこまで入り組んでないものなら4K動画も創れる
32GB4K動画の編集、そこそこの3DCG動画も創れる
64GB4Kも3DCGもサックサク
メモリ(2023/07/22)

メモリは、CPUが作業した内容を高速で連絡、一時保存する役割を担っている。

メモリは、Youtube動画しかやらないという位なら16GBもあれば十分

そして、動画編集ソフトをどれを使うかによっても必要スペックは若干変わってくる
使ってる動画ソフトがもっさりしてるなら、メモリはもっと必要だから上の表を見て見合うものに交換した方がいい

4K動画を編集したいなら32GBは欲しい

ストレージ

スクロールできます
体感容量価格
キツい240GB3,000円~
HD512GB5,000円~
4K1TB15,000円~
快適2TB20,000円~
ストレージのスペック比較(2024/04/06)

ストレージは、動画編集にはそこまでハイスペックである必要はないけど、私たち絵描きの場合は、細目に保存するし、動画にしてもデータの読み書きが早くなって作業もより快適になるから、ストレージもそこそこのものを選んでおくのが無難

上記の表は、ハードディスクのタイプによっての読み込み速度。
当然だけど、上位パーツになればなるほど高速になる。

また、ストレージにはHDDとSSDがある

SSDはSolid State Driveの略でHDDより読み込み速度が高速なため、快適な作業をしたい場合SSDを選んだ方がよい

日時計

ただ、HDDよりSSDの方が高い
SSDも規格によって読み込み速度、値段が変わってくる

ストレージの読込速度一覧

ストレージの種類読込速度
HDD200MB/s
SATA接続500MB/s
M.2 SATA接続700MB/s
M.2 NVMe接続2,400MB/s
M.2 NVMe接続Gen34,000MB/s
Gen45,000MB/s
SSDの速度比較(2023/07/22)

ストレージは、SSDのM.2 NVMe接続のできればGen4が望ましい

ストレージは、空き容量が多い方が速度が速くなる
漫画だけを描くなら240GBは欲しい。
動画編集となると、最低でも500GBは欲しい、お金に余裕があるなら1TBあると快適になる

GPU

スクロールできます
体感GPU価格
キツいGeForce GTX 1050
Radeon RX560
NVIDIA T600
それなりGeForce GTX 1650
GeForce GTX 1660 SUPER
Radeon RX570
Quadro P2200
3万円以下
まあまあGeForce RTX 4060
GeForce RTX 3060
Radeon RX6700XT
NVIDIA RTX A4000
3~
4KGeForce RTX 4070
GeForce RTX 3070
GeForce RTX 4060 Ti
GeForce RTX 3060 Ti
NVIDIA RTX A4500
6~
快適GeForce RTX 4080
GeForce RTX 3080
GeForce RTX 4090
GeForce RTX 3090
NVIDIA RTX A6000
10万円~
4K動画の編集のスペック比較(2024/04/06)

4K動画やCGをやるならGeForce RTX 3060以降(体感でいうとまあまあ以上)のグラボが最適

快適に作業をしたいならもっと上のグラボを選んだ方がいい

ゴリゴリのクリエイターならNVIDIAやRadeon以外のオリジナルファンモデルと呼ばれているASUS、MSI、ZOTAC、GIGABYTEなどの大型ファンがついているものの方がおすすめ

日時計

同じくハードなゲーマーも
オリジナルファンモデルがいいよ!

次の項目では、動画編集ソフトのスペックの一覧で見てみる。

動画編集ソフトのスペック一覧

スクロールできます
ソフトCPUメモリストレージGPU
Final cut
pro
---4GB------
AviutlCore i5~4GB~------
Core i7~8GB~
HitFilm
Pro
Core i3~4GB---GeForce
400番台
VRAM 1GB
Core i7~8GBGeForce
400番台~
VRAM 2GB~
Video
Studio
Core i3~4GBSSDGeForce
400番台
VRAM 1GB~
FilmoraCore i3~4GB---GeForce 400番台
Core i7~GeForce GTX970~
Power
Director
Core i5~4GB---DirectX 11
128MB
8GB~
EDIUS
11 Pro
Core i5 4世代8GB---Quadro
P2000~
DirectX 3D
900~
16GB
Movie
Studio
Core 2コア~8GB---GeForce 900番台
4GB
4コア~32GB~
VEGAS
pro
Core i5 6世代8GB---GeForce
GTX RTX
900番台~
Core i7 6世代~32GB
DaVinci
Resolve
---8GBM.2 NVMe接続GeForce
RTX2000番台~
Quadro P6000~
32GB
Premiere
Pro
Core i5~16GB240GB SSDGeForce
GTX260~
Quadro
FX580~
VRAM 6GB~
Core i7 7世代32GB500GB SSDGeForce
GTX1050~
After
Effects
Core i7~
Ryzen7~
16GB~500GB SSDGeForce
GTX1660~
Core i9~
Ryzen7~
64GB1TB SSDGeForce
RTX2060~
動画編集ソフトのスペック比較(2023/11/09)

動画編集に必ずしも必要じゃないのがこのグラボ

ただ、このグラボも上述してるストレージと同様あって困るものではない
といっても、我々絵描きは動画ソフトだけじゃなく、ペイントソフトも使用しているし液タブも使って絵を描いている

液タブのペンの滑らかさ、拡大縮小を担当しているのがCPUで、映像面を担当しているのがグラボ
だから、絵描きとしてはグラボも軽視できない

それに加えて、動画ソフトの中にはグラボを必要としているソフトもある
動画編集をするなら、使用ソフトも考慮してグラボの性能も選ばないといけない。

それぞれに課された役割が違うから、一概にこれは要る、これは要らないとは言い切れない。

日時計

パソコンを買う前にどんなことがやりたいか
そのためにはどのソフトを使わないといけないかも合わせて考えよう!

このソフトにはグラボは必要ないけど、あのソフトにはグラボ必須だったりとか
さらに、3DCGを作ってみたいとなるとさらにもっと上位パーツが必要になる

これらの情報をもっと知りたい人は、以下の記事で、作業別重視パーツ、スペック早見表、パーツ解説、液タブの遅延問題などを解説してるよ

クリエイターパソコンの性能の目安を共有↓↓↓
【初心者必見】クリエイターパソコンの6つのパーツ性能と役割解説!

クリエイターパソコンの相場

作業ジャンル相場
軽いタッチのイラスト12万円位
漫画18万円位
動画作成25万円位
AIイラスト35万円位
本格水冷37万円位
3DCG37万円位
クリエイターパソコンの作業別相場(2024/04/11)

クリエイターが選ぶべきパソコンの相場は絵柄ややりたいことによって変わってくる

デフォルメイラストサンプル1
イラスト:日時計

こんな感じの軽いタッチなら相場は12万円位のパソコンで充分だけど

アーモンドアイのイラストサンプル
イラスト:日時計

こんな感じのリアルな画風だったら相場は18万まで上がってくる

4K動画を創りたいなら25~30万円位
3DCGも創りたいとなったら30~50万円と上限なく上がっていく。

日時計

どんな作業をしたいのかによっても
パソコンの相場は変わってくるからよく考えようね

以下の記事では、実際に絵や動画を使ってこういうものが創りたいなら、これくらいの費用感だよと解説している

クリエイターパソコンの価格相場を調査↓↓↓
【相場調査】絵柄でわかるクリエイターパソコンの4つの価格帯+PC12選!

動画編集パソコンランキング!

おすすめパソコンTOP7!

第7位 DAIV FM-A7A7X

DAIV FM-A7A7X
309,800円
販売元MOUSE
CPURyzen7 7700X
メモリ32GB
ストレージ1TB SSD M.2
NVMe Gen4
グラボRadeon RX 7700 XT
12GB
ハード
ディスク
なし
光学
ドライブ
なし
全て税込(2024/04/06)
カスタマイズ案
パーツ価格
電源750W GODL3,300円
ハード
ディスク
2TB HDD14,300円
光学
ドライブ
Blu-ray10,740円
全て税込(2024/04/06)

\ JACCSなら36回まで手数料無料 /

第6位 ZEFT G32FG

パソコンショップSEVENのモデルF
※画像はイメージです
ZEFT G32FG
296,780円
販売元パソコンショップSEVEN
CPUCore i7-13700F
メモリ16GB
ストレージ1TB SSD M.2
NVMe Gen4
グラボNVIDIA RTX 3060
12GB
ハード
ディスク
なし
光学
ドライブ
外付けUSB DVDマルチ ブラック
全て税込(2024/04/06)
日時計

光学ドライブは
外付けになってしまう

カスタマイズ案
パーツ価格
メモリ32GB9,980円
ハード
ディスク
2TB HDD8,980円
全て税込(2024/04/06)

\ キャンペーンが多くお得なPCショップ /

第5位 Intel 13世代プレミアム

VSPECのモデルC
※画像はイメージです
Intel 13世代プレミアム
299,200円
販売元VSPEC
CPUCore i7-13700K
メモリ16GB
ストレージ1TB SSD M.2
NVMe
グラボNVIDIA RTX 3060
12GB
ハード
ディスク
なし
光学
ドライブ
なし
全て税込(2024/04/06)
日時計

光学ドライブは
外付けになってしまう
内蔵させたい場合はケース変更が必要

カスタマイズ案
パーツ価格
メモリ32GB16,060円
ハード
ディスク
2TB HDD8,910円
全て税込(2024/04/06)

\ 最強のカスタマイズ性 /

第4位 FRGLB760/SG3

FRONTIERのモデルI
※画像はイメージです
FRGLB760/SG3
269,800円
販売元FRONTIER
CPUCore i7-14700F
メモリ32GB
ストレージ1TB SSD
NVMe
グラボGeForce RTX 4070
12GB
ハード
ディスク
なし
光学
ドライブ
なし
全て税込(2024/04/06)
カスタマイズ案
パーツ価格
ハード
ディスク
2TB HDD
SATA
12,650円
光学
ドライブ
Blu-ray16,500円
全て税込(2024/04/06)

\ セール頻発のFRONTIER /

第3位 GL-A7G47R AG-AR8B65AGL7-FN

GL-A7G47R AG-AR8B65AGL7-FN
309,800円
販売元ark
CPURyzen 7 7700
メモリ32GB
ストレージ2TB SSD
NVMe Gen4
グラボNVIDIA RTX 4070
12GB
ハード
ディスク
なし
光学
ドライブ
なし
全て税込(2024/04/03)
日時計

光学ドライブは内蔵できないから
使うなら外付けかケース変更が必要

カスタマイズ案
パーツ種類価格
ハード
ディスク
2TB HDD10,710円
全て税込(2024/04/03)

\ セール頻発のark /

第2位 Silent-Master PRO Z790/D5

サイコムのモデルG
※画像はイメージです
Silent-Master PRO Z790/D5
292,680円
販売元サイコム
CPUCore i7-13700T
メモリ16GB
ストレージ1TB SSD M.2
NVMe Gen4
グラボNVIDIA RTX4060Ti
8GB
ハード
ディスク
なし
光学
ドライブ
なし
全て税込(2024/04/06)
カスタマイズ案
パーツ価格
メモリ32GB5,630円
ハード
ディスク
2TB HDD10,840円
全て税込(2024/04/06)

\ 最強の静穏性のサイコム /

第1位 EFFA G05A

EFFA G05A
249,480円
販売元パソコンショップSEVEN
CPUCore i7-14700F
メモリ32GB
ストレージ1TB SSD M.2
NVMe Gen4
GPUGeforce RTX4060 8GB
ハード
ディスク
なし
光学
ドライブ
DVDスーパーマルチ
全て税込(2024/04/03)
カスタマイズ案
パーツ種類価格
電源750W GOLD2,980円
GPUGeforce RTX4070 12GB53,600円
ハード
ディスク
2TB HDD12,800円
光学
ドライブ
Blu-ray8,980円
全て税込(2024/04/03)

\ 今なら43,000円OFF! /

目的別早見表

安くて
高性能!
EFFA G05A(パソコンショップSEVEN)
爆速で
サクサク作業!
AG-AR8B65AGL7-FN(ark)
FRGLB760/SG3(FRONTIER)
DAIV FM-A7A7X(マウス)
バランスよし!Silent-Master PRO Z790/D5(サイコム)
静音性最強!Silent-Master PRO Z790/D5(サイコム)
目的別早見表(2024/04/06)

まとめ

  • パソコン選びはCPU>メモリ>ストレージ>グラボ!
  • 使用ソフトでパソコンを選ぶ!
  • 動画編集パソコンの相場は25万!

サクサク作業したいなら最低でも25万円位のパソコンを購入する必要がある。
絵描きなら、ストレージ、グラボも必要。

よいPCに出逢えますように。

後進絵師のためにアンケートに協力を!

使用してるイラストソフトアンケート
使用してる動画ソフトアンケート
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次