体調の変化を自覚して漫画家の急死を防止する!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

漫画家の突然の急死のニュースを見るたびにビックリする

でも、急死って知らないところに入ってくる情報だから突然訪れるものっていうイメージがあるけど、実際は本人の自覚はあるんじゃないのかと思う。
自覚できるなら防げる死もあるんじゃないかと。

ということで、今回のテーマ漫画家の急死を自分の身に起こった体験談から考えてみる

急死?漫画家自身は無自覚?

漫画家 吠夢さん
冬になると結構見るようになる漫画家の急死ニュース。

思うところもある。
知ってる漫画家さん、自分の世代よりだいぶ上の世代の漫画家さんとか色々。

身近にも急死した漫画家さんがいた

漫画家・吠夢さんの急死は無自覚?

吠夢さんとは

吠夢さんのことを知らない人のために軽く説明するとホラー系の漫画家さん

出版業界全体が落ち込んでいるうえに、ホラーっていうジャンル上仕事もなくなっていた模様

彼の黒を上手く使った画風が好きだった

2018年2月、ある漫画家さんからメールが来て吠夢さんが亡くなったという知った

えっ…と知っている人だけにかなりびっくりした

前年に、吠夢さんがプライベートのfacebookの友達かもに出てきてたから、元気そうだなと思ってただけに本当にびっくりした。

実は、死後発売された”生ポのポエムさん”を読んだり、うちに連絡くれた人の話を聞いてみると、どうやら糖尿病だったらしく、それによって目も相当悪くなっていたみたいだったから、日々弱っていく自分の身体から、死の自覚はあったんじゃないのかと考えている。

ある漫画家の超過密スケジュール

過密スケジュール
2019年の8月は本当にキツい月だった。

もう7月半ばころから、8月のスケジュールは恐ろしいことになるな…とは思っていたけど、相変わらず入ってきていた案件。
何本かは断ったんだけど、お金のためにまとまった額のものは請けていた。

8月のスケジュール

  • 8月4日 イラスト納品
  • 簡単なアニメーションだったのだけど、illustratorデータでの納品ということで自分にはできないため、メガさんに外注に出して、間で調整

  • 8月6日 漫画
  • クラウドソーシング経由のダラダラクライアントの漫画の案件

  • 8月14日 漫画動画
  • 120点のイラストが必要な漫画動画
    舞台となる縁側を今回自分の作品では初となる3DCG技術を取り入れたもの
    以前から3DCG技術をフルに活かして漫画を制作している知人漫画家に縁側データを外注に出して対応

  • 8月21日 漫画動画
  • 企画自体は6月頃から動いていた漫画動画案件

  • 8月31日 パラパラ漫画
  • 個人からの依頼の結婚式用のパラパラ漫画の案件

  • 9月頭 パラパラ漫画
  • 9月の中旬位に納品予定のパラパラ漫画案件

という超過密スケジュール

外注に依頼して、適度に仕事は割り振っていたのだけど、どうしても自分でやらなければいけないものが多くてどうしても時間が足りない…
ということで、8月は朝から晩、徹夜を3日という感じで1秒も時間を無駄にできない中で黙々と作業していた。

身体の変化を感じて急死を防ぐ

いつのころからか、突然自分から体臭が発生してきた。

これを読んでる人加齢臭だろって思うでしょう。
違う。
なぜかというと20代のころからこのニオイは体験していたから。

それと同時に精神的にもパンパンの状態になってきていた。

なぜ精神的な限界が自覚できたか

失敗-1
私は実は、以前鬱を発症したことがある。

ネット雑誌だけど週刊連載をやったことがあって、苦しくてどんどん苦しくなって自分でおかしいなと思って、近くの心療内科を受診。
その結果、鬱という診断結果

その流れでカウンセラーと少し話して薬をもらった

個人的には薬だけがあればいいかなと思った。
カウンセラーってただ話を聞くだけだから意味がないと思った。

私は性格的に悩みがある場合、解決法が欲しいと考えている。
でも、カウンセラーはただ話を聞いてるだけで打開策は何も提示してこない

ネットで見たり、女の人と話してると、女の人の性質上話を聞いてもらいたいという心理があるらしい。
だから、カウンセラーの存在は必要なのだろう。
カウンセラーに何を求めるかという話で、自分にはカウンセラーの存在価値は分からない。

その後、その週刊連載を手伝ってくれた女の子の知人がいて、カウンセラーの話をしたら、”あれテキトーだと思うよ。私の知り合いでやってる人いるけど資格は持ってなかったもん。確か”といっていた

精神的な病気・パニック障害も同時に発症

正直、このパニック障害は人と話してて、”それパニック障害だね”って言われただけだから正式に受信して得た病名ではない。

人の話、ネットの情報でおそらくパニック障害だろうという話。

その当時、人が多くいるところに行くと息苦しくなって、我慢してると脳みそが下から炭酸水漬けになっていく感覚というか。
シュワシュワしてくる感じ。

それを我慢しているとやがて、頭の中が真っ白になっていって、それが進行すると気絶をするという。

その結果、ホームで人に起こされたり、病院で人に起こされたりということがあった

それらは自力で治した
特に何もしないで、睡眠だけに気を付けていたらもう気にならなくなったし、症状もなくなっていた

でも、パニック障害的な症状は最近もあった気がする。
けど、どこまでが自分の限界かがわかっているから、気絶する前に精神的に建て直せば気絶はしない。

こういった経験から自分の精神的な限界がある程度予測ができるようになった。

漫画家自身は急死ではなく自覚はある!

バカ言うな!
こんな感じで、おそらく多くの場合、当事者としては死は突然襲ってくるものではなく身体に訪れる変化は自覚はある。

実はさっきも話した通り、この体臭は以前にも経験済み

どんな時にこの体臭を感じたか。

それはスクリーントーンを貼っているとき

突然の体臭の正体はスクリーントーンのニオイではなく…

アナログで漫画を描いたことがある人ならわかると思うけど、漫画の作業で一番最後の工程の作業が仕上げといわれるスクリーントーン貼り
締め切りまで本当に時間がないときは徹夜でスクリーントーンを貼って納期に間に合わせなければいけない

だから、10時間、15時間ぶっ続けでスクリーントーンを貼るという作業をする
その時に感じたのがこの体臭のニオイだった。

そのため、自分としては、このニオイは、スクリーントーンの糊のニオイだと思っていた
普段気にならないのは、意識をしないから気にならないのであって、ぶっ続けで作業をすることによって些細なニオイが鼻につくから、スクリーントーン作業をしていると発生してくるのだと思っていた。

ところが、私は、2017年に液タブを購入して届いた瞬間からフルデジタル化している

スクリーントーン作業をしていないのに、このニオイがするのはおかしいということで色々ネットで調べていった結果、この自分に突然発生した体臭の正体は疲労臭ということを突き止めることができた。

この疲労臭はなんとも説明が難しい。

でも、自分から発生する体臭が疲労臭かどうかを判断できるようにチェックリストを作ってみた
どんなニオイかは説明できないけど、このチェックリストで当てはまる項目が多かったら疲労臭を疑った方がいい

おそらく、この疲労臭を改善しないその先には急死が待っているのだと思う。

非常に危険だから、自分の体臭には気を付けた方がいい。

疲労臭が漫画家の急死の原因!

ゆっくり休む
自分から感じたことがない体臭を感じた時、何のニオイだかわからない。
でも、心地のいいニオイではない。

突然発生するものだから何かの病気?と疑ってしまう気持ちもわかる。

そんなときは、このチェックリストをもとに疲労臭かどうかを見極めて対処することをおすすめする。

  • 普段は自分のニオイに気づかない
  • 入浴してもニオイが消えない
  • 1か月中徹夜が3日以上
  • 1か月中自分の仕事量基準値を超えてる日が20日以上ある
  • 1か月先スケジュールが通常の仕事量の1.5倍以上

上記のチェックリストで3つ以上自分に当てはまるなら、そのニオイ、疲労臭かもしれないから、至急対処をした方がよい。

私が2019年の8月に精神的限界を感じた時にした対処法。


これ以上1秒でも作業してたら壊れる…、壊れたらもう仕事ができなくてすべての仕事を落すことになる。
ということで、被害を最小限に抑えるために、3時間だけゆっくり休養することを決意

  • 1時間ゆっくり入浴
  • 30分睡眠
  • 外でコーラ休憩

これで何とかギリギリ仕事できる精神状態まで回復させて、あとは全速力で作業を開始

多少遅れながらもなんとかすべての案件を納期に間に合わせることができた

そして、それから、22時、23時には眠っている状態にする
毎日入浴
これを徹底したら1週間~10日位でニオイが消えた

このチェックリストのチェックが多ければ多いほど、病気じゃないから必ず改善できる

体調の変化を自覚して漫画家の急死を防止!まとめ

  • 自分の限界値を知る
  • 思い切って休養する
  • 仕事の効率を再確認する
  • 外注に仕事を振って負担軽減
  • 疲労臭を感じたら睡眠時間を長くする

働き続けないといけない場合、どうしても疲れがたまってしまう。
一定ラインを超えると、精神的に壊れてしまうから、働けなくて経済的な危機に陥ってしまう

それが最悪のパターンだから、身体の危機を感じたら、考えうる最大の危機はどこかを認識して、被害を最小限にできるラインを探して休養する

結局人間は自分の身体、精神は自分で何とかするしかない。
拗らせたらマジで精神的な病気になってしまうから、自分の体調、精神的疲労には注意した方がいい。

自分の危機は自分で守りましょう

こちらの記事も読まれています

体験談で解説!その頭痛は絵を描くことが原因
その頭痛の原因は、絵を描くことで起こる現象かも。片頭痛持ちでずっと頭痛に悩まされてきた。これまでの人生で二回ほどどうしようもなく激しい痛みに襲われたことがある。その痛みとは頭痛である。絵を描くことで引き起こされていたことが体験からわかった。
漫画家VS腰痛!ついに終止符!
漫画家と腰痛は切っても切れない強い絆で結ばれている。腰痛が原因でペンを折った漫画家もいるほど。ここらでもう宿敵・腰痛との決着をつけようと思う。私日時計が腰痛、ヘルニア一歩手前を経験と、ネットで集めた情報で腰痛を改善する方法を公開!!
イラストレーターの作業姿勢を腰痛対策4種の神器で作る!
イラストレーターで多い持病といえば腰痛。大きな要因は姿勢。私は正しい知識を入れることで、改善、防止できた。この考え方から見つけた椅子、机などの選び方も伝授したい。腰痛で困っているなら、イラストの作業姿勢を改善することを徹底してもらいたい。
体感済!アーユルチェアの価格についての評価
アーユルチェアは単純な椅子としてみたときの価格イメージは高い…でも、なぜその高価な価格で勝負し続けているのかということをあなたは考えたことがありますか?一週間モニターで身を持って体験したアーユルチェアの価格について本音を話してみる。
液タブがもたらす最大のデメリットは肩こりと思いきや…
液タブを購入して喜び勇んで使って絵を描きいたところ強烈な肩こりが…痛みがだんだんと下がってきて、そのうち右の二の腕が痺れてきた…さらに数日後、眠れないほどの痛みが出てきた。もう締切がどうのといってる場合ではなくなり病院の診断結果は肩こりではなく…
漫画家の末路…
ずっと気になってくるスタッフ来るスタッフに聞いていた漫画家の末路についてのお話。漫画家って思ったより儲からないし、みんな仕事がなくなったらどうやって生活してるんだろう。自分が今まで見てきたことを話してみる。漫画家を待ち受けている末路とは…

コメント

タイトルとURLをコピーしました