9万円台~のBTOメーカーから選ぶイラスト制作用PC5選!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

イラスト制作に特化したパソコンをおすすめします!

初心者にとって、パソコンについての必要な知識を調べてもなかなか頭に入ってこないですよね。
私も同じです。

ですが、今回またココナラでパソコンに詳しい人に相談して、失敗しないBTOパソコンの選び方を教えてもらいました!!

その知識から、5つのパソコンを推薦します!!

イラスト用パソコンを選ぶ際の注意点とBTOメーカー各社

サイコムPCをYUKIMARuと命名!
パソコンの初心者だけど、漫画、イラストの制作をデジタル化したいと考えている方必見です!!

私もパソコンの知識がないので、サイコムでパソコンを買う際ココナラで、BTOパソコンのカスタマイズ相談者に相談に乗ってもらいました。

知識0で漫画に特化したパソコンを買う方法↓↓↓

知識0で漫画制作用BTOパソコンが購入できた方法を公開!
知識が0でも漫画制作に特化したBTOパソコンが購入できる。わたくし日時計は、PCの知識はほとんどないがこの度、高速で快適なカスタマイズパソコンを購入できた。同じようにPCの知識0人間が漫画制作に特化したBTOパソコンを購入できた方法を公開!

今回は、パソコン初心者のためになるべくわかりやすく何が重要なのかの説明して、そのあと、おすすめのパソコン5機種を紹介していきたいと思います。

イラスト用BTOパソコンで購入する際の注意点

BTOパソコンのサイズ

小さい順にミニタワー、マイクロタワー、ミドルタワー、フルタワーなどがあります。

おすすめはミドルタワーになります。

"no-img2″
天野氏

小さいと熱がこもりやすく、大きすぎると場所を取るのでミドルタワーが最適

大きい方が拡張性が高く(後からメモリやHDDを追加しやすい)メンテナンスもしやすくなります。

BTOの寿命のカギは電源

電源はパソコンの心臓とも呼ばれ、電源が壊れると他のパーツも壊れる可能性があるほど重要なパーツです。

メーカー品は、価格を抑えたいために、安価な電源を使うことが多いので、

電源はgold以上のものを選ぶことをおすすめ

イラスト用PCで必要なパーツのスペック

CPU i5の5世代(5000番台)
i3の7世代(7000番台)
i7の3世代(3000番台)

ryzenの2世代(2000番台)

グラボ 最悪
なくてもいい
メモリ 8GB

以上は欲しいところです。

イラストを描きながらインターネットをするといったマルチタスクの場合、快適とは言いずらいですが、問題なく作業ができます。

"no-img2″
天野氏

BTOメーカーはたくさんありますが、パソコン初心者となると、CPUはintel、なくてもいいですが、グラボをつけるならNVIDIAが無難

もっと、詳しく知りたい方は、漫画家、イラストレーターに必要なPCスペックについてまとめた記事を書いたのでそちらを参照してください。

漫画家がデジタル化する前に知るべきPCスペック知識↓↓↓
決定版!漫画家がデジタル化前に知るべきPCスペック知識を伝授!

ソフトがこの二つのメーカーでつくられていることが多いため、それらを使用しているメーカー5社をおすすめします。

イラスト用BTOパソコンメーカーのおすすめ5社

パソコン工房

BTOメーカー:パソコン工房
パソコン工房の運営会社は株式会社ユニットコムです。

株式会社ユニットコムの事業内容は、オリジナルパソコン、パソコンパーツ、ソフトウェア、パソコン周辺機器の販売、サポート・修理・買取ということです。

ですので、グループとして、パーツ周りを揃えられるので、安い価格で高品質なパソコンが提供できることが強みです。

メリット
  • 低価格高品質が可能
  • コールセンターが24時間365日対応
デメリット
  • カスタマイズできるパーツの種類が少ない
  • 商品によっては納期に時間がかかる

マウスコンピューター

BTOメーカー:マウスコンピューター
マウスコンピューターはパソコン工房と同じく運営会社は株式会社ユニットコムです。

パソコン工房と運営会社が同じとはいえ、同じものを売っているわけではなく独自のサービスを展開しています。

メリット
  • 高性能なパソコンが格安で買える
  • 自分好みにカスタマイズできる
  • コールセンターが24時間365日対応
デメリット

総じてデザインが地味

ドスパラ

BTOメーカー:ドスパラ
ドスパラは1992年創業の老舗パソコン専門店です。

初心者から上級者まで満足できる豊富なラインナップを取りそろえ、用途に応じたBTOパソコンを作っているメーカーです。

メリット
  • コスパがいい
  • 納期が早い
  • 会員特典が盛りだくさん
  • セールを頻繁に開催
デメリット
  • サポートが気持ち寂しい
  • ノートパソコンのバリエーションは弱い

tsukumo

BTOメーカー:TSUKUMO
秋葉原を中心に店舗を構えるパソコンショップです。

自作パソコン用のパーツを中心に各種周辺機器などを取り扱っています。
そのため、BTOパソコンも好評です。

メリット
  • コスパがいい
  • セールを頻繁に開催
  • 修理・梱包が丁寧
デメリット

パーツの知識が少しないと購入が難しい

サイコム

BTOメーカー:サイコム
自由自在なカスタマイズでパソコン上級者向けのBTOメーカーです。

オリジナリティにあふれたラインナップで評価が高いです。

メリット
  • パーツの選択肢が多い
  • サイコムの注文画面がわかりやすい
  • パーツのモデル名まで公表している安心感
デメリット
  • それなりのものを使っているので割高
  • ある程度知識がないとパーツ選びが困難

BTOで選ぶイラスト制作用スペックPC5選!

パソコン工房のイラスト制作向けPC

LEVEL-M0B4-R535-RJS
92,378円(税込)
cpu Ryzen5 3500
グラボ GeForce GTX 1660
メモリ 8GB
ストレージ 480GB SATA接続 SSD
ハードディスク なし
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
(DVD±R 2層書込み対応)

入門機としておすすめで、標準装備で10万円以下でも快適に動作し、コスパも良いです。

Ryzen5 3500搭載でCPUは上位のモデル。

購入する場合は、デフォルトではハードディスクがついてないので1TBほどつけることをおすすめ。

ネット見ながら作業するなどのマルチタスクで作業したい場合、メモリが8GBだと少々物足りないかもしれないので、16GBに増設も検討したらいいかもです。

"no-img2″
日時計

コスパは最強!

詳細を公式サイトで確認する↓↓↓
LEVEL-M0B4-R535-RJSの概要
icon

マウスコンピューターのイラスト制作用PC

DAIV A5
135,080円(税込)
cpu Ryzen7 3700X
グラボ GeForce
GTX 1650 SUPER
メモリ 8GB
ストレージ 256GB NVMe接続 SSD
ハードディスク 1TB
光学ドライブ なし

NVMe接続なのでデータの転送、ソフトの起動もスムーズです。

そんなにSSDにソフトなどを入れない場合であれば256GBでも足りますが、たくさん入れる方は余裕を持って500GB以上入れることを推奨します。

"no-img2″
日時計

単純にイラストを描くだけならこれだけのスペックで十分!

先日(2020年8月)マウスコンピューターさんの好意でPCを貸してもらったのでそのモデルのレビュー記事を書きました

このモデルの購入を検討してる方は参考にしてみてください

マウスコンピューターの爆速イラスト制作特化PCのガチレビュー!↓↓↓

爆速注意!マウスコンピューターのイラスト用PCを紹介!
イラストに特化したマウスコンピューターの爆速PC・DAIV A7を紹介!!メーカーさんが記事用にカスタマイズPCを貸してくれたので3週間借りてみっちり使用。イラスト作業の使用感、スペック、マウスコンピューターの諸々を丸裸解説いたします!

詳細を公式サイトで確認する↓↓↓
DAIV A5の概要
icon

ツクモのイラストレーター御用達PC

G-GEAR GA7J-F194/T

BTOパソコン:G-GEAR GA7J-F194/T

GA7J-F194/T
175,780円(税込)
cpu Core i7-9700K
グラボ GeForce
RTX 2070 SUPER
メモリ 16GB
ストレージ 240GB SATA接続 SSD
ハードディスク 1TB HDD
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
(DVD±R 2層書込み対応)

必須ではないですが、電源容量を750wに増やすことをおすすめします。

実際に使用されるのは400wくらいなので足りないわけではないですが電源効率は50%が一番良いため、発熱が少なくなり寿命が伸びます

このスペックを使うとなるとかなりハードに使われる人だと予想されるので、そのくらいほしいですね。

また、これも必須ではないですが発熱が高いのでCPUクーラーも高性能のものに変えるのもgood!と思います。
場合によってはSSDを増設した方がいいですね。

"no-img2″
日時計

プロ向け仕様ですな

詳細を公式サイトで確認する↓↓↓
GA7J-F194/Tの概要

サイコムのイラスト制作に最適PC

サイコムのBTOパソコン:YUKIMARu誕生!

G-Master Spear X570A-Mini Ⅱ
171,270円(税込)
cpu Ryzen5 3600
グラボ Quadro P2200 5GB
メモリ 16GB
ストレージ 512GB SATA接続 SSD
ハードディスク なし
光学ドライブ ASUS
DRW-24D5MT+書込みソフト

サイコムの製品は標準装備だとSSDが512GBと容量が少ないので増やしたいですね。

パーツを良いものに変えたい場合、全く同じくメーカー、ブランド、スペックでも他の製品にした方が安いことが多いのでまずは確認してから変えることをおすすめします。
特にCPUやグラフィックボードを変えたい場合ですね。

サイコムのG-Master Spear X570A-Mini IIは自作PC同様に作られているため、パーツ1つ1つが良い物になっています(BTOはOEM製と呼ばれるパーツを使っており、機能を減らしたりして価格を抑えています)。

そのため、どうしてもコスパは悪くなってしまいますが壊れにくく、BTOの同じスペックのパソコンより性能が高くなります

ケースはおすすめの中では1番静音性が高いです。
汎用性が高いのでゲームやクリエイター活動もとても快適に使えます。

"no-img2″
日時計

我がYUKIMARu(メインPC)!

私はこのパソコンを買ってカスタマイズした結果253,830円でした

サイコムのBTOパソコンのガチレビューは↓↓↓

【ガチレビュー】イラスト制作に特化したサイコムPCを購入!
イラスト制作に特化したサイコムPCの購入後レビュー。自分に甘く人に厳しい日時計が辛口評価…ところが、音が静か!そして、液タブの遅延が解消…!なんだと…デジタル絵描きさん必見!のイラストレーター向けサイコムPC購入後のガチレビューをスタート!

公式サイトで確認する↓↓↓
G-Master Spear X570A-Mini Ⅱの概要

イラストに特化!BTOメーカー・ドスパラ

raytrek ZQ2

BTOパソコン:raytrek ZQ2

raytrek ZQ2
197,978円(税込)
cpu Core i7-10700K
グラボ Quadro P2200 5GB
メモリ 16GB
ストレージ WD 1TB SSD
ハードディスク なし
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
(DVD±R DL 対応)

プロ向けになります。

イラスト以外にも3DCG、動画編集も楽に使えます

余裕があればメモリを32GBにするとさらに使い心地が上がります
このスペックなら大抵のことが快適に動作しますね。

ただ、このスペックを使う人となると容量が1TBだと足りないかもしれませn。

ゲームをしたい場合は向いていません
このPCがゲームに向いていない理由は、グラフィックボードの種類が違うためです。

この記事で紹介しているものはGeForceというものでしたが、この機種はQuadroという製品です。

"no-img2″
天野氏

GeForceはゲーム向けなのでリアルタイムで競うためにいかに早く映像を表示させるかQuadroはいかに正確に映像を表示させるか(OpenGLと言います)というような差

実際にDirectXはフルカラーのRGB各色8bit 、約1677万色ですが、OpenGLはRGB各色10bit、約10億6433万色とより多くの色を表現することができるため、より正確な映像になります。

DirectXは、ハードウェアの機能を呼び出してグラフィックス処理などを高速に実行することに使用される機能

そのため、Quadroはプロのクリエイター向けになります。

"no-img2″
日時計

ゲーム用ではなく
ガチのプロ向けイラスト制作特化PC!

公式サイトで確認する↓↓↓
raytrek ZQ2の概要

イラストの用途で選ぶBTOパソコン機種

イラスト用BTOパソコンを安さで選ぶ!

パソコン工房↓↓↓
LEVEL-M0B4-R535-RJSの概要
icon

プロ仕様のイラスト用BTOパソコンを選ぶ!

ドスパラ↓↓↓
raytrek ZQ2の概要
サイコム↓↓↓
G-Master Spear X570A-Mini Ⅱの概要

長期間使えるBTOパソコンを選ぶ!

ツクモ↓↓↓
G-GEAR GA7J-F194/T
サイコム↓↓↓
G-Master Spear X570A-Mini Ⅱの概要

イラスト&汎用性でBTOパソコンを選ぶ!

マウスコンピューター↓↓↓
DAIV A5の概要
icon

BTOメーカーから選ぶイラスト制作用PC5選!まとめ

  • 電源はgold以上
  • CPUはintel・グラボはNVIDIAが無難
  • サイズはミドルタワーがおすすめ

GeforceもQuadroほどではありませんが、OpenGLは使えるのでドスパラとサイコムのPCで迷ったらGeforceを使っているサイコムのPCで良いと思います。
逆にQuadroはDirectXはかなり苦手としているので汎用性に欠けます。

BTOパソコンの知識なら天野葉月さん

今回のBTOパソコンの記事を書くのに、自分の知識ではいい情報が届けられないということで、先日購入したサイコムPCに続いてまた、ココナラで見つけたパソコンについて詳しい方に協力していただきました

かなりPCについて知っています。
もしBTOパソコンの購入を考えているようなら、協力してもらってはいかがでしょうか

天野葉月さんのサービスは公式サイトで↓↓↓
天野葉月さんの詳細はココナラで

この記事も読まれています

爆速注意!マウスコンピューターのイラスト用PCを紹介!
イラストに特化したマウスコンピューターの爆速PC・DAIV A7を紹介!!メーカーさんが記事用にカスタマイズPCを貸してくれたので3週間借りてみっちり使用。イラスト作業の使用感、スペック、マウスコンピューターの諸々を丸裸解説いたします!
徹底比較!サイコムVSマウスコンピューターはどっちが高スペック?
サイコムとマウスコンピューターのスペックを徹底比較。PC知識は乏しいからPC知識がない人にとって分かりやすいと思う。パーツ、企業の特徴、使用感などを素人目線で解説。辛口日時計が比較後、選んだ高スペックPCはサイコムとマウスコンピューターのどっち⁉

コメント

タイトルとURLをコピーしました