【相場より安い】漫画の料金調査と3つ外注方法を伝授!

漫画料金相場を調査!

こんにちわ。
えでくーです。

  • 漫画の外注っていくらかかるの?
  • 漫画の外注料金の相場を知りたい
  • 格安に依頼したい

初めて外注に依頼してみようかなという場合、怖いですよね。
という声を受けて、えでくーが漫画の外注料金の相場を調査!

一つ一つ丁寧に解説していきますね。

日時計
日時計

格安に依頼できるのは
やっぱりクラウドソーシング!

特にココナラ!

漫画に必要な時間と料金相場

漫画の制作料金の相場は?

えでくーでは、漫画、イラスト、似顔絵、絵コンテなど絵に関する制作サービスを提供しています。
日時計個人としては、10年以上漫画を描いてきたこともあって、制作者目線も踏まえて詳しく切り込んでいきます

この記事では、漫画を描くのにかかる期間、漫画の外注料金の調査結果、広告漫画の成功事例の紹介、漫画の外注料金の相場、安い料金で依頼する方法などを書いています

漫画の外注依頼も請けています。
えでくーの漫画制作サービスの詳細は以下の記事で解説しています。
漫画制作サービス!↓↓↓
企業向け広告漫画の制作ならえでくーに依頼!

漫画の執筆にかかる時間

3Pの執筆期間の目安
資料集め半日
プロットをまとめてネーム半日
下描き半日~1日
ペン入れ1日~1日半
仕上げ(モノクロ)半日
仕上げ(カラー)3日~5日
執筆期間
カラー5日半~8日半
モノクロ3日~5日

絵を描かない人から見たら、サラサラサラサラ~っと書いてるように見えているかもしれませんが、裏では、依頼がきたら1日を資料集めに費やしている人も身近にいます。

絵を描くときには、その対象物の構造がわからないと、描いてもなんだかわからない絵になってしまうんです。

そのため、ここはこうなっているのかなど最低限頭に入れなくてはいけないこともあったりで、よほど描きなれているものじゃないと資料集めの時間は必須です!!

最低でも、モノクロで3日、カラーで5日半はかかってしまうんです。

1P10,000円だとしたら、モノクロだったら1日10,000円、カラーだと1日6,000円…
どうでしょうか?

日時計
日時計

普通の仕事として考えてみて
安いと思わない?

それとも、こういう技術職なんだから、そんなの知るか!でしょうか?

ですので私としては、最低でも1P15,000円はいただかないと厳しいと思っています。

ではこの1P15,000円という費用を踏まえて執筆代行作会社、個人の料金を見ていきましょう。

漫画の依頼時に必要な料金を調査

収益

漫画の代行業者の料金

MDC社
カラー35,000円
モノクロ30,000円
MS社
カラー43,000円
モノクロ35,000円
MDS社
カラー38,000円
モノクロ28,000円
MF社
モノクロ
カラー
30,000円
MP社
カラー42,000円
モノクロ36,000円
TB社
カラー
モノクロ
20,000円
T社
カラー
モノクロ
37,500円
P社
カラー
モノクロ
64,000円
代行業者の平均外注料金
カラー38,687円
モノクロ35,062円

代行業者の外注料金を調査してみたところ、一番高いところで1P64,000円、一番安いところで1P20,000円

漫画の執筆代行会社の料金を平均してみると、モノクロ1P35,062円、カラー1P38,687円

企業で漫画を扱っているような会社だと、どうしても社員の給料、漫画家への外注費に膨大な広告費などかかる費用も大きくなってしまうため、どうしても料金は高くなってしまいます

こういった企業の特徴について以下の記事にまとめましたので興味のある方は読んでみてください。

制作会社への依頼時のメリット・デメリット↓↓↓
漫画の制作を会社に依頼するときのメリット・デメリット!

個人代行の料金

カラー
最安値最高値
8,000円30,000円
モノクロ
最安値最高値
5,000円25,000円
個人の平均外注料金
カラー1P平均13,386円
モノクロ1P平均8,357円

個人の漫画の外注料金を調査してみると、高い方で1Pカラー30,000円、モノクロ25,000円
安い方で1Pカラー8,000円、モノクロ5,000円

個人に漫画家さんに依頼した場合の平均はノクロ1P8,357円、カラー1P13,386円

個人は1万円を切るような料金でサービス提供している人も多いです。

ココナラの代行料金

カラー
最安値最高値
3,000円20,000円
モノクロ
最安値最高値
1,000円10,000円
ココナラの平均外注料金
カラー1P平均8,450円
モノクロ1P平均6,400円

調査してみると、出品者によってかなり価格のばらつきがあって、一番高くて1Pカラー20,000円、モノクロ10,000円
安い方ではカラー3,000円、モノクロ1,000円

平均してみるとモノクロ1P6,400円、カラー1P8,450円

日時計
日時計

通常より安いクラウドソーシングサイトの中でも
ココナラは安い価格設定が多い

ココナラは、おそらく最初のターゲットが女性向けだった印象なので、高額にすると売れないこともあり全体的に安い料金で出品している漫画家さんも多いです。

ランサーズ代行料金

カラー
最安値最高値
5,000円25,000円
モノクロ
最安値最高値
5,000円20,000円
ランサーズの平均外注料金
カラー1P平均15,266円
モノクロ1P平均13,200円

ランサーズの調査結果は、若干ココナラより高いですが、それでも高い方で1Pカラー25,000円、モノクロ20,000円
安い方で1Pカラーモノクロとも5,000円

平均はモノクロ1P13,200円、カラー1P15,266円

ランサーズはココナラとライバル関係にありつつも、クリエイター寄りのサイト構成のため、ココナラより全体的に若干高めの料金相場となっております。

私もよくランサーズを利用しているのですが、その肌感覚としては

日時計
日時計

ココナラより
ランサーズの方が制作物の質は高い!

広告漫画の成功事例を紹介

大失敗したものだけが大成功を収める!

広告漫画の依頼をしたい時に気になるのはその効果でしょう。

広告漫画の効果についてもえでくーでは調査してみました。
そうしたところ驚くべき効果を生み出していた成功事例を発見しました。

旅行業者のHISがYahooで2016年に広告漫画を掲載したところ以下のような結果が出ました

HISの2018年度は過去売上高を達成!

2017年の純利益はHIS史上最高の6,060億2,400万円!
2018年には、なんと2017年をさらに超えて7286億円を突破!

2016年の売上高と比べると実に1.4倍増という営業利益を叩き出しました。

広告漫画の成功を裏付ける力強いデータです。

日時計
日時計

ただ、広告漫画を掲載すれば
全て成功するということではなくあるコツがあったのです

広告漫画と漫画風広告の違い

それは違う

広告漫画と漫画風広告って違うことに気づいていますか?
この二つは似て非なるもの、全くの別物です。

広告漫画とは、ちゃんとキャラを立てて、読者を巻き込むような工夫を凝らした上で、効果的にPRするような内容になっているため、読者を感情移入させることができるため広告として成り立っている漫画です。

漫画風広告は、自分たちのPRしたいことだけを淡々と漫画形式で並べて流れを伝えているだけなので、読者の感情は1mmも動きません
そのため、広告効果期待できません

そのため、せっかく漫画で広告を創りたいという場合は、広告漫画を創るように、依頼主、制作者と密に意見を一致させていいものを創っていくように双方で努めていく努力が必要です。

広告漫画についてもう少し詳しく知りたい方は、以下の記事で、漫画離れの実態、広告漫画と漫画風広告の違い、広告漫画の成功事例など詳細に解説していますので、興味のある方は読んでみてください。

漫画の広告効果の成功事例を紹介!↓↓↓
事例が示す!web漫画の広告の実態と効果を引き出す2つの秘訣

漫画の料金相場と安い外注方法

漫画の外注料金の相場

漫画の執筆代行会社
カラー38,687円
モノクロ35,062円
個人
カラー13,386円
モノクロ8,357円
ココナラ
カラー8,450円
モノクロ6,400円
ランサーズストア
カラー15,266円
モノクロ13,200円
漫画の外注料金の相場
カラー18,947円
モノクロ15,755円

すべての料金を平均してみると、カラー1Pが18,947円、モノクロ1Pが15,755円となりました。

高いでしょうか。
安いでしょうか。

日時計
日時計

効果が出るなら安いもの!

と思われたあなたにはEdecooの漫画執筆サービスをおすすめします!

えでくーの漫画制作サービス!

スタンダード漫画の制作サービス

Edecooの漫画制作実績2
 執筆料金納期
カラー1P30,000円7日
モノクロ1P20,000円5日

Edecooの漫画執筆サービスは1P当たりの料金設定は、カラーが30,000円、モノクロが20,000円で請け負っています。

漫画業界歴も10年以上ですので

日時計
日時計

漫画の外注ならお任せください!

えくでーの漫画制作サービスの詳細は↓↓↓

写真で漫画作成サービス!

のあとゆりのラブストーリー
対象代行料金納期
カラー1P20,000円3日

登場人物、背景などの写真を用意いただくことで、写真を使った効果的な広告漫画が作成できます!!

カラー1P20,000円~請け負っております。

写真で漫画作成サービスの詳細は↓↓↓

漫画動画の制作サービス!

アニメーションの制作ならEdecooに依頼一択!
1分 大体12コマ(動きなし)
仕上げタイプ料金納期
モノクロ36,000円~5日
カラー60,000円~7日
1分 大体12コマ(動きあり)
仕上げタイプ料金納期
モノクロ60,000円~5日
カラー96,000円~7日

依頼内容によって、料金は変動するのですが目安として、1分辺りモノクロ36,000円~、カラー60,000円~請けつけております。

最近、漫画動画が密かなブームなのをご存じでしょうか?

youtubeを観てると流れてきますよね?
アレです。

そんな漫画動画の執筆サービスの詳細は↓↓↓

漫画な3つの安い外注方法

Edecooなら画制作会社より安い!

もっと格安に漫画を依頼する方法が3つあります

えでくー
えでくー

質問、疑問、お見積もり何でも
お気軽にコチラまでご相談ください

1 安い外注方法!

どうしても費用が捻出できない場合は、格安料金で執筆依頼する方法もおすすめしています。

高くて執筆代行会社に依頼できない時におすすめの相場より安い料金で依頼する方法を詳細に解説していますので、参考にしてみてください。

格安に漫画を執筆依頼する方法!↓↓↓

2 クリエイターを紹介!

格安に外注依頼をしたい時におすすめしたいのがココナラです!

ココナラの外注料金相場のとこでも、出てきましたが、ココナラでは1Pカラーで8,450円、モノクロで6,400円

相場よりかなり格安に依頼できます

日時計
日時計

えでくーが
漫画家を調査して厳選!

3,000円~バナー広告を発注できる漫画家8選!↓↓↓

作画の外注ができる漫画家ランキングTOP10!↓↓↓

3 無料⁉格安で漫画化する方法

私が実際漫画化した体験と安い費用で漫画化する7つの秘訣をまとめました。

興味のある方は、以下の記事で、有名漫画家への依頼方法、漫画化の探し方など詳細に解説していますので、是非読んでみてください!

自作小説の漫画化を依頼!↓↓↓

まとめ

  • 漫画を執筆期間は1P3日~5日
  • 漫画の執筆料金は15,000円かかる
  • 漫画の執筆依頼時の料金相場は18,947円
  • 格安に依頼する4つの方法

いかがでしたでしょうか。

漫画を執筆依頼をする時の参考にしていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました