【2万台~】初心者向け13インチ迄の安いおすすめ液タブ6選!

安い液タブを紹介するぜ!

  • 安い液タブが欲しい!
  • 液タブの安いのと高いのはどう違うの?
  • どこで買うのが一番安いの?

今回は初心者、趣味で絵を描く人向けの13インチ位までの小さいの液タブを紹介するよ!

日時計
日時計

えでくーでは絵で稼ぐ情報を発信していることもあり
いつもは大きいサイズをおすすめしているけど今回は初心者向けに特化!

手っ取り早くおすすめ液タブを知りたい人はココをクリック!

初心者向けの安いおすすめ液タブ!の前に

チャンネル名:wacomwcl

えでくーでは、依頼を請けて漫画、イラスト、絵コンテに漫画動画など絵に関するあらゆるものをデジタルで制作している
そんなこともあり、機材をそろえていくうちに少しづつデジタル機器の知識が増えてきたから、そんな知識をみんなで共有していこうと思う

この記事では、液タブの正しい選び方、安いのと高いのはどう違うの?、液タブに必要なスペック、健康的な使い方、ワコムの公式ストアのメリット、ショッピングサイトの価格は変動する、おすすめ液タブTOPについて書いているよ。

良い絵を描くための液タブ選び

  • 細部の描き込みがしやすい
  • 液晶の大きさが作業効率のカギ

良い絵を早く描くには上記の二点にこだわる必要がある

ただ、良い絵を描くのはもちろんだけど、今回は初心者、趣味絵描き向けの安い液タブの良さを伝えていく

細部の描き込みがしやすい

すべての機能が消しゴムになってしまう

上手いな、キレイだなと思う絵を思い浮かべてみるとよくわかると思う
上手い絵だなというのはメリハリがしっかりしている

私はリアル思考だからリアルな絵が上手い絵だと思うことが多い。
そして、上手い絵はしっかり緻密に描き込むところと大雑把に描き込むところのメリハリがしっかりしている

すべてがガッチリ描き込んである絵はいいにはいいのだけど目が疲れてしまう。
長く絵を描いていて思うのは、モノクロ絵だと黒い部分に、リアルな絵だと緻密な部分に目はいきやすい
だから、白っぽい部分は思い切って何も描かずに光の反射として白く残して、黒い部分や細かい部分に力を入れて描くと良い絵として映る

画面の大きな液タブはそんな細部の描き込みがしやすい分、良い絵を描きやすくなる

液晶の大きさが作業効率のカギ

31.5インチの動画編集画面

私は漫画動画や、ホワイトボードアニメーション、パラパラ漫画、ロゴアニメーションなどの動画も制作している
それらの動画はすべてAviutlで創っていた

上記の画像はそのAviutlを31.5インチのモニター一台で映したもの
どうだろう。
31.5インチもあるのに画面がキチキチでしょ

これが小さい画面だと一気に見るには一つ一つのウインドウが小さくなってしまうため、この作業するには他のウインドウを閉じる、こっちの作業するからあのウインドウを開くなど余計な作業が増えてしまう

その点、大きな画面というはいちいち一つのウインドウを閉じて、もう一つのウインドウを開くなどの作業をしなくてもすべてのウインドウを開きっぱなしで全体を見渡せるのだ

つまりこの作業工数を減らせるという点で効率UPのためには大きい画面が有利なのだ。

液タブの大きさにこだわった日時計流の選び方をもう少し知りたい人は、以下の記事で、大きさで選ぶ重要性、液タブメーカーで選ぶ、液タブでイラストを描いたら単価UP、大きさ別おすすめ液タブの紹介などを書いているから、興味があれば読んでみてほしい。

大きさにこだわった液タブの選び方↓↓↓
【絵の単価UP】大きさにこだわった液タブの3つの選び方

イラストソフトの推奨液晶サイズ

ソフト推奨
液晶サイズ
clipstudio1,920px
×
1,080px
photoshop1,280px
×
800px
painter1,280px
×
800
illustraitor1,024px
×
768px
Inkscape1,280px
×
786px

イラストソフトには推奨している液晶サイズがある
このソフトの性能をフルに発揮するにはこのサイズが必要だというもの

先ほどまで液晶は大きいサイズの方が良い絵が描けるよ、効率UPするよと言っていたが、ソフトの推奨しているサイズは最近販売されている液タブほとんどはクリアしている

また、液タブの液晶が大きいということは、手の画面内の移動が大きいということなのだ。
液タブを使っている人の中には、手の移動が大きくなると疲れるから小さい画面の方がいいという人もいる

それも正論。

趣味で楽しむだけなら大きな液タブは必要ないと思う。
そこまで細部の描き込みに力を入れることもないし、自分の画欲を満たせればいいた大きい必然性がない

日時計
日時計

大きな液タブは当然物体としてデカい
そして重い

私は絵を生業としているため机の上に常に液タブを置いている状況が作業環境として適している。
机もそれなりに大きいものを使っていて、机の奥にステンレスだなを置いてその上にモニターを置いているため、作業スペースが十分確保されている。

趣味で描くにはそれだけのスペースを取ってしまうことは生活する上で邪魔だと思う。

ということで、初心者、趣味で楽しむ分には液タブは小さいものを選ぶ方が良い

高いのと安いのどう違うの?

  • 4K(3,860px × 2,160px)対応
  • マルチタッチ機能の有無
  • 応答速度の速さ

主要液タブメーカーでは、無印版とPro版で価格が違う
わかりやすく言うとPro版という位だからプロ仕様だから高い

この記事では、一番Pro版と性能が違うCintiqとProの違いで解説していく

4K(3,860px × 2,160px)対応

Cintiq Pro16、24、32は全て4K対応

液晶業界は、その先に個人的にあまり意味はないだろうなと思っているが、キレイ、高解像度に突き進んでいっている。
今4K対応している液タブはワコムのCintiq Proしかないけど、そのうち台湾、中国メーカーもみんな4Kの液タブを販売していくだろう。

先日、4Kの液タブの使用者の面白いtweetを見つけたので紹介する。

やっぱり大きいは正義だけど大きすぎると今まで見えなかったものも見えてくる
これをさらに良い絵が描ける!ととるか、そこまで精密な絵の質は求めないとなるのかは個人の絵のテイストによって違うだろう。

日時計
日時計

といいつつ
次液タブを購入する時はCintiq Pro24の予定だけど

マルチタッチ機能の有無

上の動画でもわかる通り、マルチタッチ機能は指でズームしたり、回転させたりできる便利な機能

私が今使用しているHuionの液タブだと拡大いしたい時にはナビゲーター(Photohop)で拡大、回転させたい時にはツールバーの回転アイコンで操作している
全てペンを持っている手で操作しているのだ。

それが、このマルチタッチ機能があると、ペンを持つ手はそのままで、逆の手でそれらの操作ができるためペンの持ち手は常に絵を描くスタンバイができている
これは作業効率上かなり重要な点だ。

応答速度の速さ

One1326ms
Cintiq
1625ms
2222ms
Cintiq Pro
1625ms
2414ms
328ms

上の表は応答速度の速さを各モデルで比較したもの

応答速度は”液タブの遅延”に大きく関わっている
この数値が低ければ低いほど遅延はなくなる

とはいえ、この遅延は液タブだけではなく、パソコンのスペック、使用しているソフトなど色々なものが絡んでくるため、液タブの応答速度が速いからといって必ず液タブの遅延がなくなる訳ではない

日時計
日時計

私も2012年に購入したDELLパソコンでは
ペンの遅延があったがサイコムPCを新調してから解消された

ペンの遅延はパソコンのスペックによるところが大きい

といっても、DELLパソコンは購入から7年経過していたため速度の劣化によることが大きいため、DELLパソコンが悪いわけではない。

ということで、液タブの応答速度が速いのに、ペンが遅延する…という人はパソコンのスペックを疑った方が良い
どうしても解消したいとなると、対象パーツの交換か、パソコンの新調が必要

液タブの値段の違いについてもう少し知りたい人は、以下の記事で、ワコムのCintiqとProの違い、HuionのKamvasとProの違い、XP-PenのArtistのProの違い、Artisulの無印とProの違い、各社液タブを徹底比較、インチ別おすすめ液タブの紹介などを書いているから、興味があれば読んでみてね。

液タブの安いのと高いのどう違うの?↓↓↓
【徹底検証】液タブの値段が安いのと高いのはどこが違うの?

液タブに必要なスペック

CPUintel Core
i3 8世代(8,000番台)
i5 6世代(6,000番台)
i7 4世代(4,000番台)
Ryzen3 3世代(3,000番台)
メモリ8GB
ストレージ240GB SSD
グラボGeForce GTX1050~

上記は液タブに必要なパソコンスペック
正確にはイラストソフトに必要なスペックだ。

液タブだけあっても絵は描けない
絵を描くためには、クリスタなり、Photoshopなりのイラストソフトが必要になる。

もちろん液タブを使用するのに最低限必要なスペックというものはあるが、最近BTOメーカーで売られているパソコンはそのスペックを搭載している。
そのため、自分のパソコンで液タブ使えるのかなと見る場合は、使用したい、使用しているソフトのスペックを知る必要がある

上述したように、液タブのペンの遅延は、パソコンのスペックの場合もあるし、ソフトの場合もある、色々調査して、ソフトを変える、パソコンを購入するなど自分にとって最適な選択をして欲しい

イラストソフトのスペックについてもう少し知りたい人は、以下の記事で、必要なデジタル環境、イラストソフト紹介、機能・スペック・バージョンアップ頻度・口コミ・メジャー度の比較、クリスタ等の使用感、おすすめソフトランキングなどを詳細に解説してるから、ソフトの検討の際に参考にして欲しい。

クリスタ・saiなど類似ソフトを徹底比較!↓↓↓
【徹底比較】クリスタ・saiなど自分の画風で選ぶ類似ソフト6選!

間違った姿勢はヘルニアの危険!

腰痛改善に最適な作業環境

液タブを使用するためには上記のように、前傾姿勢にならずに背筋をまっすぐ伸ばし、足が地面についている、肘を置く場所があるという点を注意して姿勢を創る必要がある

大切なのはこの姿勢になったときにどこの筋肉にも力の入っていないということを意識することだ。

前傾姿勢になってしまうと私のように首のヘルニア一歩手前など利き腕の肩の激痛、利き腕の二の腕のシビレなどの障害が出てくることになる

前傾姿勢が一番危険

立位時の腰への負担グラフ

上記は、スウェーデンのナッケムソンという人が出した日常生活で腰に与える負荷を数値化したもの

座った前傾姿勢が一番腰への負担が大きい
この場合、腰への負担となっているが、私は液タブ導入から三か月後、まず肩が痛くなってきたなと思ったら眠れないほどの激痛、さらに二の腕のシビレ…

病院嫌いだったけどどうにも我慢できなくなり病院で診察を受けてみると、首のヘルニア一歩手前まで言っていた
その時に、色々疑問に思ったことを聞いてさっそくその日に作業環境を整えて正しい姿勢で作業し始めて現在に至る

それから今(3年後の2021年4月)まで肩の痛みは出てきていない

日時計
日時計

とはいえ首のヘルニアという
核は持っている

進行をストップさせているだけ

だから、健康的に使用するには常に姿勢に気を配ろう

その正しい作業姿勢を創るために元からついている簡易的なスタンドではなく、角度を自由に調整できるちゃんとしたスタンドが必要

ワコムの公式ストアのメリット

ワコムストアは限定商品盛り沢山!

ワコムの液タブを購入する時Amazonなどのショッピングサイトかワコムストアかは考える必要がある

上記はワコムストアの液タブの商品一覧
商品の左上に青丸があるでしょ?
この青丸の中にはストア限定と書いていあって、その名の通りストアでしか販売されていない限定のセット商品が存在する

スタンド&クリスタの限定セット

ワコムストアにはクリスタPro(3か月ライセンス)やAdobe Premiere Rush(2か月ライセンス)などのストアだけの限定セットが販売されている

クリスタは説明するまでもないことだけど、漫画、イラストが効率的に描ける機能が盛りだくさんの漫画作成ソフト。
Adobe Premiere RushはPremiereの簡易版で簡単な動画編集ができるソフト。
また、三菱鉛筆とコラボしたデジタル鉛筆Hi-uni DEGITALもセットになった商品がある

ショッピングサイトの価格は変動する

えでくーなら画制作会社より安い!

以前からAmazonってものすごい高いときあるなと思っていたから、クリスタProとEXをAmazon、楽天、Yahooショッピングで価格を追ってみたことがある

1月29日(これがベース価格とする)。

AmazonはPro7,100円、EX28,564円
楽天はPro7,890円、EX28,115円
YahooショッピングはPro8,198円、EX2,8115円

その後価格を追っていくと以下の通りの変動があった。

Amazonでは2月12日に8,430円
EXはあまり変動なし。

楽天では2月12日に9,280円
EXは2月18日に31,110円

Yahooショッピングは、2月15日にPro9,976円、EX37,400円だった。

日時計
日時計

Amazonの差額はPro1,330円
楽天のProの差額1,390円
EX2,540円
Yahooショッピングの差額はPro1,780円
EX9,285円

それぞれ1,000円~2,000円の変動はあるけど、一番大きい変動があったのはYahooショッピングのEXで9,285円

少しでも安く購入したい場合は、最低でもAmazon、楽天、Yahooショッピング全て価格比較した方がいい

初心者向け液タブのおすすめランキング!

厳選した四メーカーの液タブを紹介してるよ。

安全安心を求めるならワコムかARTISUL
くて高品質を求めるならHuionかXP-Pen。

お買い得で高品質ならワコム One13

液タブランキングTOP6!

第六位 Artisul D13S

Artisulの液タブ13.3インチ:D13S
品名D13S
生産国台湾
画面サイズ13.3インチ
29.4㎝×16.6㎝
スタンド付属
接続HDMI
USB
備考充電不要ペン
取扱日2020/01/07
28,799円~34,992円(税込,2021/04)

第五位 Kamvas Pro 12

huionの液タブ:Kamvas Pro12
品名Kamvas Pro12
生産国中国
画面サイズ11.6インチ
29.4㎝ × 16.6㎝
スタンド付属
接続3in1ケーブル
USB TypeC
備考ショートカットキーあり
充電不要ペン
取扱日2018/11/01
27,999円~35,400円(税込,2021/04)

第四位 Kamvas Pro 13

huionの液タブ:Kamvas Pro13
品名Kamvas Pro13
生産国中国
画面サイズ13.3インチ
29.4㎝ × 16.6㎝
スタンド付属
接続3in1ケーブル
USB TypeC
備考ショートカットキーあり
充電不要ペン
取扱日2018/08/05
34,385円~40,791円(税込,2021/04)

第三位 Artist 13.3 Pro

XP-PenのArtist13.3 Pro
品名Artist 13.3 Pro
生産国中国
画面サイズ13.3インチ
29.4㎝×16.6㎝
スタンドスタンド同梱
接続HDMI
備考ショートカットキーあり
取扱日2020/10/26
31,433円~36,980円(税込,2021/4)

第二位 Artist 12 Pro

XP-Penの高評価液タブ:Artist12Pro
品名Artist 12 Pro
生産国中国
画面サイズ11.6インチ
25.7㎝ × 14.4㎝
スタンド付属
接続HDMI
備考ショートカットキーあり
取扱日2019/08/05
29,700円~35,750円(税込,2021/4)

第一位 Wacom One 13

ワコムのOne 13
品名DTC133W1D
生産国日本
画面サイズ13.3インチ
29.4㎝×16.6㎝
スタンド簡易スタンド
接続HDMI
USB
備考充電不要ペン
取扱日2020/01/07
日時計
日時計

ワコムの液タブは高くて有名だけど
このサイズだと他社液タブと価格は変わらない

38,076円~44,000円(税込,2021/04)

他のおすすめ液タブも紹介!

えでくーでは、液タブを他にもたくさん紹介しているよ。

16インチサイズの液タブ!↓↓↓

22インチ~の大きいおすすめ液タブ!↓↓↓

世界シェアNO.1の日本製液タブ!↓↓↓

Huionの高評価液タブ!↓↓↓

XP-Penの低価格液タブ!↓↓↓

まとめ

  • 初心者・趣味なら13インチがおすすめ!
  • 正しい姿勢を創るにはスタンド必須!
  • ワコムでも13インチなら価格差はない!

初心者・趣味向けの12~13インチの液タブの紹介。

液タブの検討材料にしてもらえれば嬉しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました