【3万円台~】16インチ~のお手頃サイズの液タブTOP7!

お手頃な16インチ~の液タブを紹介!

こんにちわ。
えでくーです。

  • 16インチの液タブってどうなの?
  • 液タブの選び方を教えて!
  • どこで買うのが一番安いの?

今メーカーから大きさも価格も色々販売されてるけど、お買い得なモデルが多いのはこの16~20インチの中型サイズ

日時計
日時計

おすすめは

手っ取り早くおすすめの液タブを知りたい人は
ココをクリック!

16インチ~のサイズの液タブ購入前のおさらい

チャンネル名:ラズメ倶楽部

えでくーでは、依頼を請けて漫画、イラスト、似顔絵、漫画動画やロゴアニメーションなどパソコンを使って制作している
だから、少しでも良い絵を描けるように勉強していったから、そんなデジタル知識をみんなで共有したい

この記事では、液タブの選び方、液タブの安い高いのの違い、液タブに必要なスペック、正しい姿勢で使わないと危険、ショッピングサイトの価格は変動する、16~20インチのおすすめ液タブTOPについて書いているよ。

大きいサイズの液タブを選ぶ理由

  • 細部の描き込みがしやすい
  • サイズが作業効率UPのカギ

わたくし日時計が大きい液タブを薦める理由はこの二点

一つ一つ解説していく。

細部の描き込みがしやすい

液タブを体験

自分が良い絵を見た時のことを思い出してほしい
良い絵とは細部が緻密に描き込まれている絵だと思う

私が上手いなと思う絵はリアルな絵なことが多い
リアルな絵というは、すべてが緻密な絵もすごいとは思うのだけど、もっと良い絵は力を入れる部分と力を抜く部分を知っている人の絵

白い部分は思い切って白く残して、緻密なところは徹底的に緻密に描いていく
目というのは不思議なもので、モノクロ絵だったら黒い所、カラー絵だったら密度の高い所(緻密に描き込んだ部分)に目がいく
だから、上手く魅せるためにはこういったメリハリを聞かせて魅せたい部分に力を入れる方が絵を上手く魅せることができる

その細部の描き込みをしやすいのが液晶画面が大きい液タブなのだ。

サイズが作業効率UPのカギ

31.5インチの動画編集画面

上記は31.5インチのモニターに動画編集ソフト(Aviutl)を一画面で表示した時のもの
31.5インチもあるのにかなりキチキチ
これが小さい画面だとさらに一つ一つのウインドウが小さく見ずらい

何か参考資料をみながら絵を描くときはどうしているだろうか
紙をパソコンの横に立ててみながら描くそれもいいだろう
でも、これだと若干顔の動きが必要になる

一方、液晶画面が広いと液晶画面の中に描いてる手元に参考画像を置くことで目の移動どころか、描いてる絵と参考画像を一緒に見ながら絵が描けるため、顔の移動分の作業を削減できる

小さなことだと思うけど、絵をずっと描いていくことを考えるとこういった小さい時間を削減し続けていくことで作業効率UPにつながるのだ。

日時計
日時計

塵も積もれば山となる
とはこのこと

液タブの選び方についてもう少し知りたい人は、以下の記事で、液タブでイラストを描いたら単価がUP、インチ・メーカー別おすすめ液タブの紹介などを詳しく解説してるから、興味があれば読んでみてね。

大きさにこだわった日時計流液タブの選び方↓↓↓
【絵の単価UP】大きさにこだわった液タブの3つの選び方

安いものと高いものの違い

  • 4K(3,840px × 2,160px)対応
  • マルチタッチ機能の有無
  • 応答速度の速さ

HuionだったらKamvasとKamvasとPro、XP-PenだったらAritistとArtist Pro、Artisulだったら無印とProだったりで値段が違う

今回は、無印とProの違いが一番わかりやすいCintiqとCintiq Proの違いを解説していく

4K(3,840px × 2,160px)対応

CintiqとCintiq Proの大きな違いはこの4K対応だ。

Cintiq Pro16、24、32は市販されている液タブの中では唯一の4K対応モデル
大きい画面だと細部の描き込みがしやすいことは上述したが、4Kになるとさらに細部の細かいピクセルまで見えてくるため、もっと緻密な描き込みがしやすくなる。

ただ、実際に4Kを持っている絵描きのtwitter民の声でこんなものがあったので紹介する。

大きい画面はたしかにおすすめだけど、過ぎたるは猶及ばざるが如しなのかもしれない
ここはまだ未経験の未開の地。

日時計
日時計

と言いつつ
次液タブを購入するなら
Cintiq Pro24

新宿にwacomショップあるから行ってみようかな

液タブを4Kのものを購入してもパソコンが対応できる出力機能を持っていないといけないため、4K液タブが欲しい人は購入前にしっかり調べようね。

マルチタッチ機能の有無

チャンネル名:gigazine

上記の動画の通り、拡大縮小などのズームや、回転などが指で操作ができる
これを初めて知ったときビックリした!
ここまで来たのか…と。

これはみんなが思ってるよりスゴいことだよ!
だって、作業効率がUPするってことだから

今使っている液タブにはマルチタッチ機能どころかショートカットキーもない
だから、ズームや回転などはペンでアイコンを操作している

それが、ペンの持ち手以外の手でできるってことだから、常にペンの持ち手は絵を描くスタンバイ状態
作業効率UPのためにはこのマルチタッチ機能は是非欲しい機能!

応答速度の速さ

One1326ms
Cintiq
1625ms
2222ms
Cintiq Pro
1625ms
2414ms
328ms

この応答速度の早さは”ペンの遅延”に大きく関わっている
この数値が小さければ小さいほどペンの反応が速くなるのだ。

ただ、この液タブのペンの遅延は液タブの機能だけの問題ではなく、パソコンのスペックだったり、使用しているソフトだったりと色んな要因が絡まっているため、いくら応答速度が速くてもペンの遅延が起こってしまうことはよくある

液タブのペンの滑らかさ、拡大縮小を担当しているのがCPU、映像面を担当しているのがグラボになる

応答速度が速いのにペンの遅延が解消しない場合、パソコンのスペックの問題なことが多い
どうしてもペンの遅延を解消したいとなると、対象パーツの交換やパソコンの新調が必要

液タブに必要なスペック

CPUintel Core
i3 8世代(8,000番台)
i5 6世代(6,000番台)
i7 4世代(4,000番台)
Ryzen3 3世代(3,000番台)
メモリ8GB
ストレージ240GB SSD
グラボGeForce GTX1050~

上記は液タブに必要なスペック
正確にはイラストソフトを使用するのに必要なスペックだ。

液タブは液タブだけあっても絵は描けない
イラストソフトを使用して絵が描けるようになる

BTOメーカーで販売されているパソコンならほとんどのモデルは液タブは問題なく使用できる

ペンの遅延という視点で考えてみると、パソコンを購入して何年経過しているか、持っているパソコンは上記のスペックを満たしているかが問題

といっても、上記のスペックはイラストソフトを使うのに最低限必要なスペックのため、ソフトの中でも重めのPhotoshopやPainterなどだと遅延する可能性は高い

イラストソフトに必要なスペックなどもう少し知りたい人は、以下の記事で、必要なデジタル環境、イラストソフトの紹介、機能・スペック・バージョンアップ頻度・口コミ・メジャー度の比較、クリスタ等の使用感、おすすめソフトランキングなどを詳しく解説してるから、参考にして欲しい。

クリスタ・saiなど類似ソフトを徹底比較!↓↓↓
【徹底比較】クリスタ・saiなど自分の画風で選ぶ類似ソフト6選!

液タブの作業姿勢を間違うと危険!

腰痛改善に最適な作業環境

上記のように、背筋をまっすぐ伸ばしす、足が地面につく、肘を置く場所があるこの姿勢が正しい作業姿勢

前傾姿勢で常に絵を描いているなら至急作業姿勢を改善した方が良い
長期間続けると私のように首のヘルニア一歩手前まで悪化…もしくはヘルニアが発症してしまうことになる

危険な作業姿勢

立位時の腰への負担グラフ

上記はスウェーデンのナッケムソンという人の出した日常生活が腰に与える負荷を数値化したもの

座った前傾姿勢が一番腰への負担が大きい
逆に日常生活の中では立っている状態が一番腰への負担が少ない
先ほどの正しい姿勢は座ったときに立った姿勢を維持できる姿勢なのだ。

私の場合は同じ前傾姿勢でも腰ではなく首のヘルニア一歩手前まで行ってしまった

まずペンを持っている側の肩の痛みがだんだん激しくなりついに眠れないほどの激痛…
さらに二の腕がつねに痺れてきた

病院嫌いだったが、自力ではどうしようもなくなって診察を受けてみたところ”首のヘルニア一歩手前”ということだった
その時に、色々話を聞いて話を聞きながら自分なりの対処法を思いついたため、もう病院は必要ないと思って、その日から作業環境を改善して今に至る

それ以来肩の痛みも首の痛みも完全になくなった

日時計
日時計

ただし核は持っている
姿勢に気をつけなければいつ進行してもおかしくない

こうならないために、作業姿勢には十分気を付けた方が良い

そして、その作業姿勢を保つために必要なのがスタンドなのだ
液タブの中にはスタンドがついていないものがある。
ついていても20°、40°などつけられる角度も少ない簡易スタンドのようなものだったり。

スタンドはしっかり高角度が付けられたり、自由に角度が付けられるちゃんとしたものをちゃんと購入することをおすすめする

この液タブの作業姿勢によって首のヘルニアの一歩手前まで行ってしまった経験を記事化した
この体験に興味のある人は、メニューの中にある漫画家の健康についての中の”液タブは肩こりの原因”に詳しく描いているから読んで参考にして欲しい

ショッピングサイトの価格は変動する

Amazonって価格が変動してない?
そう思った人も多いと思う。

私もそう思った一人。
ということで、以前クリスタ ProとEXの値段をAmazon、楽天、Yahooショッピングで追ってみたところ以下のような結果が得られたから見てほしい

1月29日(これがベース価格とする)。

AmazonはPro7,100円、EX28,564円
楽天はPro7890円、EX28,115円
YahooショッピングはPro8,198円、EX28,115円

ほぼ1か月価格の変動を追ってみたのが以下のもの。

Amazonでは2月12日に8,430円
EXはあまり変動せず。

楽天では2月12日に9,280円
EXは2月18日に31,110円

Yahooショッピングは、2月15日にPro9,976円、EX37,400円

日時計
日時計

Amazonの差額はPro1,330円

楽天のProの差額1,390円
EX2,540円

Yahooショッピングの差額はPro1,780円
EX9,285円

大体1,000~2,000円位の上下変動がある。
その中でも一番変動が大きかったのはYahooショッピングのEXで9,285円もの差が。

ということで、少しでも安く購入したい場合は少なくともAmazon、楽天、Yahooショッピングの価格を比較してみることをおすすめする。

16インチ~サイズの液タブを紹介!

液タブは大きなものの方が良い絵が描けるという話を上述してきたが、大きい液タブのデメリットもある

日時計
日時計

デカいということ

絵を生業としてるなら机の上は液タブを置きっぱなしにできるけど、趣味で絵を描くとなった場合そこまで大きな液タブだと大きくて重いため、いちいち設置したりどけたりの手間が面倒

そして、液タブが大きいということは画面内の手の移動も大きくなり効率も下がるという側面も持っている

ここらへんは使用する個人が自分の置かれている環境、趣味で絵を描く、プロのイラストレーターを目指して絵を描くなど色々な面で考慮してほしい

そして、16~20インチの中型液タブは液晶が小さくなる分私がおすすめしている22~24インチより安いというメリットも大きい

おすすめ液タブTOP7!

第七位 Huion Kamvas Pro 16

HUIONの液タブ KamvasPro16
品名Kamvas Pro16
生産国中国
画面サイズ15.6インチ
34.4㎝ × 19.4㎝
スタンドありとなしで5,000円位の差額
接続3in1ケーブル
HDMI
備考ショートカットキーあり
充電不要ペン
取扱日2017/11/30
44,800円~53,269円(税込,2021/04)

第六位 XP-Pen Artist 15.6

XP-PenのArtist 15.6
品名Artist 15.6
生産国中国
画面サイズ15.6インチ
34.5㎝ × 19.4㎝
スタンド付属なし
別売り
接続HDMI
USB TypeC
備考ショートカットキーあり
VESA規格対応100㎜ × 100㎜
取扱日2017/11/27
32,970円~37,980円(税込,2021/4)

第五位 ワコム Cintiq 16

ワコムのCintiq 16
品名DTK1660K0D
生産国日本
画面サイズ15.6インチ
34.4㎝ × 19.5㎝
スタンド簡易スタンド
接続3 in 1ケーブル
(HDMI、USB)
備考充電不要ペン
取扱日2019/01/08
日時計
日時計

公式のワコムストアだと公式限定の
Orbital2とかクリスタのセット商品があるよ

66,185円~78,100円(税込,2021/04)

第四位 ワコム Cintiq Pro16

ワコムのCintiq Pro 16
品名TDTH-1620/AK0
生産国日本
画面サイズ15.6インチ
34.4㎝ × 19.48㎝
スタンド別売り
接続HDMI
MiniDP
USB TypeC
備考4K(3,840px × 2,160px)
取扱日2020/06/17
日時計
日時計

公式のワコムストアだとストア限定の
通常別売りのスタンドセットとかクリスタのセット商品があるよ

166,182円~184,800円(税込,2021/04)

第三位 Huion Kamvas Pro 20

huionの液タブ:Kamvas Pro20 2021
品名Kamvas Pro20
生産国中国
画面サイズ19.5インチ
43.2㎝ × 24.3㎝
スタンド一体型
接続DisplayPort
HDMI
VGA
備考ショートカットキーあり
充電不要ペン
取扱日2020/03/26
45,599円~69,408円(税込,2021/04)

第二位 XP-Pen Innovator 16

XP-PenのInnovator-16
品名ID160F
生産国中国
画面サイズ15.6インチ
34.4㎝ × 19.48㎝
スタンド付属
接続HDMI
備考ショートカットキーあり
取扱日2020/06/17
59,800円~59,900円(税込,2021/4)

第一位 Artisul D16PRO

ArtisulのD16Pro
品名D16PRO
生産国台湾
画面サイズ15.6インチ
34.5㎝ × 19.4㎝
スタンド付属
接続2in1ケーブル
USB TypeC
備考ショートカットキーあり
充電不要ペン
取扱日2019/07/30
39,389円~44,999円(税込,2021/04)

その他の厳選液タブを紹介!

えでくーでは、他にもインチ別、メーカー別におすすめ液タブを紹介してるよ。

13インチまでの安いおすすめ液タブ!↓↓↓

22インチ以上の液タブを紹介!↓↓↓

安全な日本製メーカーの液タブを紹介!↓↓↓

Huionの高評価の液タブを紹介!↓↓↓

XP-Penの低価格の液タブを紹介!↓↓↓

まとめ

  • 液タブはなるべく大きなものを選ぶ!
  • 4K液タブならCintiq Pro16!
  • 正しい姿勢で作業するにはスタンド必須!
  • ショッピングサイトの価格は変動する!

液タブ購入の際の参考にしてもらえると嬉しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました