【二万円台~】Artisulの高評価な液タブ2021TOP3!

スポンサードリンク

台湾製の液タブを紹介!

こんにちわ。
えでくーです。

  • 安い液タブが欲しい!
  • 中国製は怖い…
  • wacomには手が出ない…

などなど。
液タブって主にアジアでしか作られていません。
そしてなんと、液タブ世界シェア90%の企業が日本にあるwacomです

そんなこともあってか、wacomってビックリするほど高価で、趣味で絵を描く人にとってはかなりハードルの高い買い物となります

そこで私が紹介したいのは、台湾メーカーのArtisulです。

えでくー
えでくー

wacomに手が出ない人
趣味で絵を描きたい人にガチでおすすめのArtsul

手っ取り早くランキングを見たい人はココをクリック!

Artisulの高評価液タブをおさらい

チャンネル名:megumi sakaue

えでくーでは、絵で稼ぐ方法、おすすめデッサン人形、PCの選び方、おすすめモニター紹介など絵描き向けに有益情報を発信しています

この記事では、液タブの選び方、必要なスペック、無印とProの違い、ソフトに適した液晶サイズ、ショッピングサイトの価格は変動するなどについて、詳しく解説しています

液タブは大きいものを選べ!

  • 細部の描き込みがしやすい
  • 液晶の大きさが作業効率のカギ

液タブは大きいものを選んだ方が良い理由が上記の二つになります。

では、一つ一つ解説していきますね。

細部の描き込みがしやすい

画面が大きい方が、拡大した時に作業スペースも大きくなるため、ペン入れ着色などがしやすくなります

カッコよくキマってる絵って、細部の描き込みがきっちりしているもの。
大雑把なところは大雑把に、決めるところは緻密にしっかりとすることで絵が生き生きしてきます。

液晶の大きさが作業効率のカギ

31.5インチの動画編集画面

上記は、31.5インチのメインモニターでAviutlを一画面で開いてみたもの
31.5インチあっても、画面内はパンパン

画面が小さいと一つのウインドウを閉じて~などをやってから作業するなどすることになるため作業効率も落ちてしまいます

そのため、液タブはなるべく大きなものを選んだ方が良いです。
おすすめのサイズは22~24インチ位

液タブの正しい選び方についてもう少し知りたい方は、以下の記事で、液タブを大きさで選ぶ重要性、メーカーでの選び方、液タブでイラストを書いたら単価がUPした話、健康的な液タブの使い方などを詳しく解説しているので、購入前に是非押さえておいてください。

液タブの大きさにこだわった選び方↓↓↓
【絵の単価UP】大きさにこだわった液タブの3つの選び方

液タブに必要なスペック

CPUintel Core
i3 8世代(8,000番台)
i5 6世代(6,000番台)
i7 4世代(4,000番台)
Ryzen3 3世代(3,000番台)
メモリ8GB
ストレージ240GB SSD
グラボGeForce GTX1050~

液タブには適したスペックを搭載している方がスムーズな描き心地になります
正確にはイラストソフトの必要最低限のスペックということなのですが。

液タブのペンの滑らかさ、拡大縮小などはCPU、描画などの映像面はグラボが担当しています

最近BTOパソコンメーカーで販売しているパソコンはこれらのスペックを満たしていることが多いので、新しくパソコンを購入するする時はそれほど気にしなくても大丈夫です

問題なのは、以前から使用しているパソコンが購入から何年経過しているか、元々搭載しているスペックが液タブ、イラストソフトの仕様に耐えられるかどうかです。

液タブを買ったはいいけど、動きが鈍い…という場合はパソコンのスペックが原因のことも多いです。
現に私も、2019年にパソコンを新調するまで動きが鈍かったです。

液タブに適したスペック、デジ絵に適したスペックについてもう少し知りたい方は、以下の記事で、必要なスペック早見表、各パーツの役割、各種ソフト別スペック、クリエイター向けPCでBTOを進める理由、おすすめパソコン4選などを詳細に解説しているので、興味がある方は覗いてみてください。

液タブの安いのと高いのはどう違う?

ショート
カット
応答
速度
マルチ
タッチ
フルラミ
ネーション
色域
D13S6+1---×---AdobeRGB
75%
28,799円~34,992円(税込,2021/04)
D166+1---×---AdobeRGB
76%
31,949円~53,530円(税込,2021/04)
D16PRO8+1---×---AdobeRGB
90%
39,999円~44,999円(税込,2021/04)
D22S×---×---AdobeRGB
76%
44,999円~53,249円(税込,2021/04)

Artisulの液タブを比較してみると、D16PROだけが唯一AdobeRGB90%なのが分かりますね。

モニター、スマホ、タブレットなど色々なメーカーがあって、それぞれ特色も目指しているところも違うため、世の中全てのモニターで同じ色味で表現することは不可能に近いです。

カラー原稿をやるためにはなるべく、世界標準となりつつある色域AdobeRGBの%が高いものを選ぶ方が他のモニターで見た場合も自分のモニターで見た時との差異が少なくなります

wacom、huion、xp-penなどその他の液タブの違いも知りたい方は、以下の記事で、各メーカーの違い、液タブの機能徹底比較一覧表などを丁寧に解説しているので、興味のある方は確認してみてください。

液タブの値段の違いを具体的に解説!↓↓↓
【徹底検証】液タブの値段が安いのと高いのはどこが違うの?

液タブはスタンド必須!

液タブはスタンド必須です!!

私の実体験をお伝えしますね。

HUIONの液タブのスペース確保

2017年に液タブを導入して到着の瞬間からフルデジタル化しました。
21.5インチのものだったので置き場所に困ってとりあえずメインモニターの近くに置いて作業をしていました。

フルデジタル化してから3か月後、肩こりが酷くなってきてだんだん痛みが増してきました
日に日に痛みも増していって眠れないほどの激痛になってきてたまらなくなり、大嫌いだけど仕方なく病院で診てもらうことにしました

診断の結果は”ヘルニア一歩手前

肩が痛いと思っていたのが実は首が痛かったのでした。

骨の形は四角が正常の形

通常は首の骨はこんな感じで四角いのですが、私の首の骨は尖ってきているということでした。
それはずっと前傾姿勢で作業をしていたことが原因
でした。

骨が尖ってくると身体の不調が現れる

病院の先生、院内にマッサージとか治療するところもあって、マッサージしてくれているスタッフに色々聞いて自分なりの対策を思いついた為、もう病院には来なくていいやと、その日から机と椅子など作業環境を整えました

いい姿勢とは

作業環境を整えてから首、肩の痛みも引いていって6か月後には完全に痛みはなくなりました
痛みが引くのは1週間位で引きましたので、作業環境を整えるだけですぐに効果は出てきますので、肩が痛いな、首が痛いなという人は試してみてはいかがでしょうか。

液タブを導入する際には、机、椅子、スタンドをフル活用して正しい姿勢で作業しましょう

えでくー
えでくー

とはいえ
首のヘルニアという核はもっているから姿勢には常に注意をしてる

ショッピングサイトの価格は変動する

えでくーなら画制作会社より安い!

Amazonの価格って前見た時と違う…
そう思ったことありませんか?

私もそう思ったので価格を約一か月調査してみました
今回調査した商品は、CLIP STUDIO PROとEXです。

1月29日のそれぞれの価格をベースとします。

AmazonはPro7,100円、EX28,564円
楽天はPro7,890円、EX28,115円
YahooショッピングはPro8,198円、EX28,115円

AmazonはProが2月12日に8,430円
EXはあまり変動しませんでした。

楽天はProが9,280円
EXは2月18日に31,110円

Yahooショッピングは、Proが9,976円
EXが37,400円

えでくー
えでくー

Amazonの差額はPro1,330円

楽天の差異はPro1,390円
EX2,540円

Yahooショッピングの差異はPro1,780円
EX9,285円

大体1,000~2,000円の変動がありました
中でも一番変動が大きかったのは、YahooショッピングのEXで9,285円

という調査結果になりました。
少しでも安く購入したい方は、一応他のショッピングサイトも覗いてみることをおすすめします

Artisulの高評価の液タブと他社のおすすめ!

これから、Artisulのおすすめの液タブをランキング形式で紹介していきます。

知名度は低いですけど、口コミもなかなかいいですよ!

液タブランキングTOP3!

第三位 Artisul D13S

Artisulの液タブ13.3インチ:D13S
品名D22S
画面サイズ13.3インチ
29.4㎝ × 16.6㎝
色域AdobeRG75%
スタンド付属
接続HDMI
USB
備考充電不要ペン
取扱日2020/04/07
28,799円~36,858円(税込 2021/08)

第二位 Artisul D22S

ArtisulのD22S
品名D22S
画面サイズ21.5インチ
47.6㎝ × 26.8㎝
色域AdobeRG76%
スタンド一体型
接続HDMI
VGA
DVI
備考充電不要ペン
VESA対応
取扱日2019/05/30
44,999円~56,398円(税込 2021/08)

第一位 Artisul D16Pro

ArtisulのD16Pro
品名D16Pro
画面サイズ15.6インチ
34.5㎝ × 19.4㎝
色域AdobeRG90%
スタンド一体型
接続HDMI
備考ショートカットキーあり
充電不要ペン
VESA対応
取扱日2019/07/30
39,999円~46,498円(税込 2021/08)

他社のおすすめ液タブを紹介!

他にもおすすめの液タブを紹介します。

サイズ別、メーカー別におすすめ液タブを大紹介!

16インチサイズの液タブ!↓↓↓

22インチ~の大きいおすすめ液タブ!↓↓↓

世界シェアNO.1の日本製液タブ!↓↓↓

Huionの高評価液タブ!↓↓↓

XP-Penの低価格液タブ!↓↓↓

まとめ

  • 液タブは大きい方が良い絵が描ける!
  • 性能的にはD16Proが一番良!
  • ショッピングサイトの価格は変動する!

台湾のArtsulの紹介でした。

液タブは安い買い物じゃないので、他社との比較も必須です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました