決定版!絵描きと健康面からの液タブの選び方

使用感と実体験から液タブのリアルな選び方を伝授する

何台目かの液タブなら自分の中に基軸ができるので選び方もわかってくるけど、初めてだと自分の中に基準がないからどれを選べばいいのかわからないもの

そこで、私の液タブ体験から色々な面から、なるべく失敗しない液タブの選び方を考察してみた。

液タブをサイズとメーカーから選び方を考察

デジタル漫画家の必須アイテム液晶ペンタブレットの選び方
まず、一番、初心者が気になるところは液タブのサイズでしょう。

大きく分けて11.6、13.3、15.6、21.5の4タイプのサイズ。

11.6、13.3インチはB5くらいの大きさの画面でサイズも小さいため価格も安い

15.6インチは34,5㎝×19,4㎝ほど、価格も安い

21インチ(47.6㎝×26.8㎝)以上から、価格は高価になってきて趣味で絵を描くだけの人には正直おすすめではない

私は3年前までずっとアナログ作業で、カラー原稿はパソコン、マウスで着色をするということが長く続いていた。
板タブはいいよって聞いてたから、買って試してみたけど慣れない(1回使って使いづらくて、2回目に触ったのが捨てる時だった)ために、マウスで作業するしかなかった。

液タブは、アナログ作業の延長線上で使えると思う。
私は、液タブを購入して到着した瞬間からフルデジタルに移行した。

最初は、photoshopの操作に慣れなくて苦労したけど、使っているうちにどんどん馴染んできた。

液タブのサイズの選び方

サイズと、板タブ、液タブについてのtwitterのつぶやきで参考になるものを見つけたから載せてみる。


上記のつぶやきからもわかるように、アナログ作業から板タブへの移行はかなり難しいと思う。

アナログ作業から、板タブを経ず(挫折した人も含む)に液タブに移行するなら、絶対に大きいサイズがおすすめ!!

逆に、板タブに使い慣れていると、大きいサイズだと大きく手を動かさなければいけないのが大変に感じるらしく、板タブから液タブに移行するなら小さめのサイズ(11.6、13.3、15.6)がおすすめ

液タブの選び方から見るメーカー各社

wacom

Wacom_液晶ペンタブレット
液晶ペンタブレット、ペンタブレットなどで有名で性能面では信頼度が高い電子機器開発事業を行う企業です。
国産なので、アフターケアも安心です。

wacomの液タブの使用感

画面が硬く、ペン先が沈み込まない

筆圧が強い人は、ペン先と画面が喧嘩してしまうため向かないのではないか。

筆圧が弱い人は、相性がいい。

メリット

使用者が多いため、知りたい情報が得やすい

デメリット

価格が高い

wacomに対する日時計考察

これからは日本の国益を考えていった方がいい時代になる。

そう考えると、経済的に余裕があるならwacom製品を購入することをおすすめしたい。

とはいえ、HUION、XP-Penなどと比べると3倍も4倍も価格が違うため現実問題として手が出ない人も多い。

使用感に関しては、画面が硬いということは絵描きにとっては手の負担が大きいのではないかと思う。

実は、漫画家でも多い病気の一つが腱鞘炎がある。

昔アシスタントに行ったことがある先輩漫画家(2020年現在75歳くらい)は、新聞を敷いて絵を描いていた。
新聞を敷くことで、ペン先と絵面が柔らかくなるため手首への負担は少なくなる。

また、この人は腱鞘炎がヒドくて、主に筆で漫画を描いていた。

※私はwacomを使用したことはない

HUION

Huion_液晶ペンタブレット
中国のメーカー。
近年どんどん知名度を上げて、数年前にはどこにも店には置いてなかったが、少しづつHUION製品を置く店も増えてきている。

HUIONの液タブの使用感

中国の特徴なのか、XP-Penと同じく画面が沈み込むタイプの液晶

wacomから中国系に乗り換えると、最初この沈み込みにかなり苦戦するという。

メリット
  • 安い
  • 液晶ペンタブレットの中では一番コストパフォーマンスがいい
  • 筆圧感知レベルはwacomと同等
  • ペンはwacomに比べて軽い
デメリット
  • wacomに慣れている人には、線がブレることがあるため慣れる必要がある
  • 対応していないソフトもある
  • Photoshop、CLIP STUDIOなど大手ペイントに対応しているが対応していないものもあるため、注意が必要
    SAIは動かないことがあるため、動作が不安定

  • ショートカットキーがついていない
  • ペン先の減りが早い
  • 画面の端にペンが届かない
  • 標準の筆圧感度だと
HUIONに対する日時計考察

自分が持っている液タブにはショートカットがついていない。

でも、最近出てきている機種には、ショートカットがついているものも出てきている。
これから、液タブの購入を検討しているなら、絶対にショートカットがついているタイプの方が、作業効率はいいのでおすすめ。

HUIONの二万円台~の液タブ5選↓↓↓

二万円台~!液タブ初心者にHUIONのおすすめ5選!2020
HUION歴3年の日時計が液タブ5選おすすめします!!液タブ初心者にもわかりやすく紹介。身体の不調も引き起こしかねい為、液タブを使用する上での注意点、一緒に購入した方がいいものもお伝えします。HUION製液タブをレビューと一緒におすすめ~

XP-Pen

xp_pen_液晶ペンタブレット
深圳に本社を置く中国のメーカー。

wacom以外に液タブを購入するなら、HUIONと並んで二択となりそう。

XP-Penの液タブの使用感

販売価格からみて、使い心地は抜群でコスパは最強!

読取精度が高く±0.01㎜とかなり正確な線が引けます

読取精度は、ペンを画面に置いたときの正確な位置で、値が少ないほどズレは少なくなる。

ペンは充電式と充電が必要ないものがある

大きな特徴として、ホイールがついていて、拡大縮小が楽なため、作業効率は格段にUP!

メリット

  • 視野角が広い
  • 描き心地は、WACOMがサラサラだとしたらツルツルした感じ
  • 筆圧感知レベルはwacomと同等
  • 視差が少ない
  • ホイールがついている

デメリット

  • 画面のテカリが強いため目が疲れやすい
  • バックライトの照度の調節ができない
XP-Penに対する日時計考察

調べていて、気になった点
XP-Penは画面のテカリが強いらしい

以前、机にテカテカのテカリが強いゴムを引いて作業をしていたとき、後頭部がものすごく痛くなったことがあった
そのとき来ていたスタッフさんに、”くも膜下出血もしれない…”といったら”くも膜下出血だったらそんな風にしてられないよ”って言われた。
くも膜下出血の症状については知らないので、完全にイメージだったのだが、その位目の疲れは頭の痛みも引き起こすので、画面のテカリは注意したほうがいい

でも、これは、フィルムを貼ることで改善できるということです。

XP-Penの二万円台~の液タブ5選↓↓↓

二万円台~の高評価XP-Penの液タブ5選!2020
高評価が多数のXP-Penの液タブを調査!2017年に液タブデビュー後、到着後すぐにフルデジタル化しました。それ以来、もうアナログ作業ができなくなってしまいました。楽すぎ、効率良すぎ。XP-Penの高評価の液タブArtistシリーズを紹介!

Parblo

Parbloのロゴ
液晶ペンタブレットやペンタブレットなどのドローイングタブレットの専門の中国メーカー。

Parbloの液タブの使用感

ドライバがちょいちょい不安定

ガラス面と画面の距離が少し遠いいとのこと。

ペンの沈み込みはwacomと同程度の硬さ

縁の方にいけばいくほど、精度は下がってくるようです。

メリット

とにかく激安!

デメリット

  • 安いだけあり性能面では他社に劣る
  • 発色があまりよくない
Parbloに対する日時計考察

情報が少なすぎて何も言えないが。

購入するには危険が高すぎるのではないか。

同程度の金額を出すなら、HUION、XP-Penを購入するのが安全。

Yiynova

Yiynova_液晶ペンタブレット
台湾のメーカー。

Yiynovaの液タブの使用感

ペンの遅延が見られる

ペンは乾電池式でショートカットがついているがカスタマイズはできない

メリット

  • 筆圧感知レベルはwacomと同等
  • ショートカットキーが付いている

デメリット

  • ペイントソフトによっては対応していないものもある
  • Photoshop、MODO、ZBrushは問題なし

  • 液晶ガラスが厚いため、ペン先が押し込まれないと感知しない

実体験からの液タブの選び方と注意点

ライバルを調査せよ!
液タブ歴3年。

個人的に描く面は柔らかい方が手首を痛めないと思うから、中国系特有の液晶が沈み込むものがいい

また、画面は大きければ大きいほどいいと思う。
が、32インチは正直いらないと思う。
大きすぎてもシュッとした線が引きづらそうだから、21~22インチくらいが一番使いやすいのではないだろうか。

自身の今後の液タブの選び方

3年使ってみた感想は、買ってよかった!
ということ。

ただ、今度買うときはこの機能がついているものがいいなという思いが出てきたことも事実。

今後購入するならこの機能が欲しい

  • 傾き検知機能
  • ショートカット
  • ホイール
  • (できれば)充電が必要じゃないペン

上記の機能は作業の効率化の面でほしい

液タブを導入する前の注意点

液タブを導入するなら目の疲れを貯めない

目の疲れは、激しい頭痛を招く

絵を描く面が、ギラついているような光を反射させるようなものだと、目が受ける刺激は相当なもので放置しておくと眠れないほどの頭痛に襲われることになる

それの対策として、液タブ購入時には、アンチグレア対策を施している機種か、それ用のフィルムを貼って目の疲れを軽減させる

もう一つの注意点は、視力がいい人が液タブを使うことでも、激しい頭痛を招くことになるということ。

対策としては、目が疲れないように視力を調節してくれるメガネをかけて作業すると目の疲れを軽減してくれる。

激しい頭痛を招く原因を特定+対策↓↓↓

体験談で解説!その頭痛は絵を描くことが原因
その頭痛の原因は、絵を描くことで起こる現象かも。片頭痛持ちでずっと頭痛に悩まされてきた。これまでの人生で二回ほどどうしようもなく激しい痛みに襲われたことがある。その痛みとは頭痛である。絵を描くことで引き起こされていたことが体験からわかった。

液タブ導入するなら作業環境を整えよ

液タブって、直接画面を見て絵を描くものだから、みんな気になるのはおそらく視力の低下

私は3年使ってみて、眼科で視力検査をしたところ両目とも1.5あった
だから、年齢とともに徐々に視力低下はあるが、液タブ使用による、明らかな劇的な視力低下はないと思う。

それよりも、液タブを使用することで他の健康面のデメリットがかなり大きい

前かがみになってしまう状態が長期間続くと確実にヘルニアになってしまう

そのため、液タブで作業するなら、自動的に正しい姿勢になるように環境を整えてからフルデジタル化をすると長期間にわたって作業しても体調を崩さなくなる

液タブの最大のデメリットは肩こりではない↓↓↓

液タブがもたらす最大のデメリットは肩こりと思いきや…
液タブを購入して喜び勇んで使って絵を描きいたところ強烈な肩こりが…痛みがだんだんと下がってきて、そのうち右の二の腕が痺れてきた…さらに数日後、眠れないほどの痛みが出てきた。もう締切がどうのといってる場合ではなくなり病院の診断結果は肩こりではなく…

私のその恐怖の体験を記事にしたので参考にしてほしい。

正しい姿勢に関しては以下の記事で詳細に考察してみた。

腰痛を防止するための正しい姿勢の考え方↓↓↓

イラストレーターの作業姿勢を腰痛対策4種の神器で作る!
イラストレーターで多い持病といえば腰痛。大きな要因は姿勢。私は正しい知識を入れることで、改善、防止できた。この考え方から見つけた椅子、机などの選び方も伝授したい。腰痛で困っているなら、イラストの作業姿勢を改善することを徹底してもらいたい。

決定版!絵描きと健康面からの液タブの選び方まとめ

液タブを購入する際の選び方のポイントは

  • ショートカット必須
  • 出来ればホイール
  • スタンドは必須
  • 仕事で使うなら21インチ以上

経済的な理由で選ぶなら、HUIONかXP-Pen。

そして、購入と同時に

  • 正しい姿勢になるように作業環境を整える
  • アンチグレア対策をする
  • 視力がいいなら作業用メガネを作る

上記のことを遂行する。

液タブの購入の際の参考にしてみて。

この記事も読まれています

二万円台~の高評価XP-Penの液タブ5選!2020
高評価が多数のXP-Penの液タブを調査!2017年に液タブデビュー後、到着後すぐにフルデジタル化しました。それ以来、もうアナログ作業ができなくなってしまいました。楽すぎ、効率良すぎ。XP-Penの高評価の液タブArtistシリーズを紹介!
二万円台~!液タブ初心者にHUIONのおすすめ5選!2020
HUION歴3年の日時計が液タブ5選おすすめします!!液タブ初心者にもわかりやすく紹介。身体の不調も引き起こしかねい為、液タブを使用する上での注意点、一緒に購入した方がいいものもお伝えします。HUION製液タブをレビューと一緒におすすめ~
格安の液晶ペンタブレット(液タブ) ランキング【2017】!
格安の液タブってないのかーー!?液晶ペンタブレットについて入ってくるのはアナログ作業に慣れてる方は板タブより液タブの方が慣れやすいという情報。でも高くて手が出ない…そんなあなたに格安な液晶ペンタブレットの情報を伝えたいと思う。一番格安な液タブとは
HUIONの液タブの不具合への10の対策+1
HUIONの液晶ペンタブレット(液タブ)を購入したはいいけど…アレ?てことあるでしょ。 買ったばっかりだったとき、PCで漫画を描くことってほとんどやったことないからいちいち引っかかって使えるようになるまでものすごく苦労した。 そ...
6000円でhuionデビュー!アンドロイドがあればパソコン不要
アンドロイドがあればパソコン不要でhuionデビュー!パソコンないけどデジタルで描きたい!という要望を受けて市場調査。PC知識0でもスマホに繋ぐだけで簡単!いいことだらけだけどデメリットも…そんなアンドロイドでできるhuion製品を紹介!
【ガチレビュー】HUIONの液タブGT-220 V2を購入!
液晶ペンタブレット(液タブ)を使ってる人ってどのくらいいるんだろう。今まで、持ってる人は聞いたことあったけど自分には関係ない(高すぎて買えない)と思ってた。でも色々調べるうちにどんどん気になったからついに購入してしまった!!よく...
液タブで技術が上達して1.8倍単価が上がった体験談!
液タブを体験して着色技術が飛躍的に上達した体験談を話して行きたいと思う。液タブを購入する前は、マウスで着色していた。この方法は嫌いではないけど時間がかかるしボヤかすということができない。液タブの購入後、着色技術が飛躍的に上がった体験談を自慢したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました