自作漫画で確認!イラスト制作用パソコンの購入費用を知る方法を公開!

YUKIMARu最強!

えでくーです。
こんにちわ。

  • 漫画制作用のパソコンが欲しい
  • イラストを描くのに快適な性能が知りたい
  • できるだけ安く買いたい

漫画の制作環境をデジタル化したい、最低限必要な性能が知りたい、安くパソコンを買いたいそんな人たちにおすすめする方法を解説するよ。

"no-img2″
日時計

快適にイラスト制作できる環境を創るために
必要な金額は342,800円かかる!

イラストの制作に必要なパソコン性能と周辺環境

イラストレーターの最適な作業環境とは
液タブを買って到着した瞬間からフルデジタル化して今年で4年目になる日時計が、PC初心者にもわかりやすく解説していく。

この記事で伝えていくのは、必要な知識、失敗しないためのパソコンの選び方、ソフトは何がおすすめか、そして最低限必要な性能のパソコンと快適に作業できる性能のPC環境を整えるためにかかる費用の話

失敗しないパソコンの購入方法

順を追って解説していくけど、パソコンって安くても60,000円以上するから、絶対に失敗したくないでしょ。

そのためには、最初は難しいと思うけど必要最低限の知識は必要だから知っておいてほしい

イラスト制作に最低限必要なパソコン性能

CPU i3の7世代(7000番台)
i5の5世代(5000番台)
i7の3世代(3000番台)

ryzenの2世代(2000番台)

メモリ 8GB
ストレージ 240GB
グラボ 最悪
なくてもいい

カラー依頼が多い場合は
GeForce GTX 1050

ハードディスク 1TB

最低でもこのくらいの性能がないと作業はできない

この位の性能のPCを買うには

"no-img2″
日時計

最低でも
60,000円は必要!

そして、モノクロ漫画の依頼が多い場合は、最悪グラボはなくてもいいが、カラー漫画の依頼が多い場合GeForce GTX 1050もあるといい

私は板タブより、液タブを推奨しているためだ

液タブは、ペンの滑らかさ、画面の拡大縮小などを担当しているのがCPUで、映像面を担当しているのがグラボ

そのため、カラーのイラストや、漫画の依頼が多い場合、そして、あなたの画風がリアルな厚塗りタイプの絵師だった場合、さらにもっと高性能なCPU、大容量のメモリ、大容量のストレージが必要となる。

PC性能についてさらに詳細にまとめた記事があるので詳しく知りたい人は読んでほしい。

漫画家がデジタル化前に知るべきPC性能知識↓↓↓

決定版!漫画家がデジタル化前に知るべきPCスペック知識を伝授!
漫画家がデジタル化前に知るべきPCスペックの知識がある。偉そうにいってても私も初心者。一緒に勉強することで失敗しないパソコン選びができる。最低限必要なCPU、グラボを徹底解説。デジタル漫画家になるために必要なPCスペック知識をおすそ分け。

漫画家が整えるべきデジタル環境

マウスのカーソルがみつからない
デジタル化に必須なのがPC、モニター、液タブ、板タブ、ソフト

PC上で絵を描くためにはタブレットが必要になる。

そのタブレットも、板タブと液タブがある。

私がおすすめしたいのは断然液タブ

もし、あなたが紙にペンで描いているアナログ作業型漫画家だった場合、板タブだと馴染めないという問題が出てくる可能性が高い

私も一生アナログ宣言をしてたほどのアナログ作業大好き人間だった。
私の場合、板タブがいいと聞いて使ってみたところ、1回使って使いにくいといって次に触ったのは捨てる時だった。

おそらくアナログ人間だと、ペンで実際に線を引いてる実感が好きなのだろうと推測している。

"no-img2″
日時計

液タブの方が線を
引いてる実感が持てる

しかも、画面サイズはなるべく大きなものをすすめたい
大きい方が、より視覚的にアナログに近いためデジタルに馴染みやすいのではないかと思っている。

twitterでこんなつぶやきを見つけた。

言葉では説明できない感覚の部分の話なのだろう。

漫画家のデジタル環境の話は以下の記事にまとめたので快適な作業環境を整えるにはいくらかかるのかも書いてるから興味があればぜひ。

漫画制作に必要なデジタル環境の話↓↓↓

総額最低12万~!漫画制作環境をデジタル化するのにいくら必要?
漫画制作に必要なPCスペックを知って環境をデジタル化!最低限必要なものに絞れば12万台で快適に仕事ができる!PCの選び方、パソコンはBTOがおすすめな理由、健康的な作業方法を徹底解説!漫画制作に特化したPCでデジタル作業環境を手に入れる!

複数のパソコンを1つのマウスとキーボードで使う

私は今、去年まで使っていたEORIA(旧メインのDELLパソコン)を今はネット用に、新しく買ったYUKIMARu(メインのサイコムPC)を制作用で2台使いをしている

それは、ウイルス防止と急ぎ案件の場合、ネット用のPCを起動させなければ、メインPCではネットができなくなり、ついネットをやってしまうという状況を防げるからだ

だから、もし、余裕があるなら2台使いを薦めたい。

イラスト制作向けパソコンはBTOがおすすめ!

サイコムのBTOパソコン:YUKIMARu誕生!
BTOとは大手有名PCメーカーより、はるかに安くそれらのPCよりはるかに高い性能のPCを受注生産しているPCメーカー

BTOメーカーが安いのは、通販をメインにして賃貸料・人件費を削り、余計なソフトを排除してるため

先日、NECのカスタマイズできるPCとBTOメーカーのドスパラPCを同じような性能にして両方の価格比較をしてみた

そうしたら、驚いたことに

"no-img2″
日時計

106,772円もの
差額があった!

それだけ大手有名PCメーカーよりBTOメーカーの方が安いのだ。

BTOとNECの価格比較、なぜ漫画描きにBTOメーカーのPCを薦めるかを以下の記事にまとめているので、興味があれば見てほしい。

中古のイラスト用PCをおすすめしない理由↓↓↓

安い?中古イラスト用PCをおすすめしない理由を解説!
その中古のイラスト用PCホントに安いですか?その方法をおすすめしない理由を解説。絵を描くのに適したスペックを搭載したパソコンって高いイメージあるでしょ?でも、正しい知識と正しい方法で購入すれば中古より安い価格でイラスト用PCを購入できる!

BTOパソコンの相場は用途で変動

BTOパソコンは大手の有名PCメーカーより高性能なPCを安く買えるというメリットは計り知れないがもちろんデメリットもある

多少なりともPC知識がないとパーツ選びが難しいというところと、個々の作業内容によって相場が大きく変わるということ

だから、自分の絵のタイプが軽い描き込み量のシンプルな絵柄なのにオーバースペックのPCを買っても、その性能を使いきれない分その費用は無駄になってしまう

そうならないために、自分の絵柄だったらこのくらいのスペックでいいんだというのを少し勉強する必要がある。

軽いタッチのシンプルな絵の場合8万~9万円位
中レベルの描き込み量~厚塗り系の絵の場合15万円位
動画編集もするようなクリエイター向けPCとなると18万円位が相場となる

BTOパソコンの相場については、以下の記事で詳しく解説しているから興味があれば読んでみてほしい。

絵柄で相場が変わる?用途別BTOパソコンをおすすめ!↓↓↓

絵柄で相場変動!クリエイター向けBTOパソコンをおすすめ!
BTOパソコンの相場は絵柄で変わってくる!クリエイターのPC選びは結構難しい。ましてPC知識のないものにとってはかなりハードルが高い。そんな人に向けて絵柄、用途別に必要なスペックと費用を算出。相場を知って失敗しないBTOパソコンの購入を!

イラスト制作に特化したパソコンの選び方

失敗しないパソコンを選ぶにはやっぱりまずは正しい知識がないと難しい。

色んなサイトでおすすめPCランキング!とか、イラスト制作にはこのPC5選!とかやっているが、多くは漫画を描く、イラストを描くのに必要な性能から考えたランキングなので、完全に自分に合ったPCという訳ではない

それはうちも同じこと。

でも、私は漫画を描いて、イラストを描いて、ホワイトボードアニメーション、漫画動画、パラパラ漫画を創ってる。

この作業が快適にできるのはこのくらいの性能は必要かなというのがだんだんわかってきたことを共有しているという立場

まだまだ勉強中で知らないことも多いけど。

そして、このくらいの描き込み量だとこのくらいの性能かなというのを、実際私が描いたイラストとともに出しているのでわかりやすいかなと思う

そんなこんなを含めて、失敗しないパソコンの選び方を以下の記事にまとめたから、パソコン購入を検討してる人に見てほしい。

重いphotoshpにも耐えうる性能搭載PCの選び方↓↓↓

重いphotoshopも快適なハイスペックPCの選び方!
photoshopが重いときに見直すのは設定とPCスペック。改善しないときはPCの購入をおすすめ。失敗しない選び方をイラスト制作の作業内容から徹底解説!必要な知識を知ることで重いphotoshp作業もサクサク快適なスペック搭載PCの選び方。

イラスト制作に必要なソフトの話

デジタル環境に必須のソフト:clipstudio
漫画描きの間では、photoshp派とclipstudio派に分かれている

私はphotoshp派でclipstudioは使ったことがない
でも、今自分の中で完全なる反米になったから、家の中から極力アメリカ製品を排除していこう運動が活発。

だから、国産のclipstudioに乗り換えようとずっと考えてるけど保留中、そしてphotoshpじゃないとできない作業もあったりするから余計に悩む。

そんなこともあるから、

"no-img2″
日時計

デジタルデビューする人には
clipstudioをおすすめしている

イラスト制作に必要?プリンター・スキャナー

デジタル環境にプリンターは必要?
私はA3のレーザープリンターと、インクジェットの複合機を持っている。

でもほとんど使わない

だから、これらが壊れたらもうプリンター、複合機は買わないかなぁと思う。
が、スキャナーはあった方がいいかなと思ってる

たまに紙に描いたものをスキャンしたい時もあるかもしれないのと、いちいちコンビニまで行くのが面倒ということが大きい

だから、もし、あなたがプリンター、スキャナー、複合機のどれも持ってないなら、とりあえずそのまま作業してて不便に感じた時に導入するかどうかを決めたらいいと思う。

プリンター・スキャナーは基本いらない

コピー機、複合機はリースという長期レンタルもある
だから、購入した時の価格、リースした時の価格などを自分で計算してみて最善の選択を。

イラストの制作用パソコン性能早見表とその費用

最低限
必要な性能
推奨
性能
快適
性能
CPU i3の7世代
(7000番台)
i5の5世代
(5000番台)
i7の3世代
(3000番台)

ryzenの2世代
(2000番台)

i5-8世代
(8000番台)

Ryzen5 2世代
(2000番台)
Ryzen7 2世代
(2000番台)

i7-9世代
(9000番台)

Ryzen5 3世代
(3000番台)

メモリ 8GB 16GB 32GB
ストレージ 240GB NVMe接続 M.2
Gen3 500GB
NVMe接続 M.2
Gen3 500GB
グラボ 最悪
なくてもいい
GeForce
GTX 1600番台
Quadro
P1000以降
ハード
ディスク
1TB

最低限必要な性能、推奨する性能、快適な性能の早見表を作ってみた。

これを参考に自分の作業に必要なPCを選んでもらえれば嬉しい

描き込みレベル別イラスト制作環境費用

では、ここからは本題のそのPCを手に入れるのにどのくらいの金額がかかるのか

また、PCを含めた漫画制作に特化した環境を整えるのにいくらかかるのかの話をしていくよ。

イラストに特化!必要最低限のパソコン性能

シンプルタッチイラストの制作実績サンプル
この位の軽い描き込みタイプの漫画

パソコン工房の
SENSE-M0B4-R33G-VHS-CSP
64,878円(税込)
モニター 30,000円
液タブ
huion Kamvas Pro16
60,000円
ソフト clipstudio
買い切り23,000円
複合機 50,000円
総額 227,878円

一番性能を低く抑えてもこれだけかかる

ただこれは、パソコンとclipstudio以外はおおよその金額のため。

モニターも安いのなら20,000円台のものもあるし、液タブは16インチ(34.5㎝×19.4㎝)だからもっと小さいのにして、複合機はいらないようならすべてを最小限まで減らせば153,000円にまで落とせる

そこから、液タブではなく板タブにすることでもっと費用を削減できる

"no-img2″
日時計

お金ができてから
少しづつ買い足していけばいい!

趣味で絵を描く人、軽いタッチのイラストレーター・漫画家さんにおすすめのパソコンをランキング形式で紹介。

趣味で絵を描く人用スペック搭載PCランキングTOP7!↓↓↓

7万台~⁉趣味で絵を描く用のスペック搭載PCランキングTOP6!
趣味で絵を描く人用スペックを搭載したPCランキングTOP7!絵描き・日時計が独断と偏見で選んだイラストを描くのに最低限必要なスペックを搭載したPCをBTOメーカーから選んでみた。といっても将来的にプロを目指す人もOK!絵描き用スペックPCランキング7を発表!

イラストに特化!中レベル描き込みのパソコン性能

アニメ塗りイラストの制作実績サンプル
この位の中レベルの描き込みタイプのイラストレーター

ドスパラの
Lightning AH5
87,978円(税込)
モニター 30,000円
液タブ
huion Kamvas Pro16
60,000円
ソフト clipstudio
買い切り23,000円
複合機 50,000円
総額 250,978円

中レベルの描き込みタイプのイラストレーターもあまり変わらず250,978円

上記と同じく、液タブのサイズを16インチではなく、13.3インチにする、もしくは板タブにしてモニターもランクを下げて、複合機はなしにすると193,000円位まで落とせる

"no-img2″
日時計

ここまでお金をかけられれば
フルデジタルでも問題なく作業ができる

上記二つのタイプの漫画家のPCの詳細は↓↓↓

6万台~のデスクトップ!趣味イラストレーター用スペック搭載PC4選!
趣味イラストレーター向けのスペックを搭載したPCを紹介!6万円台~10万円程で購入できる4つのパソコンと、購入前に必要な知識を解説していくよ。少し予算オーバーでも趣味のイラスト制作で稼いじゃえ!イラストレーター用スペック搭載PCを激推し!

イラストに特化!厚塗りスタイルのパソコン性能

厚塗り系イラストの制作実績サンプル
バリバリの厚塗りで、カラーの依頼もガンガン来るようなイラストレーター

マウスコンピューターの
G-Tune HM-Z-KK
159,800円(税込)
モニター 30,000円
液タブ
huion Kamvas Pro22
80,000円
ソフト clipstudio
買い切り23,000円
複合機 50,000円
総額 342,800円

厚塗りタイプの漫画家だと総額342,800円

液タブは厚塗りタイプだから大きめのサイズの方が描きやすいため22インチ(47.6×CM26.8㎝)。

もちろん、液タブのサイズを小さくするか、板タブに変更、モニターを安いもの、複合機なしなら233,000円まで総額を下げられる

"no-img2″
日時計

厚塗りは
金食い虫ですな

厚塗り系イラストレーターにおすすめのPCをランキングでまとめてみた。

デジタル絵描き用パソコンランキングTOP5!↓↓↓

8万~のデジタル絵描き用パソコンランキングTOP5!
8万~の厚塗り系絵描きにおすすめするパソコンでデジタル化して効率UP!この記事では、厚塗り系イラストレーターが快適に作業できるスペック、GeForceとQuadroの違いなどを解説。デジタル絵描きにおすすめするパソコンランキングTOP5!

漫画に特化!動画編集も快適なサクサクPC性能

千葉ロッテマリーンズの応援パラパラ漫画を公開!
千葉ロッテマリーンズの応援パラパラ漫画を公開!

厚塗りで動画編集もするようなヘビー級クラスのイラストレーター

マウスコンピューター
DAIV A7
190,80円(税込)
モニター 50,000円
液タブ
huion Kamvas Pro22
80,000円
ソフト clipstudio
買い切り23,000円
複合機 50,000円
総額 393,080円

ここまでくるとかなり性能のPCになるから、作業でストレスになることはほぼなくなる

PC性能はこだわりたいけど、他のものはもっと安いのでいいやという場合、上記たちと同じように1ランクづつ落としていけばもっと安くなる

"no-img2″
日時計

ここまでのPCを使うなら、もうこの記事情報は
いらないくらいのPC知識を持っている

実際に体験した動画編集もできるマウスコンピューターのDAIV A7のレビューは、以下の記事にまとめたので参考にしてほしい。

マウスコンピューターPCをクリエイターが評価!↓↓↓

爆速注意!マウスコンピューターをクリエイターが価格を評価した辛口レビュー!
マウスコンピューターの爆速PCをクリエイターが価格について評価したレビュー!動画編集もしちゃう絵描きブロガーが3週間試用してみた。サポートの印象、素のスペック、使用感と価格に評価を下す。マウスコンピューターのクリエイターPCのガチレビュー!

動画編集もできるクリエイター向けデスクトップランキングTOP8!↓↓↓

16万~!イラスト制作者が選んだクリエイター用デスクトップランキングTOP8!
16万台~ハイエンド!クリエイター向けデスクトップのランキングTOP8!安心解説でおなじみのイラスト制作者・日時計が独断と偏見で選ぶおすすめパソコン。私自身動画編集もするからレビューもHOT!クリエイター向けデスクトップをランキングで紹介!

漫画描き・日時計のデジタル環境

サイコム
G-Master Spear X570A-Mini Ⅱ
253,830円(税込)
モニター 0円
液タブ
huion GT-220 V2
0円
ソフト photoshp
0円
複合機 0円
総額 253,830円

うちは、Huionは3年前、モニター、複合機は以前から持っていたもの、photoshopは2012年の時に買ったクリエイティブスーツの買い切りのやつ

だからPC代しかかかっていない

"no-img2″
日時計

使い心地は
サイコー!!

なんのストレスもない…と言いたいところだけど、ネット用のEORIA(旧メインのDELLPC)がちょっと挙動がおかしくなってきている
そろそろ天に召されるのでは…とひやひやしている。

だから、本当はもう一個パソコンが欲しいんだけどお金が…

私が購入したサイコムのG-Master Spear X570A-Mini Ⅱは以下の記事に使い心地などをまとめているから興味があれば読んでみてほしい。

漫画制作にも最適なサイコムPCを購入!↓↓↓

漫画家レビュー!サイコムのミニタワーPCを購入その性能は高いか安いか
サイコムのミニタワーPCを購入!漫画描きがレビュー。その性能の真価は高いか安いかどっちなんだい⁉ココナラにBTOカスタマイズ相談した結果…完全勝利!静音?photoshopは重い?サイコムPCの購入後、イラストレーターが出した答えはいったい

失敗しないパソコンの選び方!知識がなくてもOK!

どうやっても数字の羅列にしか見えないから、覚えられない…

そんな人はどうやってPCを選べばいいかというと、出来る人に頼めばいいという話

PC知識のある人をココナラで探して、その人に選んでもらえばいい!

実際、私もサイコムPCを買ったとき、ずっとPCは使っていたものの知識はほぼ0だった。
でも、PC購入は失敗できないということで、
ココナラで公開依頼!

”ハイスペPCを購入の際のアドバイスが欲しいです!!”
というタイトルでココナラに2,600円で公開依頼を出して、PCを選んでもらった

"no-img2″
日時計

それが今漫画を
制作をしているYUKIMARu!

人間には得手不得手がある。
不得手な部分は人に頼りましょう

↓↓↓BTOパソコンのカスタマイズ相談者にもココナラ

知識0でもBTOサイコムの漫画制作用PCを購入!↓↓↓

知識0がBTOで漫画・イラスト用PCを購入したおすすめ4つの方法!
知識が0でもBTOメーカーで漫画用PCを購入した体験を共有!絵描き・日時計は、2012年製PCの寿命が近づきニューPCの購入を決意。知識0でも失敗できない時に取った大成功体験を公開します!漫画用PCをBTOメーカーで買う4つの方法を解説!

イラスト制作用パソコンの購入費用を知る方法!まとめ

  • 失敗しないためには正しいPC知識を
  • 厚塗りタイプのPCは金食い虫
  • 板タブより液タブがおすすめ

自分に合った性能を知って、しっぱしないデジタル環境作り、パソコン選びをしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました