Wow!me, クラウドソーシング, ココナラ

【徹底比較】Wow!me VS ココナラ 軍配はどちらに

スポンサードリンク

Wow!meって知ってますか?

クラウドワークスが2016年10月から開始した出品者主体のクラウドソーシングサイト。

簡単に言うと、ココナラのクラウドワークス版っていった方が分かりやすいかな。

日時計はWow!meにとても期待している
いや、私だけではなくて、ココナラの出品者全員がWow!meに期待している

なぜか?
それは、Wow!meは出品者の手数料が無料だから
今のところ。(2017年8月時点)

目次

  1. Wow!me VS ココナラの試合開始!
  2. Wow!me VS ココナラ 名前対決
  3. Wow!me VS ココナラ サイトデザイン対決
  4. Wow!me VS ココナラ ユーザー数対決
  5. Wow!me VS ココナラ 月間PV対決
  6. Wow!me VS ココナラ 手数料対決
  7. Wow!me VS ココナラ 検索結果対決
  8. Wow!me VS ココナラ ランク制度対決
  9. Wow!me VS ココナラ サイト設定対決
  10. Wow!meがココナラに勝つには
  11. まとめ

Wow!me VS ココナラの試合開始!

対決!

Wow!me VS ココナラ 名前対決

個人的にWow!meの名前の方が好き

ということで、Wow!meの勝利

Wow!me VS ココナラ サイトデザイン対決

昔、本業の方でデザイナーさんに名詞のデザインを頼んだとき、個人的にオレンジのイメージ
っていわれたのと、高校生位まで、オレンジが大好きで室内とか結構オレンジが多かった

ということで、Wow!meの勝利

Wow!me VS ココナラ ユーザー数対決

Wow!me ココナラ
1万人(2017年3月の公式発表) 35万人

ユーザー数は圧倒的に負けてる…

国の人口にたとえたら、Wow!meが日本だとすると、ココナラは中国といったところか。

ココナラ勝利

Wow!me VS ココナラ 月間PV対決

Wow!me ココナラ
20万pv~30万pv 220万pv~250万pv

………

PVはこんなに開きがあるのか…

ココナラの圧勝

Wow!me VS ココナラ 手数料対決

Wow!me ココナラ
出品者 0円 25%
購入者 3% 0円

総合的に見てWow!meの勝利

ココナラは購入者の手数料は0円。
これは、合ってる。
購入者はなるべく安く技術を買いたい。

商品は売れなきゃ成り立たないし。

去年、Wow!me事務局に手数料について聞いたところ、期間は決まってないけど、将来的には手数料は上げるって言っていた
ココナラと対等に戦えるようになってから、手数料が正規のパーセンテージになるのかな。

でも、クラウドワークスでも、手数料は割りと良心的だから、そんなに高い手数料の設定にはならないと思う

Wow!me VS ココナラ 検索結果対決

Wow!me ココナラ
267,000,000件 786,000件

これは意味のない対決だったな。

Wow!meって言葉だから、いろんなものが検索結果に反映してくるから、世間でどのくらい話題になっているかの目安にはならない。

よって、この対決はドロー

Wow!me VS ココナラ ランク制度対決

ココナラにはランク制度はあるけど、Wow!meにはない。

このランク制度ってクラウドソーシングサイトには必ずあるけど、実際にどのくらい影響があるのか分からないところもある

でも、視覚的に人目で分かりやすいから、あった方がいいのかなということで、ココナラの勝利

Wow!me VS ココナラ サイト設定対決

使いやすいのはどっち

出品者視点のサイト構成度

Wow!me

  • 価格設定が500円区切りで995,000円まで設定可能
  • 修正回数の設定が標準装備
  • サンプル画像が10個まで

ココナラ

  • 価格設定が5,000円以上は次は10,000円
  • 無料お試し枠がある
  • おひねり

この辺はさすがにクラウドワークスが立ち上げただけあって、出品者側の視点で作られている
クリエイターの大変さも分かってくれてる感じ

ココナラの無料お試し枠は自信があまりない人のためにあって、初出品者に優しい
あと、おひねりはかなり優秀な設定だと思う。

Wow!meにはないから、漫画のサービスで考えてみると、何枚もの依頼の場合、一個一個購入しなくてはいけないけど、ココナラはおひねりのシステムのおかげで、1つの購入で何枚も依頼ができる。

でも、これは、メリット・デメリットもある
メリットは、購入者は一回の購入で何枚も依頼することができる
デメリットは、販売実績、レビュー稼ぎをしたいときには購入者に伝えないとやってもらえない

Wow!meだと自動的に、複数枚依頼するとなると、販売実績、レビューが獲得できる。

僅差でWow!meの勝利

サイト内完結度

ココナラは自分の売上から購入もできる
Wow!meはその機能はない。

これはきっと、Wow!meはユーザー数が少なくて動く金が少ないから、このシステムが導入できないだけ。
Wow!meがココナラに並ぶくらいユーザー数を獲得できれば、導入されるシステムなのではないだろうか。

現時点でココナラの勝利

サービス納品後のクローズスピード

ココナラは、評価がないと、クローズしてから3日後にやっと正式クローズ
Wow!meは、納品して、購入者が検収をして完了すれば、お互いの評価に関わらず即正式クローズ

これは、どういうことかというと。

ココナラは、月2回支払日がある
15日までに振込依頼をすると、20日に、末日までに振込依頼をすると、翌月5日に支払われる

納品してから評価がもらえない場合、12日までに納品して購入者にOKをもらってクローズしないと、15日には正式クローズしないから、20日には支払われない
購入者が、レスポンスが悪い場合、その3日がさらに伸びることになる。

だから、出品者の中には、納品後3日とか1週間以内に返信がない場合、メッセージ後クローズします。
と提示している。

しかも、振込依頼を忘れると次の振込日まで待たないといけない

Wow!meも月2回支払日がある
10日締めの25日、25日締めの翌月10日に支払われる。
これは自動だから、最初に設定しておけば何もしなくても売上があれば支払われる

ということで、Wow!meの圧勝!!

>>>Wow!meに無料登録はこちら

>>>ココナラに無料登録はこちら

ランキング表示

ココナラはいろんな視点からのランキングがある

Wow!meはそれがない。

ランキングは、どのくらい影響してるのかは実験してないから分からないけど、きっと少し売行に影響してる。

よってココナラの勝利

上位表示のシステム

Wow!meはどうやら販売実績順ぽい。
人気順の場合。

ココナラは、販売実績ではなく、おそらくキーワードと閲覧数が大きいと思う。

後発出品者にもチャンスが広がる意味でココナラの勝利

リクエストボードシステム

ココナラには、リクエストボードのシステムがある

これは、結構使える。

困ったことができたときに、業者に頼むとすごい高価になりそうだけど、ココナラのリクエストボードを出すことで、色々な提案者が価格を提示してくれる
その中で、気に入った人を選べばいい

Wow!meにはそのシステムがない

ココナラの圧勝!

トークルーム

これは、両方とも、一番下に最新のメッセージが表示される

メッセージのやり取りが長くなると、下までのスクロールとか行くのが、ちょーメンドくせぇ
これは何でなんだろう。
システム的に難しいのだろうか。

それともサイトの滞在時間稼ぎのためにどこでもこのシステムになっているのだろうか。

最新のメッセージが一番上に来るほうが、時間の節約になるし、メンドくさくない

是非、取 り 入 れ て ほ し い
ということでこの対決はドロー

Wow!meがココナラに勝つには

Wow!meが勝つには
最初この対決の記事書こうと思って、記事を書いて勝率を見てみると、2勝差でココナラが勝利するという思わぬ接戦…
でも、総合的に見ると、やっぱり、Wow!meの方が劣勢ということで、Wow!meがココナラに勝利するにはどうすればいいかを考えてみた

Wow!meはアフェリエイターの力を借りるべき!

アフェリエイターの力を借りる!
アドセンスでは見たことあるけど、色んなASPで探してみるけど見たことがない
ココナラは、A8.netで見た

ASPに広告を依頼する
↓↓↓
サイトにリンクが集まる
↓↓↓
googleの評価が上がる
↓↓↓
上位表示される

っていう図式が成り立つ。

でも、クラウドワークスをASPで探してみると、TGアフェリエイトっていうASPでしか扱ってなくて、このサイトを2回審査に出したけど審査に通らなかった。
2014年まではA8.netに出してたらしいんだけど、今はもうない。

もうアフェリエイト広告を出さなくてもシェアを獲得したというのもあるだろうけど、Wow!meも出してないとは…知名度は上がらないよ…

とここまで完全にWow!me側に立ってたけど、ココナラも非常に優れていることは間違いない

↓↓↓ここでもココナラの手数料は利用価値があるかどうかの検証記事も書いてるし
ココナラの手数料25%は利用価値があるのか?ないのか?

Wow!meの一人勝ちは望んでいない

理想は両者が同じくらいのシェアで拮抗する感じ

そうやって、競争させることでユーザーに優しくなると思う。
特に手数料!!

ということで、2017年8月の時点ではココナラが勝利しましたが、次の対決までにはWow!meにもう少し頑張ってもらいたい。

>>>Wow!meに無料登録はこちら

>>>ココナラに無料登録はこちら

まとめ

Wow!meに頑張ってもらって、両者に業界のツートップになってもらう
そして、ユーザー獲得のために競争してもらって手数料を安くしてもらうことが望み。

Wow!meよ!!
頑張るのだ!!





スポンサードリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です